みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
どたまかちわられたろか / 2011年02月23日(水)
思い返せば、ここ数年で、
バタバタとまではいかないんだけど、パタ、パタ、と周りの人が死んでいっている。
もちろん、私にとっては、去年の11月の母の死が、何より大きな人生の事件なのだけど。
当たり前の様に生きていた人が、ある日突然死んでしまうんだという現実に直面して、
昨日までの日々が明日へ続いていくことと、昨日までとは全く違った今日がここにあることと。
それぞれ痛感する毎日です。

しかし、先日のライブは楽しかったなー。しみじみ。
来てくれたひと、ありがとう。
バレンタインデー、夜の新宿2丁目、大雪舞う中、あそこのライブ会場に居たみんなは、
本当にみんなそう思ってくれたんじゃぁないかなー。という程、会場全体と一体感のある時間が過ごせた。
お客さんの楽しみたい!!!という気持ちがぐんぐん伝わってきて、すっかり私も調子にのってしまって、
最後は「愛しい人」のラララ大合唱。わたしのライブにしては、珍しい展開をみせた夜だった。
最近、ちまたでは言わずとも知れた事実なんだけど、今回のイベントの主催者のトラくんってば、私のことを変態的に愛してくれている。
変態的っていうのがどういうことか?と、毎回わたしが驚かされるほどに。
変態的に愛されてる方から、こんなことも言いたくないんだけど、これは彼の人格というか、人望っていうか。
足跡っていうか、そんなものも思い知らされるようなイベントだった。
思いついたことは、やってみた方がいいね!

そうして、林レイナソロライブの次回は、3月23日。
先日のライブは、16年ほど一緒にステージに立つ、コーへイとのふたりきりでの演奏。
選曲も、鉄板的メニューで臨んだライブとは、今回、ある意味、真逆の試みを考えている。
子供が産まれて、思うように音楽に時間が割けず、あれよあれよという間に時が経つことに、焦りや恐怖すら感じていた日々やったけど。
そんな中で、「いつかは、こんなことやりたいなー。」とぼんやり切実に思っていたことを、
やるべき時がそろそろやってきたようなんですの。
人生、タイミングってあるんやね。
かーちゃんが死んで、自分をなんとかせなあかんって思いだけが先走っていた時に、電話がなった。
飯ちゃんからのメール。
忘れもしない、彼にみみずくずのサポートを頼んでいた時のことを思い出す。
スタジオで彼と一緒に練習していたとき、そのギターを聞いていて、衝撃の瞬間があった。
あれは、魂が揺さぶられたとか言っていい感覚やったと思う。
そのプレイを聞いた時の感覚は、今でも、はっきり覚えているくらいで、長く音楽やっていても、
そんなことってあんまし他にないことを私は知っているんである。
その日からずっと、私の中では、飯島くんが何をするのか?飯島くんが何を考えているのかが、興味が深々な存在なのである。
あんなギター弾けるひとって普通じゃないと思う。
そう思って、いざ、顔をあわせると、いつも「いや、どもども。お久しぶりですー。」と、
普通ーに、朴訥とした飯ちゃんが現れるんやけど。
つまりは、いつかもう一度、一緒にステージに立つのが、夢やったようなひとから、ある日突然、お誘いが来たってこと。
しかも、40分間、がっつり、一緒にセッションしようぜ!という依頼。
自分の頭かち割ったら、中から何が出て来るのか、溢れ出てくるものを、彼のギターと私の声で、生々しく、表現したいと思う。
おほほほ、楽しみ。
当日は、私と飯ちゃんの時間に加え、ピールアウトの近藤さんと飯島くんの時間と、飯ちゃんのソロステージとの3部構成になっているらしい。
ライブ構成を考えてみていても、楽しみでしょうがない。林レイナ、まだまだ、チャレンジします!
チラシも作ってみたし、詳細も、HPにアップしますね。
ぜひ見に来てな。

と意気込んでいたら、天太またまた40度の発熱。インフルエンザのA型に感染。
「仕方がないよ、俺、天太が居るから頑張れるんだもんっ。」と言っているPちゃんの顔がますますやつれていく。
先日も初めての漫画原稿入稿日、二人で、ギリギリ10分前まで徹夜して、なんとか間に合ったというような次第である。
今日も布団からおもちゃから一切合切をテレビの前に移動して、天太を隔離。
となりの部屋からは、アシスタントのあんちゃんを迎えて、カリカリと、丸ペンの走る音がする。
気合いで感染を防がなければ!移ってる場合やないねんー(幸い?あんちゃんはすでにインフルA型を済ませていたらしい。)
ではそろそろ僕はみんなの、お昼ご飯を用意して、なんとか今日もハープの練習をしたいんである。
ブルースハープ、まだまだへたくそだけど、ハマってるんだぁ。そのうち、ステージで。うふふ。



 
声に喰われて / 2011年02月13日(日)
Pちゃんが朝も昼も夜もなくひたすら、漫画を描き続けているため、こちらも時間の観念がめちゃくちゃ
になってくる。
6畳2間のどちらかの部屋で原稿用紙を拡げて、その間を天太が走りまわる。
逃げるようにして場所を確保しながらのペン入れするPちゃん。
「ちょっとすんませんやでー」と、そのまた間で、洗濯物やら皿やら掃除機をもってウロウロするわたし。
ふと見れば、食べかけのドーナツのトンネルにわたしのリップクリームの列車が、がたんごとんがたんごとん。
あ、お月様だー!と油とヨダレでべたべたになったCDを宙に浮かべて、微笑んでいる天太。
「コラー!食べ物で遊ぶなー!!!かーさんのCDで遊ぶなー!!!そこにはかーさんの、師匠達が住んではんねんでっ。」
冗談みたいな風景である。
「なんとか保育園へ行ってくれよ!それが今のキミの仕事やねんで。」と言い聞かせると
「大丈夫!天ちゃんに、お ま か せ 」と胸を叩いていた天太だが
その晩、40度の発熱。
まぁ人生、そう思うようには行きませんわなー。
「あー、、、そうかー。」と体温計を前にカレンダーとにらめっこしているわたしに
「しょうがないよ。僕、これとこれさえあれば、どこでも描けるし、描くしかないし。」と言ってる顔もだんだん引き攣ってくるPちゃん。
4月末の原稿の最後の入稿日までは、これが更に加速していくんであろう。
毎日スクリーントーンやらレゴやら米粒やらで、床の上と靴下の裏が、カオスです。それが現実そのものな毎日なわけです。

寝ないで描いてるPちゃんの向いで、「ちょっとすんませんやで」と今度はみみずくず仕事。
昼も夜もなく稼働していると、結構、時間も見つけられたりする。眠いけど。楽しい。

そして明日に迫ったのは、今年初の林 レイナソロライブ。
2月と3月に一本ずつきっているソロライブ。
全然違うスタンスで臨めるのが、すごく楽しみ。
明日はコーへイくんとふたりでのアコースティック。
ええよー、今のふたりのアコースティック。
バンドと比べても、丸裸な分、わたしの声にとっては、とっても自由な環境。
昨日もスタジオで、すっかり身体にしみ込んだ楽曲達を、
目を閉じて身振り手振りで気持ちよく歌っていると、ふと、妙な感覚があった。
自分が声に喰われてしまったかのような、感情とか想いとかがふーっと消えて、ただ声の中に居るような、
歌詞はちゃんと歌っているんやけど、言葉の感覚がなくて、歌ってるのが自分のようで、自分でないような。
怪しいやろ?
訳わからんやろ?
キチャッテルやろ?
そんな不思議な感覚がありました。

いまわたしが感じる全てを、声に詰め込みたい。

おかーちゃん!明日は一発、かましてきますわね。






 
ニュースタイル / 2011年02月04日(金)
たまたまなのか、そうなるべくして、時がやってきたのか。
おかーさんが死んでから、周りの環境が激変した。
49日が明けて、東京へ帰れば、また元の生活に戻るんだろうなーというようなぼんやりとした未来は、
実際には存在しなかったのだ。
とりあえず、昨日は久しぶりの貫徹でしたわ。

我が家には、取り決め?があった。
夫婦共にアルバイトをしながらでもなんとか生計を立て、子育てをしながらでも、音楽だったり漫画だったり、
お互いのやるべきことを出来る限りやる!ということ。
どっちかいうたら、前のふたつは手抜いても、音楽は趣味やない。
今までの自分の人生をかけてやってきたことを、子供が出来たとかいう理由でなまけてしまったら、
全部嘘になる!!!なんて言いながら、ただ音楽をやりたいだけのわたしが居るんやけど、
そんなようなことを考えていた。
ところが、子供ってやつは、病気もすれば、元気でいても、腹も減るし、やれ歯磨きだ!ウンコが出た!風呂入れて、
パジャマ着て、眠くなっただけで、毎晩大泣きするんである。そんな後回しに出来るようなことが、これっぽちもない
現実なんですね。
NHK朝の連ドラの「鉄板」を見ていたら、
「子育ていうんは、子供のためやったら、自分の人生なんぼでも差し出す、言うもんちゃうか?」と言われました。

趣味ちゃうで!と言っていたPちゃんの漫画が、進展をみせた。
週間モーニング誌に連載が決まったのだ。短期やけどね。仕事の契約ですわ。
原稿料のところだけを見て考えると、時給いくらのアルバイトをするよりは、遥かにええし、好きな絵一日中かけるし、
良かったなーと思うんやけど、そうは簡単に言えない現実がここにも、あったわけです。
Pちゃんの今のペースを考えると、2ヶ月連載の準備期間には、8ヶ月くらい必要なわけで。
今回はネーム(ストーリー)でOKが出てからの連載なので、実際に原稿をあげていく作業だけでも、3ヶ月4ヶ月、アシスタントを
ひとり雇って、わたしも寝ずに手伝って、もちろん本人、バイトも辞めて一日中描いて、かつかつのパッツンパッツン状態なんである。
その間我が家は収入ゼロ!子供やなくても、腹も減れば、飯も喰うし、飯も喰えばウンコも出るし。
じーっとしててもキリがなくお金はかかりますわね。
ほいでも絶対、命縮めるかもしらんけど、自分の中から出て来たもん形にして、お金に出来たら、言うことないはず。
今しかない!やれ!!描けー!!!!!ということで、
ひたすら漫画を書き続けるPちゃんに、小回りきかせて家事しながら、ベタ塗りやったり、線引いたりもさせられちゃってる
レイナちゃんです。

かーちゃん死んで2ヶ月経って、眠れるようにはなったものの情緒不安定は続く。
先日も、朝、保育園へ天太を連れていくと、彼が大泣きした日があった。
久しぶりだし、環境の変化にも、母の精神状態にも、なかなかついていけていないのかもしれない。
今までで一番、激しくぐずって「行きたくないー、おかーさん行かないでー。」
「ぼくも家に帰りますー。もうおうちに帰りたいのー。一緒に居てー」と大暴れして泣く。
あまりに泣くので先生たちもだんだん集まってくる。
コアラのように私に抱きつく天太をひっぺがしにやってくるのだ。
「天ちゃん、そんなに泣いたら、おかーさんも悲しくなっちゃうわよー。」なんて先生が言ったときにはもうすでに、
私は号泣していた。
「あらあらあら、おかーさんまで、大丈夫ですか?」と言われ、
「すんません。」と言って、そのまま逃げるようにして帰ってきました。
思いもよらないタイミングで、突然、涙が止まらなくなったりするのだ。

あかんあかんあかん。
気合い入れ直して、なんとか自分の時間捻出して、わたし、うた歌いたいのに。
髪を切って眼鏡を買った。
クレラップの宣伝の女の子みたいになりました。
冷静に、全然似合ってないけど、凄い気に入ってる。
これで今日も、全く新しい生活の続きを、はじめようと思います。


 








P R