みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
春の心 / 2017年02月24日(金)

そろそろ3月になろうとしてる2017。
この季節になると、
眠たい眠れない身体は気だるく、
心は異常に感じやすくどうにも感傷的になる。
部屋の中で見つけた小さな蜘蛛を見つめては
人知れずうちにいる害虫を食べて、
少しずつ大きくなりながらこっそり生きているところを想像して
なんか泣ける、くらいだから、キテるよね。。。
毎年思いもしないことがあって、想像のついた一年なんて
ないけど、今も自分の歌や音楽を続けていけるのは本当に幸せ。
こればっかり言ってるけど、ほんとにそう思う。
無力な自分を嘆いている場合ではないよね。
何が一番大切なのか、
何をやっていくべきなのか、
忘れないようにしないと。

先日は大久保ひかりのうまで林レイナバンドのライブ。
来ていただいた皆さん、どうもありがとう。
ピートさんをお祝いする人で会場がいっぱい。
僕らに頂いた時間もとてもホットな良いものに出来たと思う。
演奏中やたらとメンバーと目が合う時のライブは、
トラブルやミスがあっても、何かを交換できている気がするし、
バンドスタイルでやるときは、
そうゆうの、届けられたら一番嬉しい。
素晴らしいプレイヤーに支えられて、
思い切り自由に歌えた。
対バン灰太郎くんのライブも良かった。
30年の付き合いらしいピートさんと灰ちゃん。
並んでるだけで、絵になって、見入ってしまう。
二人が並んで立つだけで、それぞれの過ごしてきた時間が見えるように、
演奏にもとても説得力があった。
私もまだまだだけど少しずつ、
しいたけ占いにも
「今は静かなる勝負所です」と書いてあったよ。
いつかあなたにも
もっと勇気や希望や元気を与えられる存在になりたいです。

手元にある読みたい本も夜な夜なほとんど読了してしまい、
シド・バレットを聞いてる。
心の乾いたところに染み入るシド。
優しくて切なくて泣きそうになるけど、さみしくはないよね。
音や文字や数の中に、色が見えるような景色って
どんなのだろう?って思う。


 
しみじみでもふとでもなく / 2017年02月02日(木)
ライブを二本やってきましたよ。
一つは代々木バーバラでレイナバンド!
一つは高円寺とらんぽりんでソロ弾き語り!
寒い中観に来てくれたあなた、どうもありがとう。
どちらのライブもこれからにつながるものになったと思う。

レイナバンドの方は、回も重ねて、あんなに大先輩と言っていたメンツをおっさん呼ばわりしたりして。
でも、それぞれがやはり、ほんとに凄腕のミュージシャンでにんまりしてしまうところと。
自分的にマンネリにならぬよう、気を引き締めるところと。
お客さん少なかったのもったいなかったけれど、
その割にはギターを弾かず踊っていました!

弾き語りの方は、みみずくずの久しぶりの曲をやれたことが自分に新しかった。
いつからか、なんとなくも、訳あっても、歌わなくなって、忘れそうになっていた
古い曲も非常に輝いて見えたな。
でも久しぶりにやっても覚えてるんだよね。
しみじみでもなく、ふとでもなく、歌い出したらもともとあったものが、
滲み出てくるかのようで、びっくりしました。
この日は集っている人達が本当に温かくて。
彼の人徳でしょうが、
とらんぽりんの店主とらちゃんの良いお祝いになったと思います。

ライブに来てくれた、または出会えた貴重な人達に、
そんな自分の何かがどうにか伝わるものがあったならいいなーと思います。

春のライブも決まってきました。
どのライブも、新曲や、新しい試みをもって挑みます。


2月21日(火)大久保ひかりのうま 福島ピート幹夫49th Birthday Paty へ 林レイナバンドで!
3月6日(月)高円寺ペンギンハウス  ピートさんのサックスとチョー昔のバンド仲間、須郷史人くんのドラムと!
3月16日(木)渋谷喫茶smile 林レイナバンドで!


ぜひとも、お越しくださいませ。
よろしくね。


 








P R