イリヤの属性について。 

November 19 [Sun], 2006, 0:51
アレクサンダーというファーストネームの課長、ナポレオンというファーストネームの相棒を持つイリヤさんですが、イリヤって皇帝とか大王とかじゃないよね…というお話です。
んで人名サイトで検索してみたらば、旧約聖書に出てくる「エリヤ」って人に行き当たりまして。
エリヤってのは王様が堕落して神様のことをないがしろにしてたかなんかでとにかく王様が悪かったんで、神様から言葉を預かって「そんなことしてたら死ぬぞ!」「むしろ死ね!」みたいなこと言って王様を反省させ、だけど反省したけど悪い事しまくったからお前は死なずに済むけどお前の子供の代に災いが起きて子孫断絶するぞー(全然反省したから許してやるって慰めになってませんよ)とか恐ろしいことを言い、しかもその予言は的中したとか。

つまり課長もナポさんも、普段はイリヤの上にいますが、もし道を外れるようなことをしたが最後、イリヤとは必ず対立し、しかも決してイリヤには勝てないという意味合いがあるんじゃなかろうか…と思ったり。

ついでにナポレオンといえばボナパルト。
そしてイリヤはロシア人。
ナポレオンとロシアといえば…。
根本的にナポさんは最強ですが、そんな彼ももしイリヤと真っ向勝負すると正義がどちらにあろうが絶対勝てない、という暗示があるのかもしれないなんて思ったり思わなかったり。

とまあ、イリヤには潜在的にナポレオンの天敵、王に対する断罪者としての属性があるんじゃないかなー…と…だったら萌えるなー…というお話でした。
考えすぎですかね。でも考えすぎてみたらやたら萌えたので考えすぎておこうと思います。


あ、ところでイリヤってやたらファンフィクでキエフ出身って扱いになってるんですが本編でそういうシーンあるんでしょうか?あるとしたら現ウクライナ人ということになると思うんですが、ウクライナ人に対する間違った偏見例に
「ウクライナ人は寒いところに住んでいるので寒さに強い。→強くない。夏の暑さにも冬の寒さにも弱い。家屋が寒冷地仕様になっているだけである。」
ってのがあったんですが…どっちかには強くなっとこうよウクライナの人。弱すぎるよ。でも萌えるよ。

しかし日本のウクライナ北海道の人もよくそう主張しますが、北海道で気温が8度でこっちが死にそうな顔でぶるぶる震えてる横を半袖につっかけ姿で歩いてましたがあれは寒さに強いとは言わないのですか。ああ、8度は寒くないと。
ってわけでウクライナ人が弱いと言う冬の寒さってマイナス20度以下とかそういう世界に違いないと思っています。

ジャズ… 

September 24 [Sun], 2006, 5:17
http://x51.org/x/04/08/1054.php
の下の方に書いてある文章に目が釘付けになりました。

博士は更に、宗教や思想の違いによるグループから、どういったグループが最もセックスを盛んに行うかも大胆に解き明かしている。

「政治的に左寄りの人間は中道派の人々よりも、盛んにセックスをしますね。またカトリックの人々はプロテスタントに比べてより盛んです。」博士は語る。

またオルガスムを得やすい雰囲気作りについて博士は、「ジャズです。ジャズをBGMにすることで人はもっと発情し、オルガスムに達する可能性がより大きくなります。」と話している。


共産主義といえば左。
ろ…ロシア正教ってどっち?プロテスタントよりはカトリック寄りな気がするなー…
ていうか良き共産主義者は宗教とか信じないんだっけ…
で、ジャズ。へえ、ジャズかー………
そりゃー……
良かったねナポさん。


…3秒でここまで思いついた自分が一番どうかと思いますごめんなさい。

夢にマッカラムさんが出てきた… 

September 22 [Fri], 2006, 0:56
イリヤとかじゃなくて普通に俳優でおじいちゃんなマッカラムさんが。
なんか電車に乗ってたら隣に普通によっこいしょって座ってた…。

サインが欲しい!でも迷惑だよ!でもやっぱり欲しい!一生に一度あるかどうかのチャンスじゃないか!とか散々ぐるぐるした果てに、持ってたメモ帳を差し出して思いっきり
「デヴィッド・マッカラムさんですよね!?もしご迷惑でなければサイン下さい!」と叫びました。
…日本語で。

そしてさすが夢、これで何故か通じる。
まあ芸能人が必死の形相して何事かを叫ぶ一般人にメモ帳とペン突きつけられたら意味わかんなくてもやることは一つかもしれませんけど。

にこにこ笑顔で、何か言って握手とかしてくれるマッカラムさん。でも英語。全然意味わかんない。
熱い思いを語り続ける私。カタコトの英語を話そうともせず日本語で。絶対意味通じてない。

なんか中途半端にリアルな夢だったなあ…。

大脱走とか色々 

September 20 [Wed], 2006, 3:16
NOVAのCMで、ジャングルジムに食われた白人のおっちゃんを言葉が分からないので無視しちゃうってやつありますよね。
あれ見てるとどうしても大脱走のヒルツを思い出すのです。あの鉄条網にからまったヒルツを。
そして追っ手はドイツ人。
「助けてくれ!謎の鉄条網に食われた!」とかって英語で助けを求めるヒルツを「ごめんなさい…」と涙ぐみながら無視するドイツ兵、みたいなそんな映像が頭をよぎります(笑)。

それはさておき大脱走のイリヤ…じゃないアシュレーですよ。
イギリスではNoblesse-Obligeの精神が浸透してて、第二次世界大戦でも貴族の師弟が従軍する例が多かったそうです。普通の国民に従軍させるのはよしとしなかったとかなんとか。

んでもってあのアシュレーの若さと士官(年齢的なこと考えたらやっぱ少尉?)という階級を考えると…貴族の子なんだろうなあ、やっぱり…ってことで。
英語とか苦手だししかもイギリス英語は不得手だしで字幕見てるだけなんで、貴族っぽいしゃべり方もしてたのかどうかとかちっともわかりませんが、たぶんそういうことだったんだろうなと。
いつもきちっと軍服着込んで帽子も装備してて、身綺麗にしてましたしね。理想に燃える青年貴族みたいなそういうキャラなのかなーなんて想像しました。
そう考えるとあの自己犠牲のシーンが余計泣けるんですよね。
義務感が半端じゃなかったんだろうなっていう。
あそこで無視してたら絶対助かってた(ノーマークだったし)のに、それでもあれをやったっていうことの背景にあるアレコレを考えすぎて切なくなりました。
親とかきょうだいとか、友達とか、ひょっとしたらいたかもしれない許嫁とか…。そういうものよりも任務を優先すべきだと判断するに至るまでの逡巡とか考えすぎてあああああああ…

それは別として、こないだのNHKの放送だとまっっったく敬語を使わないので、なんかビッグXとアシュレーが同格っぽくてどうなんだろ…と思ったりもしました。
年齢的なこととか地位のこととか考えたらどう考えても二人の会話シーンはアシュレーには敬語使ってる翻訳が必要だったんじゃないかなー…。
あと、字幕に「くたばれイギリス!」がなかったのもなんか寂しかったです。くたばれって言われてるのに「行こう!」って走り出しちゃうアシュレーがかわいかったのに。

大脱走!!!! 

September 12 [Tue], 2006, 1:45
イリヤ…っじゃない、アシュレー!!
なんかもうなめ回すように見ました大脱走。

やっぱりかわいいなあ…。
ちっちゃくてほっそりしててひとりでかわいいったらないですね。
靴下改造で自慢げな顔してたりとか。
独立記念日だよ、って言いながら即座に駆け寄っちゃうトコとか(イギリス人なのに…)。

で、やっぱりあのシーンでちょっと泣きそうに…。
でもまたあのシーンがめちゃくちゃかっこいいんですよね。シャープな動きにしろ真剣な顔にしろ。
セリフのあるような出番はそんなに多くないけど、いい役だったなーと思います。

そしてやっぱり映画全体としてワクワクするような映画でしたね。
あの軽妙なテーマ音楽といい、みんなでこっそり先生の目を盗んでるような雰囲気といい、ラストシーンといい。
悲劇は悲劇なんだけど、やっぱり明るいんですよね。
何度見てもいい映画だと思いました。
DVD買おうかな…。

メルフォお返事 

September 10 [Sun], 2006, 13:09
久々にメルフォから頂いたご感想のお返事を。

(以下追記で)

ロシア人名 

September 10 [Sun], 2006, 12:55
ロシア人名について色々調べてみました。
父称(〜ビッチ)とかは前から一応知ってたんですが、あれって適当に好きに変えちゃっていいもんだったんですね…。
語呂が悪くてダサいから変えちゃえとか、父親より尊敬する人の名前をもらってきたりとか、そんな適当なものだったとは…。
ニコビッチも別に本当にニコさんの息子とかじゃなくて(そもそもニコさんってロシアにいるのか…旧ソ連のどこだかの国にはある名前らしいですけど)ニコラエヴィチじゃアメリカ人言いにくそうだからニコヴィッチでいいやーとかそんな事情なのかもしれない…。

ついでにロシア人の名前は普通、女性名はまず確実にア段で終わり(〜ナとか〜ワとか)、男性名も愛称化する時はア段で終わるように変化させる(課長の名前のロシア語形だったらアレクサンドルですが、これを愛称とか略称にする時はサーシャとかサーシェンカとかになります)んですが…。
ってことは、ロシア人は人名の語尾がア段だと、なんか響きとしてかわいく感じるんじゃないか?と思うんですが。としたらイリヤって男性名としてはなんとなくかわいい女の子っぽい響きの名前なんじゃ…。意味は別として響きだけでは。
名前の最後がア段だとロシア人は「女の子だ!」と勝手に勘違いしちゃうことがあるそうです。たとえば山田彰(Yamad"A" Akir"A")さんが来るよ、と言われたロシア人は女の子が来ると思って期待しちゃうとか。
てかロシア人名でア段で終わる男性名はどうももともとロシア語源ではなく他の国の神話にちなむ人名が多いようです。イリヤもそうですし。だからロシア人名として根付いてはいるけど人名法則からちょっとはみ出す名前なんでしょうね。
そういやどうでもいいですがレーニンのお父さんはイリヤさん。

そうそうイリヤといえば「イリヤ・ムロウメツ」って伝説のヒーローがいるそうです。
英雄叙事詩みたいなののヒーローなんだとか。
http://kumism.boo.jp/history/archives/000194.html
色白く美しく勇ましく力強く優しく信心深くそして頭脳明晰…
それって…それって…。
ひょっとして元ネタは彼ですか?

ああ〜やっぱりぃ… 

September 05 [Tue], 2006, 21:06
Wikipediaより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%B3

2004年よりイギリスBBCの「Hustle」にレギュラー出演している。「Hustle」は詐欺師集団の活躍をコミカルに描いた作品だが、ヴォーンは詐欺グループの長老格であるアルバート役を好演している。ヴォーンいわく「ナポレオン・ソロが退職して退屈になって詐欺師を始めたような役どころ」とのこと。

ヴォーンいわく「ナポレオン・ソロが退職して退屈になって詐欺師を始めたような役どころ」とのこと。

ナポレオン・ソロが退職して退屈になって詐欺師を始めたような役どころ

あああああやっぱそうなんだ!そうなんだ!わざとやってたんだ(笑)!!!!

いっそのことゲストでマッカラムさん出ないかなあ、偏屈な天才科学者みたいな役で。
で、アルバートさんの若い頃の知り合いとかで、詐欺の片棒担ぐの。ブツブツ文句いいながら。
みんなに紹介された瞬間超高速でステイシー見てアルバートさんじろっと睨んで次にダニー見てぎょっとした顔してアルバートさんガン見したらいいと思うんですよ。

………私は何を考えてるんだ。

さよならハッスル… 

August 30 [Wed], 2006, 1:03
素直に見れるいいお話でした。いい最終回!
鬱にもなんないし、カモは素直に悪くて嫌な奴で、金を取られてもざまーみろばんざーい!って感じで。すっきりすっきり。
敢えて言うならカモの嫁さんがチラチラ出てたんですが強欲そうな嫌な女っぽくなく、優しくしっかり者で物静かなタイプに見えたもんで彼女の今後がちょっと心配になったぐらいなもんでした。

斬新演出にも慣れて来ました。時間止めはほとんど消滅、その代わり脳内妄想を律儀に映像化する方向へ。微妙な寒さはあるもののまあ許容範囲です。現実と地続きにいきなり妄想世界に突入してミュージカルとかないし(笑)。
斬新といえば斬新、ベタといえばベタ、でもまあとりあえず視聴者にやさしい演出として、特殊用語が出てくるとダニーが親切にカメラに向けて説明してくれるって…便利っちゃー便利だけどそれはどうなの?…っと思ったら、ラストシーン直前で謎が解けました。
ああ、今週は(いや今シーズン通じて?)カメラさんも仲間だったのね。で、ここでお別れーとか言ってんのにそのあとのシーンもある謎(笑)。

ていうか、ようやく独特の演出に慣れて来たことだし続きを!続きを!!
アルバートさんのいない火曜日なんて嫌だあ…。

で、改めて感想を。
アバンタイトルでいきなりイリヤ化してるダニーにびびる。
そういや前にも時代錯誤にでっかくて真っ黒なサングラスかけてたけど今回…
何その今時そりゃねーよってごっつい黒縁眼鏡!!やっぱわざとやって…!
スタッフに絶対ナポソロリスペクトな人がいるとしか思えません。
でも本編でその眼鏡姿はありませんでした。ちぇ。

今日のハッスル 

August 22 [Tue], 2006, 23:03
あれ?斬新すぎる演出これだけ?
やっぱりあれ、斬新すぎて不評だったんですかね…。
時々斬新すぎて置いてけぼりになってましたもん。
脳内イメージ映像に何の説明もなく唐突に入るんで、しばらく意味がわからなくて混乱したりとか。
前回の白黒のレトロ映画風はさすがにイメージ映像に入った瞬間わかる親切設計でしたし、今回は新聞の中の写真が動いただけでしたしだんだんわかりやすくなってきた感じ。

まずは、さぼってた今までのかいつまんだ感想を…。
前々回、アルバートさんボコられる…が、入院先の病院でナースはべらせてやりたいほうだい(笑)。
やっぱりこの人、元靴のセールスマンのアルバートってのはニセの経歴と名前で本名はナポレオン・ソロなんじゃないんですか?
…と、つい突っ込みたくなるようにアルバートのキャラ作ってないですかマジで。
しかしこんなご老人に暴力はいかんよホント。

前回、ダニー全裸!!!!!
……すいませんこれだけで大はしゃぎです。
だって全裸。お尻まで!
なんていうか、この回ってこれでようやく疑似家族がきちんと結成されたって感じなのかなーと思ったりします。こっからアルバートさん以外の点でも面白くなるかも…!


そして今回…。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像kai_a
» イリヤの属性について。 (2007年05月02日)
アイコン画像(仮)
» メルフォお返事 (2006年09月12日)
アイコン画像   J
» メルフォお返事 (2006年09月12日)
アイコン画像   J
» メルフォお返事 (2006年09月12日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haywire
読者になる
Yapme!一覧
読者になる