みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
そっくりギター / 2013年03月19日(火)
私が17年やってるバンドみみずくず。
みみずくずは1996年にバンドを結成して、元々は地元大阪や京都で活動していた。
ライブの評判や客入りも上場で、いい感じに盛り上がってきた我々は、ふと、レコーディングをする。
1999年初めて作ったファーストアルバム「みみずくず」
これをレコード会社、音楽事務所に送ってみた。
同じ内容のデモテープを送っても全然反応がなかったのに、これをCD盤に焼いて、ジャケットを印刷したところ
自分達でも驚くほどに、いろんなところから反応が。
たくさんお声がかかるなか、「ひょえー、ところで、どこと契約する?」「どこが一番条件いいんだろう!?」なんて
うほうほだった時代があった。
その後、我々はりぼんという事務所に所属。
メンバー全員での東京上京やら、メジャーデビューやら、いろいろな経験をさせてもらった。
当時のりぼんは、名物前社長O氏率いる、老舗音楽事務所。
その老舗っぷりといえば、まず、りぼんという名前の名付け親は、井上陽水さん。
社長に関して言えば、初めてマネージャーを担当したアーティストは、スパイダース。(当時掘プロにて)
その後、RCサクセションまで在籍していたという、なんとビックな!?歴史の深ーい事務所と社長。
上記のようなビックネームが在籍していたことでも有名な事務所だけど、私の中で一番最初にここに音源を送ってみたい!
と思ったのは、フィッシュマンズだった。
当時ひとり暮らしをはじめたばかりの私は、8月の現状というアルバムを聞いて、ひっくりこけるほどの衝撃をうけていた。
こんなバンドが在籍する事務所に私も入りたい!!!
我々のアルバム「みみずくず」を聞いた社長は、その日の夜中に興奮して何度も電話をくれた。
全く無名だった私達を見つけ出してくれたのもまた、このO社長だった。
当時フィッシュマンズのボーカル佐藤さんを亡くして、相当落ち込んでしまっていた社長が、「これだ!」と
元気を取り戻してくれたらしい。
数ある音楽事務所と、星の数ほどいるロックバンドとの、これもひとつの出会いだと思う。
りぼんとの思い出話はきりがなく、なかなかにどれもドラマティックでオモシロいのですが、
先週の金曜日、3月15日のこと。
突然ふと、りぼんに預けっぱなしのギターのことを思いだした。
ニューヨークで一目惚れして買った、SGのようなメロディーメーカーのような、赤いボディーに白いピックガードのギター。
あれが弾きたい!
今でもお世話になっているりぼんのKくんに突然電話をしてみた。
「10年ほどもほったらかしといて、悪いんだけど、私のギターまだある??」
「確か、、倉庫にありますよ。今度取ってきますね!」
と快く対応してくれた。
そう。この私のギター。ある日のみみずくずのレコーディングに私がひょっこり持っていくと、りぼんの人が絶句したギター。
「これ、、、佐藤さんの。。。」
そう、私のこのギター、フィッシュマンズの佐藤さんの使っていたギターと中古の加減や黄ばみ方まで、
そっくり瓜二つだったのだ。
もちろんこれにそっくりなギターを佐藤さんが使ってるなんてこと、全く知らずに買ったものだったし、珍しくって見た事もない!
と思って買ったものだったので、実物を並べてみた時は私も相当びっくりした。
そして、後から聞いてまたびっくりしたのが、私が10年ぶりほどにギターを確認してもらおうとKくんに電話したその日は、
佐藤さんの命日だったようだ。
すいません、なんかびっくりして、興奮して、締まりのない、散らかった長い文章になってしまいましたが、
さっき倉庫でKくんが撮って送ってくれた写真を見て、思わず、いろんな事を思い出して、書かずにいられなくなってしまったのです。
よし!このギター、メンテ出して、弾きまくってやる。そうすることが、
運命のような気がしてしまっています!

 








P R