アブリル・ラヴィーン過労によりダウン!その理由とは【速報】 

August 08 [Wed], 2007, 17:26
アブリル・ラヴィーン過労によりダウン!その理由とは【速報】

今や世界中で大ブレーク中の歌姫である来日中のカナダ出身の歌手、アヴリル・ラヴィーン(22)が7日、過労のため予定していたTOKYO FM「ENTERMAX」(月曜〜木曜後2・0)への生出演をキャンセルした。

アヴリル・ラヴィーンは大型ロックフェス「サマーソニック07」(11日・千葉マリンスタジアム、12日・大阪舞洲特設会場)出演のため、5日に来日。6日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」には生出演したが、7日は過労のため立ち上がることができず、担当医と相談の結果、滞在中のホテルで静養することになった。サマーソニックと、10日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」には出演する予定。

アヴリル・ラヴィーンがダウンした要因としては、先月盗作疑惑により訴えられたことにより、心労がたまったものと考えられる。その疑惑の曲とは、今年大ヒットした曲『ガールフレンド』で、サビの部分が70年代のヒット曲の盗作だというのだ。

アブリル・ラヴィーン過労によりダウン!その理由とは【速報】
 
問題のアヴリル・ラヴィーンの曲「ガールフレンド」は4月に発売されたアヴリル・ラヴィーン3枚目のアルバム「ベスト・ダム・シング」に収録され、シングルカットされた。世界各地で音楽チャート1位に輝き、日本でもKAT-TUNの冠番組「カートゥンKAT-TUN」のオープニングテーマとして使われるなど、大ヒットしている。
そのアヴリル・ラヴィーンの曲のサビが70年代の米ポップグループ、ルビノースがヒットさせた「アイ・ワナ・ビー・ユア・ボーイフレンド」に酷似、というよりまったく同じだというのだ。

アブリル・ラヴィーン過労によりダウン!その理由とは【速報】

アブリル・ラヴィーンを訴えたのはルビノースのリーダー、トミー・ダンバー。今月2日、アヴリル・ラヴィーンアヴリルの音楽事務所を相手取り、損害賠償を求める裁判を米カルフォルニア州の裁判所に起こしたという。

これに対して、アヴリル・ラヴィーンのマネージャーは「訴えは根拠のないもの。音楽学者に2曲を聴き比べてもらった、全く別物と判定された」と“パクリ疑惑”を否定。その一方で「もし法廷で音楽的に違うことを証明するのに莫大な費用がかかるのであれば、和解への協議も視野に入れている」と語った。

ケチが付いたアブリル・ラヴィーンの同アルバムだが、実はいわく付きの曲がもうひとつ収録されていた。
アヴリル・ラヴィーンと親交がある同じカナダ出身の人気女性シンガー・
シャンタール・クレヴィアジックが音楽誌で「アヴリルが、自分の曲を勝手にアルバムに収録した」と爆弾発言をした。
「コンテイジャス」という曲で、収録されているのを見て驚いたとインタビューで話しているのだ。シャンタールは「アヴリルを訴えるつもりはない」と言いながらも「彼女とは二度と一緒に仕事はしたくない」と厳しく非難している。

【アヴリル・ラヴィーン盗作疑惑曲の聞き比べはこちら】
アブリル・ラヴィーン過労によりダウン!その理由とは【速報】

過労に負けず、サマーソニックでは彼女のパワフルなステージを期待したい。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hbeabhsz
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる