みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
まぁるいナイフ / 2011年07月25日(月)
テレビを観て泣いて、音楽を聴いて泣いて、友達と話して泣いて、映画を観て泣いて、
ついには夢を見て泣いた。
ちょっと嬉しい夢を見て、すっかり夢に入り込んで、目が覚めて、それが夢だと簡単には受け入れられず
また泣いた。
歳をとって、涙腺がゆるみっぱなしなのか、永遠の思春期なのか、最近よく泣いてしまう。
自分のこと以外なら、もう、なんでも泣けるのではないか?と思うほど、気がつくと、涙がすぐに出てきてしまう。
役所に提出する書類に年齢を書き込んで、また改めてげげっと思う。
ぼちぼちしていたら、もうすぐ40歳になるのだろう。
若い頃自分は、こんな40歳になるなんて思ってもみなかっただろう。
こんなでも、なんとなく40歳になれてしまうということを知らなかったのかもしれない。

エンジェリンヘビーシロップのベスト盤が出ているのを知ったので買った。
昔つきあっていた人が、この音楽が大好きで、高円寺の駅前の狭くて汚い部屋で、朝からいつも聴いていた。
手元になくて、最近になってずーっとずーっと聴きたくて仕方なかったのだ。
口が悪くて、愛想も悪くて、貧乏で、何も取り柄がないような人だったけど、時々びっくりするくらい純真だった。
何度もはっとさせられて、私なんかより、こうゆう人が音楽をやるべきだと、真剣に思った。
もっと好きだった男のひとは、他に居るし、未練があるわけでもないのだけど、彼を傷つけてしまったことをよく思い出す。
男と女の関係で言えば、もっとひどいことも、他にいっぱいしたのだろうけど、彼とのことを思い出す。
あの純真さゆえ、自分のことを傷つけてしまわずに、どこかで前よりも明るく、ポップに生きていてくれたら、嬉しいなと思う。
もう、随分昔の話なので、そんな心を忘れて、すっかり変わってしまっているかもしれない。という憶測が全く持てないほど
あれは、頑固な心だったなーと。

もうすっかりおかーさんにもなったんだけど、時々、誰かに甘えたくて仕方がなくなる。
母親が死んでから、特にそうだ。
痛い中年ばばーだなと自分で思いながら。
そんな中、今日はまた、ヒロシに会えるので嬉しい。
「ヒロシがいっぱいだっこしてあげるわよ。」と言ってくれないかな。

泣いてばっかりでは、いかんと、ギターを弾いて曲を作って、泣きながら歌った。

 
なつかぜ / 2011年07月12日(火)
エアコンも付けずに、ちょっと寒いかも?とカーディガンを羽織って夏目漱石を読んでいた。
眼鏡をかけて熱い紅茶を飲んでいてふと、??熱出てるのか??
と、気づいた時にはもう、すっかり夏風邪をひいていた。
風邪をひいても持病のせいで、ちょっとした漢方と、子供用の解熱剤(ぜんぜん効かないー!)しか飲めないわたしは
食べて寝て汗かいて、水分とって食べて寝て、ひたすらそれを繰り返すしかないんであります。
昼食は、カレーうどんをぺろっと平らげた。
37度5分の熱で、ものスゴい食欲のわたし。
昼食が終われば、もう夕ご飯の心配。
なんだか血になるような、肉が食べたい。

結局、Pちゃんがレバニラを作ってくれて、天太と取り合いしながら食べた。
何もしなくても、ご飯を食べ終わると、ふらふらに眠くなり、こっそりとひとり寝室へ移動してウトウトしていた。
「天ちゃん、おかーさんとねんねする!」
「おかーさん風邪だからね、今日はおとうさんと寝よう。」
「いやだ!おかーさんがいい!」
「おかーさんひとりでゆっくり寝させてあげようよ。天ちゃんも頑張らないと、おかーさん元気になれないよ。」
3歳になっても、どうしても、眠る時だけは、母親のそばがいいらしいてんたが、Pちゃんに説得させられている。
「おかーさん元気にならないの?」
「そう。熱が出て、しんどいまんまになっちゃう。」
「、、、、天ちゃん、ひとりで寝る!」
どうせ、ぐだぐだになって、わたしの眠る布団に潜り込んでくるだろうとふんでいたので、びっくり感心した。
薄目を開けながら、見ていると
寝苦しそうに、バタバタしながらも、必死にひとりで眠ろうと頑張っている。

Pちゃんが昨日の夜のうちに済ませたのか、朝起きたら、めずらしく夕飯の片付けものも、綺麗に出来ている。
「おかーさん元気になったの?」とてんたに聞かれて、
「んー、まだ2、3日は風邪かも?」と答えると
「そっか、、、まだか、、。」と真剣に考えていた。
「うそやで。もうほとんど元気!今日の夜にはもっと元気!」と言うと
「そうでしょ?」と満足気にしていた。
誰かのために我慢したり、頑張れるようにまでなって、成長しはったなー。としみじみ思う。

そうして昨日で震災から4ヶ月。
わけのわからない恐怖に包まれていた3月11日から4ヶ月が過ぎた。
被災地にボランティアに行く友達、海外や出来るだけ南に避難していく友達、被災しながらも今日も現場で働く友達。
新聞、テレビ、ツイッターで、情報ばっかし集めているわりには、何ひとつ自分で決めきれないわたしが居る。
募金にしかり、放射能対策にしかり、
出来ることを探して、こつこつと、積み重ねてはいるものの、自分の行動に対しても?マークは消えない。

毎朝、挨拶している母の写真も、少し厳しい、微妙な表情のものに変えた。
無意識に選んだ写真だが、あきれているのか、はにかんでいるのか、本当は喜んでいるのか、どうとでもとれる顔なのである。
優しい顔にばかり話かけていたら、自分がたるんでしまうような気がするからだろうか?
私ってば、きっと誰かに怒ったり、注意したりして欲しいのかもしれない。
甘えっていうやつですね。

「8月にはなんとか、スタジオに入ろう。」と前ちゃんからのメール。
さっさと風邪直して、歌いたいです。



 
サマータイムアゲイン / 2011年07月05日(火)
朝起きたら、一番にてんたに言われた。
「おかーしゃん、ねんねはベッドでしょ?」
「???そうやなー。もちろんベッドやわなー。」
と返していると、
「大丈夫ー?」と、今度はPちゃんに心配された。
昨日のさざなみ会(高円寺なんちゃって本気で家族の会)で飲みすぎたわたしは、なんとか家にたどり着いた途端、
玄関でつっぷして寝てしまったらしい。ありゃりゃりゃ。
久しぶりに全く覚えてもおらず、てんたとPちゃんで、協力してベッドまで運んでくれたらしい。
「うそーん?軽かったやろ?」と言ってみても、誰も笑ってくれませんでした。
ヒロシがボーナスが出たということで、いつもよりお洒落でお高い店での飲み会だったので、
朝には全然酒が残っていない。いい酒ってスゴいですね。だからって飲み過ぎやけどね。

そうして、先日のライブに来て下さったみなさん、どうもありがとう。
暑い中、たくさんの方が見に来てくれました。
「夏空夢人」あい変わらず、さすが風太郎くんのイベント!って感じでして
全てが、なかなかに個性的でした。
久しぶりの吉井の声に聞き入ってヨシンバ、口づさんだり。藤田さんのエレキギターかっこええなぁ。
なんと言っても、鹿島さんの歌うヨイトマケで、「おかーちゃん!」と、泣いてしまったし。
藤井周くんの声の持つスピード感に圧倒されました。話も面白い!
あと、もう一個ね、ネクストサンデーの店長さんかわいくって。
話すとスゴいかわいくって、引き込まれそうになります。
押し付けがましいのではなく、頑固に自分のやり方だけを貫ぬけるひとって、歳を重ねるごとに魅力的になるんやろね。
ネクストサンデーは、店長ちゃんの意思が、いき届いていて、とても丁寧で優しい場所でした。
美味しいビール飲んで、募金も出来るくらい、ギャラももらえて嬉しかったです。

一年も半分を過ぎたけど、いったい自分は何をしただろうか?
ひとつひとつ思うことをやってきたような、まだなーんにも出来ていないような。
新聞読みながら、サンドイッチを食べたり、ツイッターに流されているいろんな情報をななめ読みしていると、
時々、息苦しくて、押しつぶされそうになるけど、アホなこと考える前に、
また一からのつもりで、自分に出来ることひとつずつやっていこう。












 








P R