みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
よーし やっタランチュラ。 / 2010年07月28日(水)
ここのところ、お昼を過ぎると、光化学スモッグの発生を知らせるトラックが毎日巡回している。
ここ10日間で熱中症による死亡者が120を超えたらしい。
ってこうやって文字にするとますます、
恐ろしいほどの暑さに、地球がのたうち回っておりますね。

実際、このくそ暑いのに、日中そこいらの道で道路工事や水道管工事が行われ、仕事があるのはいーけどさー
ガードマンのおっちゃんが日に日に焼き鳥(たれ)みたいになっていきます。大丈夫かね?危ないよ。

先日は連休を利用して、天太と大阪へ帰ってきた。
夏の大阪は大好きなんだけど、今回は正直ちょっとバテた。
母の入院する病院は、実家から電車で一時間ほどかかるところにあるため、毎日ベビーカーで電車を乗り換え、往復2時間の移動。
やっと着いたと思っても、入院病棟って、本当は、乳幼児はご遠慮くださいなのである。
ごまかしごまかしだましだましで時間を稼ぎながらのお見舞い。
それでも父の協力もあって、なんとかゆっくり母と話すことが出来た。
「あきらめないこと それがたったひとつの望みを叶える方法である。」
天太の大好きな、大根先生の言葉が身に染みる。
投薬治療がはじまって、太ももなんて、わたしの二の腕くらいしかなく、
今は自分で立ち上がることも、歩くことも困難な状況だけど、精一杯で、わたしにたくさんのエネルギーをくれた。
入院って、暇じゃーないかしら?なんて思っていたのだが、実際は、ぼんやり物思いにふける暇もなく、次の日が、次から次へとやってくるようだ。
戦っているのだなーと切に思った。

保育園での乱暴が続いて、困り者だった天太だが、突然、今度は慰めることにハマりだしたようだ。
テレビでタランチュラを見て、「ぎゃー!!」と雄叫びをあげていたら、駆け寄ってきて
「大丈夫よかーさん、もう終わるもう終わる」と頭を撫でてくれる。
どうしようもなくて、ずっと押し込めていたものがどっと溢れたのか、いっぱい泣いてしまった。

31日のライブまであと3日。
やろう。
みみずくずのいきざまとこれからを表現出来るチャンスなのだ!


 
ものいうおと / 2010年07月16日(金)
昨日は久しぶりのスタジオ。31日のライブリハ。バンド練習。あっという間の5時間でした!
思ったよりもいろいろ進んで、なんかまんぞく。
今回は、シンプルにドラムベースギターのロックバンド編成を予定していたのですが、なかなかベースが決まりません
でしたり、なかなかスケジュールが合いませんでしたりで、ほんとにライブ出来んのかなー?と不安になったりさえしていましたの。
で、見つけたベーシスト。
やばーい!めちゃくちゃいいベース。
スタジオで一発音出した瞬間、音が飛び込んできたんだよね。
音量じゃないんだけど、ほんと楽器って不思議です。
うふふふ。テンションあがるわぁー。
しかも美男子。Tちゃん。でもなぜか、気配が老人です。
これで、31日のライブに間違いない手応えを感じて、今朝もはよから妙にすっきりした目覚めでした。

天太が保育園で、女の子をおもちゃで殴って、怪我をさせてしまったようです。
もちろんごめんなさいと謝らせ、何度も言っては聞かせるものの、わかったんだかわかってないんだか。
「えーんえーんって泣いてた。」とひょうひょうとぬかします。
やるなら自分よりデカイやつと戦えよなー、年下の女の子泣かすなんて、ダサイぞ。天太!!!と言ってみても
「天ちゃんね、ダサイよぉ。」ですって。
先日も年下の男の子の指を噛んでしまったりと、先生からも注意され、ここのところそんなであちこちに謝ってばかりのわたしです。
家では割と普通なんだけど、どうしたもんかねー。なんかストレスあんのかなー?と夜な夜なPちゃんと相談していました。
Pちゃんが飲みの席で、子持ちの友達にも相談してみたところ、
「オレはわけもなく酔った林レイナに殴られた!」という人続出。
間違いなくわたしの遺伝子であるとの結論に至ってしまいました。ありゃりゃ。
酒ぐせ悪かったもんねー今更ですが、素直にごめんなさいします。

しかし、めくるめく日常。
ライブまでも2週間を切りました。
今日の東京は全く夏な感じの太陽。
今年は旅行に行きたいなー

 
ひとんちだーいすき / 2010年07月12日(月)
梅雨らしい雨、天太が寝たので、夕食の準備を済ませる。
オニオンスライスと新わかめのサラダ、鳥モモの酢醤油煮、青菜茹で、炒り豆腐、あとは鯵を一尾のまま塩焼きに。
老人みたいな食卓ですね。

先日はエビチャーハンのモーニング掲載のお知らせをしたところ、たくさんの人に目を読んで頂いたようで、
ありがとうございました。わざわざメールで感想くれた人なんかも居て、Pちゃんめちゃくちゃ励みになってると思います。
七夕の短冊には無理矢理、「みんなのけんこうとちちのれんさい」と書かされた天太でした。

ところがこれ、Pちゃん、連載獲得のために、講談社へ通い、次作漫画のネームで四苦八苦しているよう。
先日は夜中トイレに目が覚めると、カツ丼喰うか?の取り調べ室にあるような小さなスタンドライトひとつ。
テーブルの上に照らされた真白い紙を前に、ぼーぜんと宙を見る姿を発見してしまった。
2杯ほど焼酎を一緒に飲んで、そのまま先にまた眠るわたし。
ひとつの作品で賞をとることと、プロとして連載を持った漫画家になることとには、また違った関門がるようですね。
Pちゃんがいまいるところは、苦しそうだが、羨ましくもあるのでした。

昨日は十条の友達A子の家に行って、タイカレーをスパクリングワイン(赤)をごちそうになった。
よそんちへ行くと、どこへ行っても面白いなと思う。
いろんな家があって、いろんな生活がある。
みんな当たり前と思ってやっていることが、うちとは全然違ったりする。持っているものも違う。
広い家だとか、新しい家だとか、綺麗な部屋だとか、大きなソファーやテレビだとか。
うちは狭いし、子供も居るので、みんないいなーと思うのだけど、彼女の家ほど魅力的に感じる家はないと思う。
古い一軒家で水回りも悪そうだし、特別日当りがいいこともないのだけど、A子の家は明るい。
そこにあるものが全部、活き活きして見える。わいわいと楽しそうに生活していることがありありである。
「いらっしゃーい」と裸足でペタペタ歩きながら出てきて、丸っこい身体と丸っこい指で、魔法みたいにして、台所から美味しいものが
じゃんじゃん出てくる。ひょいっと押し入れからかわいらしいものが出て来たり、
今さっき道ばたで摘んできたみたいな花(ほんとは買ったと言っていた)がグラスにドカっと活けてあったり、
玄関に無造作にトランジスタラジオがぶら下げてあったりする。
帰り道、こんな家に産まれたら、毎日楽しいだろーなーとしみじみ思うのでした。

みみずくずものしのしと動いている。
HPのトップページの写真が変わった、←これは全くわたしの力じゃないですけどー。
顔がはっきりわかるアー写的なものに、ライブ写真が追加された。←アットランダムに写真がいろいろ出てきますよ。
躍動感溢れるライブ写真を見ていると、我々が『俺たちロックバンドだもんね!』と音楽していることが、みんなにも伝わりそうで嬉しい。
なんだかどんどん歳もとってきて、自分も夜が眠いとか体力落ちたとか思っていたら、ドラムのM田なんか54歳だし。
なかなか時間や金が捻出出来ず、いらいらする時もあるけど、ここまできたらもう焦っている場合でもない気がしてきた。
週に一二回スタジオ入って、無駄話して、月に数本ライブやって、活動してるバンドが羨ましいけど。
いまのボクらの現状は、ライブリハも贅沢なことは言ってられず、一日に詰め込みまくるので、みんなヘロヘロだったり、わたしの喉もヒーヒーだったりするけど、
じゃー何で勝負するのか?どうやったら我々にしか出来ない音楽を、せっかく来てくれたひとにはっとみせられるのか?何を共感出来るのか?
頭絞って考えながら、身体動かして、やってみせたいと思います。
7月31日は、東高円寺でお待ちしていますね。
今週は待ちに待ったリハだぜ。おもくそうたうぜ。ふふ。



 








P R