みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
満月のかまきり / 2011年09月15日(木)
寝室に敷いた布団の上に寝転がると、頭上の窓からちょうどお月様が見える。
満月、綺麗でしたね。
「おかーさん大変!お月様の中に、なんにも居ないかもしれない!かまきりとか、、、」
と、てんたが騒いでいた。
どこかで見たうさぎの餅つきが、かまきりに見えたのだろうか?
「なんか居るかもしれない。と思ってみたら、居るんじゃないの?」と言ったら、
それきりじーっと黙って月を見ていた。
日々の作業ひとつ、何もかもに真剣に取り組んでいる姿が心底かわいらしく、癒される。
同時に、言い間違い、聞き間違い、勘違い、思い込み、
アホ男子は、まっすぐですから。子供のそれは、最強である。

先週は、体調が、ほんっとに厳しかった。
痛み止めや解熱剤をほとんど飲めない体質のわたし。
38度が続いて、風呂にも入らず3日ほど、うなされていた。
さすがに一日中寝ているわけにも行かず、ノロノロと家事をしては、
熱があがり、ほへー。っとベッドに倒れこんで過ごした。
面倒臭いので、一番近い病院へ行って、処方してもらったら、薬がまたしてもあわず(これなら大丈夫と思っていたもの)
今度は副作用で吐き気。
ついに思い立って、新しい病院を探して、薬とステロイド吸入を。
これを機にと、3日ほど前から、ずっとだましだましにしていた、喘息の予防治療をはじめた。
「これ飲んでたの?古い薬だよねー。」と言われ、
同じ病院でもこんなに違うものか?と、ただ近いだけのところに行ってみたことを、反省した。
病院も薬も、今度こそ、わたしにあうといいなー。

夏が終わろうとしていて、頼りにしている友達が南の島へ行ってしまった。
小さな子供を持つ身として、しばらくは関東を離れようという、おかーさんとしての決断だった。
彼女達家族の旅立ちは、お金もあって、仕事や家もあるし、しばらくは向こうで、、、などというのではなく、
もっと切羽詰まった気持ちからのもののようであった。
旅立つ前にと、会いに行ったのだが、子守りに振り回されながら、引っ越し準備に追われ、睡眠不足と段ボールと葛藤しているところだった。
「行く前に、友達とかには会ったの?」と聞くと
「あんまり誰にも会ってない。」と言っていた。
「写真も、何も、見ないようにして、箱に詰めているの。今はもう、振り返ったり立ち止まったりしたら、崩れてしまいそうだから。」と。
「そだね。でも行けばすぐ、やる事もたくさんだし、希望がたくさんあるじゃん。きっと楽しいよ。」と言ってみたけど、
同じおかーさんとして、複雑な気持ちだった。
何ひとつ伝えたい気持ちを言えず終いに帰ってきてしまったなぁと。
帰り道、なにが言いたかったのかと、もう一度考えながら電車に乗っていたら、わたしが言いたかったことなんて
別に大したことではない気がしてきた。
「たくさんありがとう。」ということと、「また会おうね。」ということだけだったのかもしれない。
東京に来て出来た、初めてのほんとうの友達。
ピンチに立たされた私に、いつでもグッドアイデアを用意してくれた賢い彼女なら、どこでだって、やっていけると思う。
と言いつつも、正直ちょっと寂しいですね。
最近は、秋の晴れ空が気持ちいい。
10日のライブでは、飯島くんの作った優しいうたをたくさん歌って、みんなで温もろう。


 
アルペジオ部 / 2011年09月06日(火)
昼飯。
豚汁の残りで、カレーうどんを作った。
タッパに入れていた昨日の残りの味噌汁を、鍋にぞぞぞっと入れて、温めてカレー粉を溶く。
そこに固めに茹でた乾麺を、どかんと入れただけ。
げすイわーと思いながら食べたら、とんでも美味しかった。
牛蒡やら冬瓜やら大地がしみ込んだカレーを大汗かいて食べた。

最近、時間を見つけたら、ずーっとギターを弾いていた。
しかもアルペジオばっかし。
今更ながら、とっても楽しくて、あっという間に時間が過ぎる。
では、たまには指で弾いてみるか?ライブで試したら、なんのひとつも弾けなかった。
向いのアパートに済んでいるおじさんも、クラシックギターを練習しているみたいで、
時々、音が漏れ聞こえてくる。
ちーともうまくならないまま3年ほど聞こえてきているので、気の毒になっていたが、
全く人事ではないようですね。
飯島くんに話たら、「ライブでは、4割りほどしか弾けないよね。俺も今日のライブは
全然指が動かなかったなー。」と言っていた。ほへー。ま、歴史も違うんだろうけど、
4割であれってどないやねん?と思う。
うたなんて、ライブで歌う方のが、一番気持ちがいいのになーと思う。
ほいでも、自分の行動を思い起こしてみると、
家に一日居たりすると、必ずどうしようもなく落ち込んでしまうタイプなので、
こまめにうたを歌っては、息抜きしているようだ。
自然と、歌う健康法を取り入れて、生活しているみたいです。

新聞をとり始めてから、3ヶ月ほど経つが、ますます一日が早くなった気がする。
震災後、パソコンや携帯でニュースを見ていたら、なんだか終わりがなくなってしまい、
目も身体も脳も、だんだん衰えるような気がしてきて、新聞をとるようになった。
紙に剃られたものだと、読みたい時に、落ち着いて読める。
もっと欲しいものだけ、携帯でチェックすればいいじゃん、と。
それでも、一日があっという間で、バタバタしていると、ろくに目も通さないうちに、
もう次の日の新聞が届いていたりする。
もったいないから、夜中に目が覚めたら、またひっぱり出して読んだりしている。
資源ゴミの日には、専用にしている箱が、ちょうどいっぱいになる。
一週間で、こーんなにいろんな事件が起きているというのに、わたしはだいたい中野区に居て、
毎日ご飯ばかし作っているよなーと思いながら、それをまとめるのがまた日課になった。
てんたが居るし、家を空けるのはなかなか難しいのだが、東北へ旅行に行きたいな。
福島のYちゃんのところにも、訪ねて行きたい。

次のライブは、10月10日に阿佐ヶ谷のnext sunday で歌います。
トラくんの風太郎企画第30回記念イベントで、飯島君と一緒にやります。
今度は、飯島君の作ったうたを、たくさん紹介したいと思う。
前回までとは、またがらりと違った感じで、アプローチしてみます。
なんやったら、わたしが飯島君をサポートするつもりで?ほんまかいな?
お楽しみに。

詳細は追ってお伝えします。とりあえずは
みみHPの「News」をチェックしてみてね。



 








P R