【 更新情報 】

スポンサードリンク

キッチンで

キッチンも火災が起こりやすい場所です。
調理中や、火を使ったままその場を離れてしまうということが原因です。

ところで、あなたのキッチンには消火器具がありますか?
てんぷら火災にマヨネーズがいいと、テレビで見たことがありますが、別の番組では逆に炎が大きくなっていました。
マヨネーズは冷蔵庫にいつも入っているものだから、安心、と思っていたのに、
やはり、ちゃんとした消火器具のほうが「安心」ということです。

消火器具にも期限があります。
せっかく命を守るために用意しているのですから、ちゃんと使えるものを用意したいものです。

そして、何より大切なのは
「火災を起こさない」 ということです。
火を使っているときはその場を離れない、これが原則ですね。

ガスによる発火

最近あった住宅火災で、仏壇の発火器具にガスを充填していて引火した、というのがありました。
ガスは目に見えないので、空気中に溶けてなくなっていると錯覚しがちですが、
風が吹かない限りその場にとどまっていることが多いので、
ガスの扱いには細心の注意を払いましょう。

たとえば、ガスを充填したら、違う部屋へ移って火を点けてみるとかすればいいかもしれません。

カセットコンロの扱いにも注意が必要です。
カセットコンロはちゃんとセットしないと点火しないので注意が必要です。
セットしなおしてもその場ですぐ点火するのは危険です。
その場にガスが溜まっている可能性があります。
ガスを追い払ってから点火するか、別の部屋で点火させるのはいいかもしれませんね。

カセットコンロには、ほかにも注意点があります。
コンロ規格にあった大きさの鍋などを使いましょう。
説明書をよく読んで、安全な使い方を心がけましょうね。

電気火災

つまり電気のスパークにより火災になることです。
静電気でも火が発生するといわれています。

そこに埃のような燃えやすいものが付いていたら・・・簡単に発火してしまいます。
コンセント、プラグ、など一度見てみましょう。
とくに普段はコンセントに挿しぱなしの冷蔵庫はぜひ、点検してみましょう。

エアコンも埃によって火災が発生しますので、点検してみましょうね。

たこ足配線も危険です。
基準以上の電気が流れると、簡単にスパークします。
古い電化製品も点検してみましょう。
コードの根元が切れ掛かっているかもしれませんよ。

燃えやすいもの

火事になるからには、何かが燃えているということです。
冬場は、どこの家庭でもストーブを使いますよね。

ストーブのまわりに洗濯物を干している家庭もあるかと思いますが、危険です。
洗濯物がストーブの上に落ちれば火災が発生します。
洗濯物は遠ざけましょう。

それから、ストーブを部屋の真ん中においている人はあまりいないと思いますが、
ストーブを壁側に寄せるにも、安全な場所を選びましょう。
カーテンの下は危険です。
まわりに書類、本など燃えやすいものが置いてある場所も避けたほうが無難です。

最近多い火災

新年から火災が多発しています。
冬場は湿度が低く、乾燥していますので発火しやすく、いったん火が点くと広がるスピードが速いそうです。

2006年6月以降に新築住宅には設置の義務があり、
既存住宅にも、2008年6月から設置適用となっています。
どうしよう、うちはまだつけていないわ・・・と言う方もいるかもしれません。
しかし、既存住宅の場合は猶予期間があり、2011年6月までに付ければ良いことになっています。

もちろん、防災意識が高い方はすでに付けていることでしょう。

機密性が高い現在の住宅では、火災によって発生する煙によって死亡するケースも少なくありません。
火災報知機によって初期消火ができればいいのですが、それが無理なら、早めの非難が命を救います。
P R