みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
脳のしゅわ / 2011年10月13日(木)
深夜2時。
眠れなくて、なんとなくベランダのドアを開けると、鴨の群れが飛んでいた。
グァーグァーと鳴きあいながら、5匹ほどで、連れ立って飛んでいたのは、ほんとに鴨だったのかな?
きっとうちの家の前のどぶ川に、毎年のようにやってきている奴らではないだろうか?
それが、夜の夜中に、どっか遠くの寒い方から、
「去年来てたとこ、この辺だったよね?」
「そうそう、ここ右曲がってすぐんとこの川。」
なんて話しながらやってきたのかな?と想像すると、少し心がやすらいだ。

あまりにいろんな事がありすぎて、ここ3日は腑抜けだった。
身体は疲れきっているのに、脳みその中がしゅわしゅわして、まともに歩けず、
駅のホームで座り込んでしまうほどだった。
自分のやっていることの半端さに、途方もない気持ちで居る。
音楽、愛情、人間関係、、、
言ってしまえば、ま、どん底に落ち込んでいるのだけれど、自分の目指すべきところへ行くまでには、
これも必要なことなんだろうな、、と冷静に思う。
しっかり落ち込んで、次の一歩を踏み出さねば、と思うようにしている。

そうして、先日の阿佐ヶ谷ネクストサンデーライブに来てくれた皆さん、ありがとう。
今回の飯島くんとのデュオは、最後まで不思議な感覚だったなぁ。
自分で作ったうた以外のうたを、ステージであんなにたくさん歌ったのは初めてかもしれない。
あそこまで大きな声をはらないことも、初めてだったかもしれないし。
それでも新鮮さというよりは、自然に、意識しないうちに自分の持ってるものが、
すーっと出てきたような感覚もあった。
そして、飯島君の曲も、ギターも、歌声も、たくさんの人に気に入ってもらったことが嬉しかった。

風太郎(トラちん)のイベントも30回目を迎えたということで、会場は賑やかだったな。
一番後ろの席に座って、楽しんで見ているお客さんの姿を見て、「はー」と感心させられました。
続けていくことでしか、見えないものがあるのは、何事も同じなんだろうね。

 








P R