証券コードとは? 

April 18 [Wed], 2007, 23:23
株は、売買するときに企業どうしが混同しないように、それぞれ登録された固有の「銘柄名」で呼ばれます。また、銘柄にはそれぞれに、銘柄を選別するために付けられた4ケタの証券コード(銘柄コード)が付いています。

最初の2ケタは、ほぼ業種ごとに決まっています。
つぎの2ケタは、企業ごとにきまっています。

たとえば・・・
6701→NEC
6758→ソニー
この場合、最初の2ケタ「67」が業種「電気機器業界」をあらわし、つぎの2ケタ「01」や「58」などが企業ごとに付いています。


新聞などの株式欄も、市場ごとの証券コード順に並んでいるので、
だいたいの証券コードがわかれば、銘柄を探すのに役立ちそうです。

上場企業と非上場企業ちがいは? 

April 17 [Tue], 2007, 22:25
日本には240万社とも言われる、多くの企業がありますが、この多くの企業の中でどこでも好きな企業の株を売買できるわけではありません。

僕のように何のツテもコネもない一般人は、株式市場に上場していない非上場企業の株は通常手に入れることはできません。
株を買うことができる企業は、上場企業である約3500社のものだけになります。
以下が上場企業と非上場企業の違いです。

■上場企業と非上場企業の違い

【上場企業】
○企業数:全国に約3500社
○規模:大規模な企業が多い。
○株主:株式は証券会社を通じて不特定多数に売却される。
一般の投資家が自由に株を売買できる。
○企業例:トヨタ、ソニーなど有名企業のほとんどが上場している。

【非上場企業】
○企業数:240万社
○規模:規模が小さい企業が多い。
○株主:縁故者や関連会社などに売却される。
一般の投資家が株を売買することは困難。
○企業例:サントリーなど大企業でも経営方針によって上場していない場合もある。


非上場企業の株は、たとえ手に入ったとしても、
なかなか思うように売れないということもあるようである。
なんかよっぽどの理由がない限り、
あえて売買をする必要はなさそう・・・。


まあ、なにはともあれ、

『一般の投資家が基本的に売買できるのは、上場企業の株だけ!』

って覚えておこうっと。


株の分類? 

April 16 [Mon], 2007, 21:50
■ほとんどの株は「普通株」?

ひとくちに「株」といっても、いろいろと分類される。


1.「海外株式」と「国内株式」の分類

「海外株式」・・・海外の株式市場に上場している株式
「国内株式」・・・日本国内の株式市場に上場している株式


さらに、株主の権利によっても分類される。


2.株主の権利による分類

「普通株」・・・株主の権利にまったく制限のない株。証券取引所などで通常販売されている株は、そのほとんどがこれにあたります。
「優先株」・・・配当金や企業の保有する財産を普通株より優先して受け取れる株
「後配株」・・・配当金や企業の保有する財産を受け取れる権利が普通株より劣後している株
「議決権制限株」・・・その名のとおり議決権に制限のある株
「トラッキングストック」・・・ある企業の特定の事業部門や子会社のみに投資することができる株

このように、いろんな株が発行されているが、
言ってみれば一般的に売買されている株のそのほとんどが「普通株」であるので、
今後、株をはじめていく中でこういった分類は意識しないだろう・・・と思う。

株のメリットって? 

April 15 [Sun], 2007, 20:33
今日は、株式のメリットについて調べてみました。

株式投資で得られるメリットは、大別すると次の4つがあるようです。

1 譲渡益(キャピタルゲイン)
2 配当金(インカムゲイン)
3 株式分割
4 株主優待


1 譲渡益とは何か?
譲渡益とは、購入した株が値上がりすることなどによって生じる利益のことです。
たとえば・・・
30万円で買った株を50万円で売却すれば、差額の20万円が譲渡益になります。
なお、譲渡益には、税金がかかります(2007年末までは10%、それ以降は20%)。

2 配当金とは何か?
配当金とは、株を保有しているだけで得られる利益のことです。
ほとんど銘柄で年に1〜2回もらうことができる。

3 株式分割とは?
株式分割とは、タダで持ち株が増えることです。
たとえば、1株を2株に細分化する株式分割が行われた場合、保有株数はタダで2倍に持ち株を増やすことができる。当然、配当金は増えた株すべてについて受け取ることができます。

4 株主優待とは?
企業が株主に感謝の意を込めて、いろんなサービスを提供するというものです。
意外に使える株主優待も多いらしい。


■まとめ■
株式の売却によって得られる譲渡益を狙うのが儲けのポイント。
反対に損(キャピタルロス)が出るということも忘れてはならない。
株主優待も要チェック!

そもそも「株」って何なんだ? 

April 14 [Sat], 2007, 17:44
まずは・・・
株をはじめる前に、そもそも「株」って何なんだろう?

とりあえず・・・

株とは実際のところどのようなものかを調べてみました。

一般的に株式会社とは、投資家などからの出資金をもとに事業を営んでいる会社で、この出資と引き換えにいくら出資してもらったかを証明するためのチケットを発行する。これが株式です。
まあ、簡単に言うと、株式は「企業の共同オーナーである証明書」のようなもののようです。

投資家は、出資の見返りとして、配当金や株主優待などを受けることができます。
また、株主は、証券取引所などを通じて、所有してる株式を売却できる。このときの価格(株価)は、実際に出資した金額じゃなくて、企業の売上げとか成長などによって決まる。
理論的には、出資した時より企業が50倍成長していれば株価も50倍に、10分の1になっていれば、株価も10分の1になるようである。

要は、成長しそうな企業の株式をもつことが儲けの鉄則のようである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かつ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1979年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-スノボ/サッカー/フットサル
    ・音楽-スカ/スカコア/メロコア/ロック
    ・バイク-ストリート系/トラッカー
読者になる
好きな食べ物:豆腐
職業:サービス業(?!)
年収:300〜400万円
株は「超初心者」です。
27歳になって、とりあえず株でもやってみようかな的な感覚ではじめます。1から株について考えていこうと思います!よろしくお願いします。
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる