サムスン電子、新代表取締役に権五鉉氏 | Joon 

August 29 [Wed], 2012, 9:12
  サムスン電子の単独代表取締役を務めてきた崔志成(チェ?ジソン)副会長(61)がグループ未来戦略室長に移り、DS(デバイスソリューション)部門長の権五鉉(クォン?オヒョン)副会長(60)が後任に内定した。
  代表は代わるが、当分はサムスン電子の組織に大きな変化はないとみられる。楽茶店完成品部門と部品部門を分離した従来の体制を維持するというのがサムスン電子の方針だ。崔副会長が代表取締役を引き受けた当時も同じだった。お茶崔副会長は完成品のデジタルメディア?コミュニケーション部門を総括し、部品側のDSは権副会長が別に率いる形だった。今回も似た体制が維持されるというのがサムスン側の説明だ。鉄観音
  崔副会長の席を引き継ぐ人物は発令せず、その下の社長がそれぞれの担当分野を率いることにした。すなわち、代表取締役の権副会長はDS部門を引き受け、テレビと生活家電は尹富根(ユン?ブクン)社長(59)が、携帯電話とカメラは申宗均(シン?ジョンギュン)社長(56)が責任を持つということだ。
靴 レディース
  李仁用(イ?インヨン)サムスンコミュニケーションチーム長(副社長)は「(代表取締役のほか)別の組織改編や追加人事はない」と述べ、当分はこの体制でサムスン電子が運営されることを明らかにした。
  権副会長は効率的に仕事をする「ワークスマート」という言葉をよく使う。tシャツ シャツ会議もできるだけ減らそうと強調する。新代表になった権副会長は1975年にソウル大電気工学科を卒業した後、85年に米スタンフォード大で電気工学博士を取得した。服 ファッション同年、米サムスン半導体研究所の研究員として入社し、08年にサムスン電子半導体総括社長、昨年7月にはDS総括に続いて12月に副会長になった。緻密かつ合理的で、職員と隔意なく意見を交わしながらも、一度決めたことは貫徹するなど推進力があるという評価だ。女 ジーンズ