ボブじゃないけど 

2005年08月26日(金) 0時06分
髪を切りました。そうとうバッサリと。
見てほしいケド 勇気がないのです。
この歌が届いてればいいんですケド…
そんでホメてくれたらうれしいですケド…

そう、髪切りました。前切ったのって1ヶ月以上前だったんだね。
道理で伸びたはずだ…

ちなみにこんなのも始めてみました
http://hb2.seesaa.net/

ブログ閉鎖のお知らせ 

2005年07月14日(木) 17時13分
みなさんごめんなさい。 ある人が記事の内容について指摘をいろいろしてくるので、このブログは閉鎖せざるを得なくなりました。 僕がもう一度やる気を起こせば別ですが、少なくともそのときまではこのブログは凍結します。 自分の都合で申し訳ないですが、ご容赦ください。 ではみなさんお元気で。みぃ

様々な象徴としての髪。 

2005年07月11日(月) 20時24分
 髪を切るという行為は象徴的な行為である。

 髪は、人間に一部分として生まれながらにして備わっている。しかし他の−目や、鼻や、口や、手や、足などの部位と明らかに性質を異にしているのは、その形状などの外観を、自己の意志によって比較的容易に変形できるという点にあるだろう。
 それによって人間の髪というものは、体の一部分という概念を逸し、文化の象徴、慣習の象徴、そして個々人の象徴、さらには地域や文化を越えたグローバリゼーションの象徴となっている。

 であるからして、髪を切るという行為もまた象徴的な行為であると言えるに違いない。うん、間違いない。

 髪を切るという行為は、自己の象徴の変容であり、自己の変容の象徴である。

 髪を切るという行為は、自己に対する自己の変容の表明であり、他者に対する自己の変容の表明である。

 髪を切るという行為は、自己に対する挑戦であり、社会に対する挑戦である。


−髪を切る前や後に、また誰かが髪を切ってきたときに、僕はいつもこんなふうに感じるんだけれど、あなたはどう思いますか。まさか髪を切らない人はいないと思うし、髪を切るというときには必ず何らかの意志を持って髪を切ってるはずだから、考えてみてください

…ねっ、これ見てる嘘つきホリさん(笑)

いつか「とっても楽しい42kmでした」って言ってみたい。 

2005年07月10日(日) 18時00分
今日もデートのはずだったけど、まぁの御父上から自宅謹慎令が出たようなので、まぁはうちで勉強
みぃもうちで勉強

…のはずだったけど。

この気温と陽射しに居ても立ってもいられず、外に出てしまいました

向かった先は黒目川。
…どこだよってツッコミはなしで。ただの地元の川です(つまんなくてごめんね)一応、一流河川って書いてあるんだけどね(笑)たぶん、鯉と鴨とアメンボの数が基準なんだろな、うん。

その黒目川まで走っていって、5km走って、帰ってきた。
久しぶりに走ったら疲れちゃったよ〜

でもね、やっぱり、走り終わったあと芝生の上に寝転んだり、川の水で顔と頭洗ったり、鴨と戯れたりするのは最高です。

パクりだけどさ、ちょっと時代遅れだけどさ、それでも僕はこう言いたい…

…「ちょー気持ちいい」

だってそう言わずにはいられないもん。
やっぱ走るなら自然の中だね
ジムで走るのとは違います。

みんなも、自然の中をジョギングしよぉ〜

百も承知、二百も合点? 

2005年07月09日(土) 0時28分
昨日寝たのが5時過ぎだったせいで、さすがに今日は起きるのが辛かった。それでも以前より少しは目覚めが良いのは、やはり夏が近いせいだろうか。冬の朝、暖かい布団の中でうとうとするのが大好きなのに。
それでも季節は変わってく。気付いたら僕は夏服を着てる。君も夏服を着てる。

もっと緩やかに季節が過ぎていってるのかと思ってた。思った以上に静かに、こんなに早く夏が来る。

お願い、僕より先にその夏服を着ないで。冬の切なさ引きずったまま僕はそっちに行けない。

僕はここに立ったまま。

なんて歌っても、季節は待ってくれないよね
季節は初夏。大学はテスト。げろげろ

ってわけで、みんなに…じゃなかった、ホリさんと瀧さんにすげーダメ出しされまくりましたね
テストに対して少しは危機感を持てと。
勉強しろと。
お前の態度は1年じゃないと。
せめて、「どーでもいい」を「どーにかなる」にしろと。
…もう一年やっとけと。

って、やだよー
僕はちゃんと2年になりますから

教師ってなんなんだろ。 

2005年07月08日(金) 3時59分
いやぁ〜、今日は久しぶりに塾講バイトでした

帰りに塾の先輩と話しててさ、塾講の大変さ、自分の未熟さを改めて思い知りましたよ。
塾のクラス持つっつうのは大変なことですね。

一人ひとりと向き合うこと。教師の立場からではなく生徒の立場から教えること。クラス人数の半数以上は毎月の上位者表に載せ、自校舎のクラス平均を絶対に全体平均を下回らせないこと。生徒たちのためになるなら、嫌な教師となってもいいこと。

いろいろ勉強になりました、ありがとうございます

明日はゼミ、久しぶりにみんなと会えるよ〜

部活やるとです。 

2005年07月05日(火) 23時05分
今日はとっきーとミーティングしてきたよ
え・・・そうだよ ・・和民ですがなにか。

ってわけで、8月の富士吉田の大会出るぞ〜
ちゃんとトレーニングしなきゃな。リアルに20キロも走れないばい。

図書館で寝ちゃだめよ。 

2005年07月02日(土) 1時03分
今日は金曜日。ってことはゼミ。行ってきましたよ

まず4限空いてたから、とっきーと図書館行ってたらあいつ黙って帰りやがって
しょうがないから爆睡しましたよ、えぇ
そしたら寄りにもよって気持悪くなりやがって…
リアルに吐きそうでした。ってごめんねこんな話で

今日のアフターは山本ゼミと合同でした。
みんないい人だったよ不安だったけど全然とけ込めました。
唯一の不満はホリさんが来なかったことくらいかな。
「バイト金曜にいれるとか、まじ ないからぁ〜 」

Come on、単位。 

2005年06月30日(木) 15時18分
よし今日は英語ちゃんと出たぞ〜。
ローリーの単位はいただいたな。
来週は会話のテスト〜
ていうか今日6回くらい指されたしね。当てすぎだっていくら俺がカッコイイからってさ
…って、ひくなよ冗談だって。


今日はこれから印刷バイト行って、それからデート…かな
出がけ不機嫌だったから適当だけどね。

ひばりのジムも見に行ってみるかな〜。
夏までにお互い体鍛えないとね

未満都市の悲劇(2) 

2005年06月29日(水) 22時42分
今日は10時間働いたぞー

んで、続きです

※未満都市というのは7年ほど前のドラマでして、KinKiの二人とかが出てました。巨大
隕石がある街に落下し、その隕石に付着していた菌は人間が二十歳以上になると死に至ら
せてしまいます。よって日本政府はその街を封鎖し、そこには未成年のみが生き残ってい
たので「未満都市」と呼ばれた…というストーリーだったと思います。

未満都市のビデオはもちろん自分で録画したやつで、1本(1回分)しかなかった。
タイトルは「ユーリの死」。
うわー、一番いい回だよ
ユーリのお父さんが来て、ユーリの死を見届けるんだけどさ、もちろんそのうちにお父さんにも菌
が伝染しちゃってるわけですよ。

ユーリの父「俺はもうすぐ死ぬだろう。君たちを助けてあげられなくて、申し訳ないと
思ってる」
光一「あなたがほんとにそう思ってるなら、一つお願いがあります」
ユーリの父「なんだね」
光一「政府はなにを隠しているんですか。」
……(一瞬考えたあと)
ユーリの父「わかった、教えよう。政府がなにを隠しているのか。ユーリがなぜ死んだの
か。」

…(エンディングテーマが流れ出す)


…えぇ〜
…終わりかよ

…ユーリがなぜ死んだか隕石についてた菌のせいじゃないのかよ


ってわけで、未満都市のDVDを探してます(笑)誰か情報提供してー真実がわかる
まで夜も寝られません(なーんて寝るけどね、すやすやと)