みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
土曜日限定 鈴木です! / 2008年10月28日(火)
無印良品で、ベビー服を物色していると、後ろから怪しい気配がした。
振り向くと、新喜劇の寛平ちゃんばりに、長い棒を振り回しながら、奇声を発しているおじさんが、
こちらに向って突進してくるではないか。明らかに、正気ではないその姿に慌てて、腰が抜けそうになる。
とにかく息子をベビーカーから抱き上げて救出し、走って逃げる。
どこかに居るはずのPちゃんを探すが見当たらない。
走り去った後に残されたベビーカーが、おっさんによってボロボロに分解われている。
少し遅れて駆けつけて来た定員に、取り押さえられるおっさん。
騒々しさに走ってきたPちゃんに泣きつく。
「おねーちゃんから買ってもらった高価なベビーカーがバラバラにnなっちゃって、天太だけは無事なんだけど、おっさんが。。。」
とわたしの言葉を最後まで聞かないうちに、おっさん目がけて走り出すPちゃん。
温和なPちゃんの背中が、怒りで燃えている。
遠目で見ていると、定員と一緒になって、おっさんをボコボコにしばいているPちゃん。
「あかんって、そのおっさんは、きっと病気やから、仕方ないかもしれん。仕方ないことないけど、殴ったらあかん。
蹴ったらーもっとあかん。暴力はあかんー!!!」
天太を安全な場所に置いて、止めに行こうとするがうまくいかない。
Pちゃんとおっさんが気になって、天太からほんの一瞬、目を離す。
ちょっといい子にしててね、と頭なでなで言おうとして、瞬間凍りつく。
ぷくぷくの桃のようなほっぺたが、一瞬にしてしわくちゃの干し柿のように。
寝かしつけたはずの天太の姿が、老人の顔にすり替わっているではないか。
「天太ー!!!」と叫びながら、老人の顔を揺する。
みるみるうちにますます年老いて、どんどん腐敗していく老人の姿に、ぎゃーーー!!!と雄叫びをあげながら、
目が覚めた。
汗びちょであった。
悪い夢を見る癖は治ったかと思っていたのに、我ながら見事なストーリーである。
久しぶりに目が覚めても、なかなか、現実の世界に戻って来れないほどである。
ぼんやり昼食を食べていると、
「大丈夫ー?」とPちゃん。
「あー大丈夫じゃないねー。」とわたし。
「『眠いんだよ!!!』って言って、朝、箸投げたもんね。」
「???すいません、朝のこと?全く記憶にございません。」
疲労が困憊しているのであろうか?積もりに積もった寝不足のせいであろうか?
天太を守ってやらなければ、私が育てていかなければ、という不安が夢に滑り込んできたのだろうか?

日が登り、冷静に考えると、多分、寝る前に豆を食べすぎただけであろうと、思える。
日曜日は高円寺フェスティバルであった。
せっかくのお祭りということで、息子を抱きながら、少し歌った。
小さいけど、久しぶりのステージであった。
楽しく歌った後にも、少し、考えてしまった。
まさか自分が子供を抱いて、歌を歌うようになるとは。
やはり自分は、歌いながら、みるみると変わって行くものの中でも、ずっと変わらないものを探しているように思う。
探しながらも、歌い続けていかなければいけない。
きっと歌い続けることの中に、それがある気がするのである。

ソロですが、復帰をライブやります!

風太郎ぷれぜんつ
「土曜日の鈴木さん」 〜最強の3マンライブ〜

阿佐ヶ谷NEXT SUNDAY
(http://nextsunday.jp/)
2008年11月22日(土)
OPEN/START - 18:30/19:00
前売/当日 - ¥1,500/¥1,800(+drink¥200〜)
出演 - 林レイナ/sola/藤本大祐
Opening Act - たつまさ

 
秋の音連れ / 2008年10月16日(木)
秋晴れですねー。
ここしばらくは、育児に追われてをいい事にして、気がつけば、ちーっとも日記を更新しておりませんでした。
いつも覗いてくれているかた、ごめんね、ありがとう。
しかし10月の晴れ空ってば、本当にからっとしていて、気持ちがいいですね。
洗濯が進みます。
洗えども洗えども、オシッコちゃーのウンコぶぃーだったりするので、毎日気持ち良く晴れてくれるだけで、
少しはココロも弾みます。

息子の気分も、天気のようにコロコロと変わるものの、なんとなしに、以前よりも生活にリズムというものが出てきました。
だいたい朝は5時半から、6時あたりに一発、「腹減って死ぬー!!!」と、泣きます。
おっぱい飲んで、おしめを替えて、朝の散歩。
小一時間ほどだっこ紐に入れて歩いて、帰ってきます。
ほいほいあやしながら、だましだましに家事をやりつつ。
そうすっと今度は「眠いんだけどー!!!」と、泣きます。
こんな時は、先日Hちゃんからもらったバランスボール。
これに乗って、だっこしながらゆっさゆっさする。そのうち、がくんと、落ちるように、寝ます。
後は日暮れまで、家に居るうちは、ずっとこんなの繰り返しです。
なので最近は、日中どこかへ連れて出て、刺激を与えて、疲れさせてあげないと、夜、エラいことになるのです。
「眠れない眠れない眠れないーーー。」になっちゃうわけ。
そんなで、有り難いことに、彼の方は、とにかく元気が有り余っているようです。
で、私はといえば、彼ががくんと落ちた数時間の間に、なんとか自分のやりたいことをやるわけです。

眠いです。
わたしは勝手神経質なゆえ、細切れに昼寝などするとかいうことが出来ません。
きちんと寝間着に着替えて、布団を被って横になっても、水道の蛇口から、ぽちゃぽちゃ水が垂れる音なんかが気になって、
わざわざ止めに行くという、とっても面倒くさいタイプなのです、
コンビニで体力とか睡眠が売っていたら、即買いです。どんなにいいかと思いますね。
しかも、キンモクセイの仕業でしょうか?
この季節はやたらと、具合が悪いです。
もともと持っているアレルギーが悪化して、粘膜という粘膜が腫れます。
ぐずぐずのずるずる状態になりながら、息子をどやしたり、頬ずりしたりしながら、ぼんやり考えます。
次の自由時間に、何をしようかしら?
30分とか、1時間とか、彼が眠る間のこの限られた自由時間の中で、手にとることが、自分の本当に好きなことなのかもしれませんね。
ま、好きなことはなんとしでも、気がつけばやるっちゅうことですね!
「おっぱいブルース」を創りました。
子守唄的に良く歌っています。
早くステージで歌いたいです。
そうして、復帰ソロライブまで後一ヶ月。
去年の今頃は、Gスポーツなんて言って、テニスウエアーにサンバイザー被って、アホなギター弾いてましたからねー。
あれから一年、わたしの人生に、予想もしなかったことが、ひっきりなしに訪れました。
どんな歌を歌うつもりなんでしょ?自分でもまださっぱりわかりません。
久しぶりのライブは、なかなかにどきどきします。

 








P R