みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
産まれたよ! / 2008年06月28日(土)
6月19日 午後9時23分 体重3330グラム 身長51センチ 

元気な男の子が無事産まれました。
名前は『天太』と言います。

出産も、産後の身体も、子供の存在も、全てが予想以上で、
私からの報告も随分遅れてしまいました。
とにかく、赤ちゃんはすこぶる元気な、健康優良児です!
かけがえのないものを手にした喜びに感謝しつつ、改めて、何ごともみなさまのおかげです!

いやー、赤ちゃん時間の流れるスピードは素晴らしく早く、
毎日あっという間に過ぎていきますねー。
わたしの方は、まだまだ産後のダメージが大きく、下半身がー、イカの下足状態。
腰ぬけで、そこのトイレに歩いていくのにも、ヨロヨロと。
それでも先日、我が子を脇に昼寝して、目が覚めると、おっぱいが通常の3倍に膨れ上がっていました!林 レイナ的にあり得ない事実に驚愕しつつ、母乳開始だ!!!
焦らず、ゆっくり、楽しんで子育てして行きたいと思っています。

妊娠、出産に関して、たくさんのコメント、メール等々、おめでとうの声を頂きました。
みなさまの暖かい想いをしかと、より一層すくすく育ってくれると思います。
改めて、ありがとうございます。
ではでは、追って、40時間の難産奮闘記や、子育て日誌など、このブログ
でも、お伝えしていきますねー。

 
っう! ぅまれない!!! / 2008年06月13日(金)
梅雨入りしたかな?雨、降るのかなー?と思いつつ、持ちこたえる天気。
洗濯日和が続く。
予定日より一週間を経過。
今日も妊婦検診だった。
まだ 産まれない。
内診の結果から、もう少しかかるかもしれない!?と言われました。
そうですか?と余裕顔して返事したら、
かもしれない。ので、遠出はしないように!とも言われました。
40週を超えると心配になってくる羊水量などにも問題はなく、赤ちゃんも元気なので、自然に陣痛がくるまで、
もう少し待ってみましょう。ということです。

この時期の妊婦は結構、辛いらしい。
母親を初め、お産が遅れた人の話を聞くと、みんなからそんな返事が帰ってくる。
どんどん膨らむ風船が、きゃーいつ破裂するー?って具合に張りつめている状態。つまりはおなかの方が、
もう限界の大きさに達しているうえに、それまで、安静に。と言われていた人も、突然に、お産を早めるため、
よく運動してください。となる。
特に、散歩、階段、スクワット?などをお勧めされる。
普段の体重から、+10キロでのこの手の運動は、正直、膝にくる。
予定日なんてものが定められているため、廻りからの期待が、募る。
有り難い話なのであるが、なんとなく、早く産まなきゃ的プレッシャーが、募る。
少々苦しいものの、あちこちから聞く話と比べると、わたしなんて、あらゆる面で、ぜんぜんよい方
なんですねーと思える。
から頑張ろう。

こうなったら気長に待つしかない!と腹を据え、改めて、読書と映画鑑賞の日々。
海外ドラマのERをはじめ、久しぶりに新刊の小説も買った。
押し入れから、ギターも引っぱりだしてきた。
久しぶりに、ギターを弾きながら歌をうたう。
座って構えると、おなかにぴったりとギターが張り付く形になるので、ウルサいのだろうか?
赤ちゃんが、踊っているのか、怒っているのか、大暴れしている。
ギターが膝からこぼれるほどに、おなかをキックしてくる。
早くも反抗期だったりして。今晩はいつ出てくるつもりなのか?とおなかの子とミーティングである。

先日の久米宏スペシャルを見て思う。わたしは、全くに、新日本人と旧日本人?の間なのである。
秋葉原の事件を観て、思う。犯人に対する激しい怒りがこみ上げるが、たったひとりのキ◯ガイの仕業では、
もう片付けられない社会の問題。
スーパーへ行くのに、エコ袋を忘れて、取りに戻る。人類が進化しようとはじめたことから、ここまできている地球の問題。

産まれて来る子供のことを考えると、決して明るいとは思えない事件ばかりが、思い浮かぶ。
が、こんな時代だから、見えてくることが、きっとたくさんあるとも、思う。
たくましく、生きてみせたい。

「おい、きみ。産まれたら、はじまるよ。」

 








P R