みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
エビチャーハン / 2010年06月26日(土)
えー曇りですね。身内事ではありますが、
天太の父Pちゃんの漫画が、ちばてつや賞というコンクールの入賞作品に選ばれました。
7月1日発売「モーニング」という雑誌に掲載されます。
ペンネームは「鈴ノ木ユウ」 タイトルは「エビチャーハン」
24日発売の今週号にも、受賞発表と、告知が載っております。

「ロックスターになる」と実家を出て、33歳で子供ができ、
「漫画家になる」と言い皆に引かれた僕が、親孝行のつもりで書きました。

んだそうです。確かに、わたし以外の皆が、彼の言動にひいていたよ。
当時身重のわたしは、羨ましくて地団駄を踏んでいました。
先日もお伝えしたとおり、週刊誌って読者からの投稿とかが大事なんだって。
この場を借りまして、みなさん、応援、叱咤激励、よろしくお願いします。
我が家はこういったファイトマネーの収入を、毎月の赤にあてて、生計を立てているわけです。
連載決まらないかなー。

そうしてわたしは、中野区健康診断の結果が思わしくなく、来週は大学病院まで行くはめに。
ひ弱も、もうちょっと細身で色白だったら絵になるんだけどねー。
自分丸顔ですから、説得力に欠けます。
また医療費かかるよーーーと朝から途方に暮れ、「あの子なら副収入になる仕事紹介してくれるかもなー?」と
つぶやいていたら、Pちゃんから4コマ漫画を書く事を勧められました。
「レイナなら出来るって!」とか「絵のウマい下手じゃないよ」とか言われ、
「何言ってんの?私歌手なんだからっ」と言いながら、結構その気になってネームを考える昼下がり。
今日は、シルバー派遣のじーちゃんの4コマ漫画をかきました。←何やってんだわたし。

バンドしようよバンド。
ってことで、7月のライブの準備も進めています。
初心に戻って、新しさと驚きを込めた音楽のライブショーをお見せいたします。

詳細決定しました!

風太郎企画二十弾「ハートブレイクモンスター」
日程:2010年7月31日(土)
場所:東高円寺U.F.O.CLUB
http://www.ufoclub.jp/
時間:OPEN/START - 18:30/19:00
料金:前売/当日 - ¥2,000/¥2,200(+1drink)
Live:みみずくず / UNI音 / MARIO
Show:Asian Beauty Project
芝居:木村ナナエと狼牙風風拳
DJ:Rie


 
巾着の中身 / 2010年06月24日(木)
暑いですね。
中野を歩いていたら、冷たい飲み物が飲みたくなって、そしたらちょうど行く先にベローチェがありました。
前を行く人達みんなが、そこへ向う気がして、人並みにまぎれて歩いていたら、ほんまに全員
ベローチェの赤い扉に吸い込まれていった。喉乾くよね。
珍しくコーヒーではなく、アイスティーの氷をカランコロン飲みながら、いとこのKちゃんに手紙を書きました。
久しぶりにキーボードでなく、自筆で文字を書くと、びびりますね。
漢字はわからへんわ、字汚いわっ、それでも小学生のように素直な気持ちを手紙にしたためられました。

2日前の朝「おかーさん」と起きてきた天太の顔をみると、もの凄いことに。
両目にびっしり目やにがはりついて、長い睫毛が絡み合い、目も開けられないほどでした。
んーいろいろ起こるね。
おかげで、眼科というところに久しぶりに行きましたわ。
抗菌目薬で、現在はおめめぱっちり、先日無事に二歳になりました。

Tちゃんが妙なレシピばかり教えてくれるので、その奇抜さに「えー!?ありえなーい。」と言うんだけど、
だんだん気になってしかたなくなり、聞いた次の日には、早くもついつい試してしまいます。
そんなでいま、油揚げに◯◯を詰め、巾着にする作業。
ウスターソースと酢でこれから煮込んでまいります。

天太父のPちゃんが漫画で賞をとりまして、モーニングという雑誌にそれが載ります。
主人公の顔が天太。
作品に、どれだけの時間と労力をつぎ込んでいるか知ってしまっているわたしは、ようやった!と頭を撫でてやりながらも、
賞金を、切り崩して我が家の生活費にあてます。
漫画って今だに、読者からの投稿命、みたいなこともあるらしく、みなさまどうぞ応援してください。
それは天太の血となり骨となり、わたしの音楽につぎ込める時間の元となるからでございます。
掲載の詳細も、ぜひとも報告させてもらいますね。


そんな近況でした。

7月、我慢出来なくなって、みみずくずのライブをきりました。
うーバンドやりたい!やらんと死ぬー!

 
天然ポカリ水 / 2010年06月18日(金)
目深にかぶった 帽子のツバがじゃまして
ななめに廻して クジラとキスをしたの


うー昔のわたしってば、ロマンティストだわねー。
そういえば、昔つきあっていた人に「おまえは顔が夢みてるんだよ」って言われた林レイナですが、
今じゃすっかり、自分の顔が、あまりに現実すぎて、鏡をみるたび吐き気がします。

昨日は夜、天太が寝た後仕事場まで、ずっと気になっていたこといろいろをすっきりさせようと、勇気を出して
ちゃりんこをこぎ、雇い主と、話し合いに行ってきました。
貴重な人生時間、情熱と愛情を持って、毎日を生きていく努力を、忘れたくないです。
日々ちっさなことが積み重なっていきますものね。
自分の不器用さと、天然ポカ度には呆れてものが言えませんが、だからこそ出来ることもあると信じて、
上を向いて歩こうと思います。

先日のライブに来てくれたひと ありがとう
次のみみずくずは やばいよ 引き続き乞うご期待

そして今日は朝から健康診断に行きました。
身長体重ウエスト周りを測定され、唖然。なにかの間違いのような数字が、書き込まれました。
痩せる!

単純だからさ、なんか、すっきり頭のもやも晴れ、頭痛も無痛な昼下がりです。
お?やっとこさ、雨が降りそう。
明日は天太の誕生日にかこつけて、うまいもんでも食べたいと思います。




 
ねーねー 猫さん / 2010年06月15日(火)
梅雨入りしましたね。
世間はワールドカップ一色なんでしょうか?
最近はわかっているのかいないのかよくわからない天太(もうすぐ2歳)と
二人で過ごす夜に慣れきってきたからでしょうか?
気がついたら道ばたで、犬猫にも普通に話しかけるようになっていました。ふと、慌てて周りを気にするわたし。
今週は仕事でダメだしの嵐に会い、起こられっぱなしの36歳おかーさん。
おほほほ、凹んで眠れず、毎朝5時起きです。

一ヶ月程前まで、食卓がなんかどうでもいいやー的になっていたのですが、あまりに体調も優れないため
野菜中心の食事とか、心がけています。
豆やら、根菜やら、常備食をタッパに蓄え、冷蔵庫に並べてほくそ笑んでいます。
大きなゴキブリの出現により、想像力が掻き立てられ、恐ろしくてさぶイボが立ち。
風呂、シンク、食品棚等々を整理して、四つん這いになって拭き掃除、いい汗かきました。

ほとんど外出をしなかった為、よく読み、よく聴き、よく歌い。
なんかちょっと想いが止まらない感じなので、ますますきっといい歌も歌えそうです。

わたしは紫のあじさいがずっと好きなんだけど、白いあじさいをみるとはっとしますね。
今年はまだ、白いのには遭遇してないんだけど、いろんな色のを見て、はっとした気持ちを思い出すのです。
高円寺辺りも長いので、どの辺にどの色のあじさいが咲くかもだいたい覚えてしまって、
「咲いたんだー、去年よりちょっと青色薄くねー?」と、勝手に他人の庭の花にまで話しかけては、
通りすがりのおばはんに、メンチ切られた今日でした。

とりとめもなくても、いいよね?
もう、明日のことですね、下北沢ライブ来てね。
ひさしぶりにあそこでうどんでも食べようかなー。

 
ぼくのうのうみそ / 2010年06月10日(木)
暑いですねー。
まだ6月。
これからますますな3ヶ月ほどは、どうなるのですかね?

今日は脳神経外科に行きました。
7000円の安心料は高いけど、わたしの脳みそはちゃんと人並みにありました。ほっ。
そうしてそれを包む頭蓋骨は、右側へ大きく膨らむ形でずれ込み、それを支える首の骨は、
本来の海老反りと全く逆のカーブを描く程、湾曲しておりました。
頭重いんだよねー。
口は軽いんだけどさー。

こう天気がいいと、スカッとしたいよね。
とか思うんだけど、ブラウンバニーのサントラとか聞いちゃって、
ゲロ吐きそうな昼下がり、思わぬ出費をカバーするため、節約餃子をせっせと包むのでした。

来週はライブだなー。
ってことで、風邪、発熱中の中、昨日は、コーへイくんとスタジオに入りました。
で、思ったことっていえば。
コーへイのギターってば、やっぱし、わたしにとって、特別なんだよね。
今からキモイこと言いますけど、いいですか?
誰がなんと言おうと、それは他の何ものにも代え難いんであります。
特別歌い易いギターなわけでも、メラメラにテクニシャンなわけでもないと思うんだけど、不思議です。
それが15年ほどのともに歩んだ道のりの賜物なのか、前世からの運命の出会いなのか、全くの思い込みなのかさてはて。
でも面白いくらいにフィットする時があって、他のひととでは作れない音空間がやっぱし出来るんだと思う。
誰も言ってくんないから自分で言っちゃうけどね。
そうしてわたしの脳みその扉がパタパタって開き出して、瞬間のひらめきとか、ずっと忘れてた思い出とかがポロポロっと
声になって現れるわけなんです。で、右側ばっか膨らんじゃったりしてるのかな?

とにかくそんな瞬間を多々、お見せ出来るよう、16日までは精進するのみです。
出順が遅いらしく、飲み過ぎないように気をつけなくてはなりませんが、ぜひとも、お見せしたいです。

 
やりなおしのきかないこと / 2010年06月03日(木)
ほんとうに人生ってやつってば、底はかとしれないものですね。
長いんだか短いんだかあっという間なんだかねっとりとなんだか、わけがわからないまま気がつけば30半ばも過ぎ、
子供まで産んで新しい家族を作って寝起きしている。
なんとなく同じことの繰り返しのような毎日の時間は、瞬間の連続であって、二度と同じ瞬間なんて訪れないのであるからして
つまりは元に戻ってとっかえひっかえ出来るようなことなど、何ひとつないのが当たり前のことなんである。
別に人生を振り返っても後悔するようなことはないし、やり直しがきくと言われても、歩くのにさえ精一杯な2歳児になど
戻りたくもないし、10代20代に戻って学校やら受験やら面倒な青春をもう一度やってみたいとも思わないんだけど。
そうゆう当たり前のことってなんとなしにわかっているようでほんとうにわかっているのかな?自分と、ふと、思ったりするわけです。

昨日は、久しぶりに下北沢までレコーディングに。
その後高円寺でスタジオ練習に、音楽にたくさん時間を避けた一日だった。
レコーディングは、今度の16日の下北沢251のブッキングライブで、お客さんに配布する用のものだ。
251の店長のKちゃんが、「一発撮りのアコースティック音源を」というコンセプトで、出演者に依頼してくれたものである。
いやー勉強になりますね。
最近の録音は、いつもはコーへイとふたりでやっていて、軽く練習した後、何度か歌ってみて、一番良いテイクを元に、
いくつかのテイクから、彼に良いところをセレクトしてもらう。という方法を、とっているわけです。
まー神経質にピッチを気にして細かく切り貼りするようなことはなくとも、一回のテイクで、いいとこだせればそれでよし!
ってのが、染み付いていたわけなんですね。
やり直しのきくのがわかってての一本勝負と、正真正銘の一発勝負ってのはさ、やっぱ違うよね。
結局、ふたつのテイクからどちらがいいかしら?ということになって、Kちゃんが決めてくれました。
私的には彼が選んだのでない方のが、ドラマティックでいいんじゃないかしら?と思ったんだけど、時間が自然に流れる感じだったりとか、
歌いはじめのムードだったりとかで、もう一本の方のテイクに決めて、あの曲のアコースティックバージョンが、収録されたわけです。
昔だったら、自分の意見をごり押ししていたかもしれないんだけど、最近は、
「このTシャツ大好きだから、誰がなんと言おうと、私これを着る!」ってよりは、
「以外とこっちの方が似合うから、これ着れば?」と言われる方を、着てみたりする。
そうゆう感じです。

だけどライブってなるとさ、また別なんだよね。
だからライブってさ、好きなんだよね。
どーやこーや言うまでもなく、
正真正銘の一発勝負で、思い切りやりたいと思います。
来てね!


CLUB251presents "Girls from NANAIRO-LIFE?Aco ver."
日時:6月16日(水)
場所:下北沢CLUB251( http://www.club251.co.jp/index2.html )
開場:18時半 開演:19時
前売:¥2,000 当日:2,500 (ともに別途ドリンク代)
出演:みみずくず(林レイナ&曽谷コウヘイ)/扇愛奈/リリーガガ/平絵里香/松井紗来(from soca) /silent flow
※来場者特典あり!!!




なんやかんやで、そうこうしてるうちに、あと2週間で、天太が2歳なんだって。
しかも今日はいまから、懇談会とやらです。
面倒くさいけど、年に2回ほどのものだし、シャワーを浴びて、酒抜いて、アロハでも着て行ってきますわ。




 








P R