ふぅ 

February 09 [Fri], 2007, 14:25
もう疲れました

入院 その3 

September 15 [Fri], 2006, 23:33
先生到着

なかなかうまくいきめず、
助産師さんが、おなかに手をあてて
「この手をはねのけてごらん!」といわれる
やってるよ〜とココロで思ってるけど、
まったく余裕なんてない。
一回いきんで、そのままもう一回といわれても、
最初の一回目で、全部力だしきってるのにぃ。
たぶんその前あたりで、チョキンって鋏の音がしてた。

おなかをぐいぐいおされながら。。。。

・・・・誕生・・・・

生まれた時に、泣いている人とかいるけど、
正直、「終わった〜」っていうほうが強い。
髪から汗が滴るほど、汗だくになってるのに気づく。

カンガルーケアが終わって、胎盤がでて、
麻酔して縫合。
先生、麻酔きいてないっすよ。

その間、赤はお風呂に入れてもらったりしてたみたい。

出産後は、2時間そのまま安静。
キレイになった赤がやってきた。
「この子がおなかにいたのだろうか
とっても不思議な気分。
まるでチンパンジー

一度トイレに行くように言われ、
LDRについてるトイレにいくが、
出るわけないっつうの
感覚がまるでないのに。。。
その上、出産の出血でフ〜ラフラ
早く出たほうが、回復しやすいらしいが。

2時間の安静が終わり、また車椅子で部屋へ戻る。

〜10分間隔から出産まで、11時間〜
進みが速くって、とっても安産だったそうな。

入院 その2 

September 14 [Thu], 2006, 13:16
午前中の検診時も、陣痛の気配はまったくナッシング
「今日は一日このまま様子を見ましょう。
もし陣痛が来なければ、お薬にしましょうね」と先生。

午後3時頃から、ようやく10分間隔。
でもまだまだ余裕あり
夕食も全部食べれるほど、元気
その後、急に痛みが激しくなり、間隔もみるみる内に短くなる。

痛みのときは、声を出したり、力を入れると
お産の進みが遅くなるって聞いてたから
必死で力を抜く。
あまりの痛みで一言も声をだせないのに、
あいつは、返事しない私に罵声をあびせる。

LDRが混んでいて、なかなか移動できない上に
急激の痛みでがんがってるのに。。。。
涙があふれた。

ようやくLDRがあいて、泣きながら車椅子で移動。

あまりの痛さで、過呼吸になり
両腕がぶるぶる震えている。
そのせいで、点滴がなかなか入らず、両腕にでかい内出血

ベッドが分娩台に変わる。
どこまで上がるの〜と思うくらい上に上がった。

つづく

入院へ 

September 13 [Wed], 2006, 20:17
夜10時過ぎのこと。。。

お風呂からあがって、一息ついてると
なにやらお水らしきものが出る感じが・・・。
動くと、また出る。
「これはもしや破水
少し様子をみてみるけど、止まらない。

病院へすると、
「とりあえず、入院の用意をして来て下さい」といわれた。

病院到着後は、
本当に破水なのか、リトマス試験紙みたいなので検査。
なんと、破水していない。。。
「たぶん、お風呂のお湯が出たんでしょう」とのこと

さて帰るかと起き上がったときに、また出てる感じが。。。
もう一回検査してみると、
「反応アリ」そのまま入院となりました。
P R
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Yapme!一覧
読者になる