みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
デンジャラス バイオレット / 2008年03月31日(月)
なんとか、ひとつづつ、やろうとしていたことが、かたづいてきた。
役所や病院などの手続き、本休止までのみみずくず業務のあれこれ、気になっていた人への挨拶(これは、ほんの数人しか出来なかったが)
引っ越し後の後片付け、豊田道倫のライブ。

後数日で、里帰り出産の為一時大阪へ。
母の家に、しばらく住まわしてもらって、出産へのカウントダウンである。
母の家は、北大阪急行、緑地公園駅のすぐそばである。
緑地公園はこの季節、わざわざ遠方から皆がどやどや集まってくるほどに、草花が咲き乱れる。
部屋の中も、もちろん、うちとは比べものにならないほどに広いし快適。
親子喧嘩さえしなければ、環境的には抜群でないの?と思う。
妊婦のお仕事、お散歩が楽しみですなー。

そうして、大阪でわたしが出産する病院というのが、なぜだか、とってもドメスティックバイオレンス問題に力を入れているらしい。
以前分娩予約に訪れたときも、わたしが未婚の母であるということもあって、執拗に何度も、同じ質問をされた。

「なぜ、籍は入れてないのかな?」
「ひょっとして、旦那さんから、暴力とか、性的行為を強要されたりとか、してませんよね?」
「同じことの繰り返しだけどね、10回めの質問で、やっとほんとのこと、答えられるひともいるんですよ。大丈夫?」

子どもの父親であるPちゃんは、暴力はもちろん、大声さえめったと出さない、借りてきたネコのような人である。
暴力といえば、わたしの方が時々、ブチ切れて、そこいらのものを投げたりするだけ。
投げたりするだけ?まーいいとして。
それでもPちゃんの方は必ず、「悪いのは僕です。あなたは正しい!」の一点張りだから、これはもう最強の作戦である。
よって、喧嘩のひとつもしたことがない我々である。

少なくとも、後、4、5回は同じ質問をします!と言っていた病院側。また聞かれるんだろうなー。
おもしろ回答でも用意しないとな、と思っていたら、友達のおかぁさんの話を聞いて、ウケたのがあった。
家庭内暴力を受けている近所の娘さんに、相談を受け、説得にあたる間中、そのおかーちゃん、DVのことを、EDと言っていたそうだ。
あまりの熱弁ぶりに、その場では、まわりも誰も突っ込めなかったらしい。
井上くんのおかぁさん、それちょっと拝借いたしますね!

EDもDVも深刻な問題ではありますが。
そういえば、今まで、わたくしもいろんな恋をしてきた。
この世が水中のように苦しかった想いや、頭の中で炭酸がはじけたような好きという気持ちを、知れて良かったと思う。
死んだことにしても忘れられない人、とっくになかったことにしてしまった人。
全部はもう、池の鯉です。終わったことです。
みんないい男だったな。
みなさん、お元気ですか?ごきげんよう。
ほいでも、冷静に考えると、DVの危険性がなかった相手というのは、Pちゃんを入れて、ふたりほどである。
あはは(笑)ひょっとして、わたしってDVに関して、危ないタイプなのであろうか?
もちのろんね、暴力はいけないことであるし、女に手をあげる男なんて、一番最低だけど、
ガチンコであったなーと思う。
本気で、見つめ合って、向き合おうとしてたんだよなーと思う。


朝からの雨も上がって、今、雲の切れ間に太陽が。。。
今日の夕飯は、焼きうどん。昨日の豆乳なべの残り野菜で、絶対的に焼きうどんである。

 
ただいま 逆子中 / 2008年03月23日(日)
キャーーーーー!!!
マッ昼間の商店街、大声を出して全速力で走り抜ける成人男性を発見。ますますの春ですのー。
わたしも毎日、あさりと菜の花ばかり食べて春気分を盛り上げている。
新たま、新キャベ、新牛蒡。どれもええなー。
パリーグも開幕したし、高校野球も始ったし、近所のネコ達も集会を開いている。
昨日は満月でしたね、ネコの日でありますね。
わたくしネコアレルギーだけれど。ネコがすき。

先日は、東京では最後になる予定の、妊婦検診があった。
いつもは3秒検診のはずのA先生が、5分ほどかかっている。←それでも5分ほど。
「ん?んー。逆子ですね!でも大丈夫ですよ。他は順調です!」
と言われ、逆子体操を勧められた。

わたしは、小さいころから、特発性血小板減少症という病気を持っているため、
普段から、血小板が普通の人の3分の一くらいしかない。
具合が悪いときには、それが数十分の一以下ほどになってしまって、入院などしていた。
入院していたときの数値では、医学書によると、血が止まらなくなり、身体中に紫斑ができ、
歯茎などからも血が吹き出し、死にます!みたいなことだったが。
実際のわたしは、平気だった。
入院して、肺炎を起こし、少々苦しい想いこそしたものの、
隣のじじーのいびきがうるさいだの、病院食がまずくて食えないだの、頭を洗わせろ!だの言って、
全然平気だった。不思議と止血検査でも、血が止まるのだ。
その時も、その後も、結局検査を重ねても、わからないことはわからないまま。
数値の方は、良くなったり、悪くなったり。
わたしはいつしか自分でこう決めた。ひとの身体はそれぞれである。
わたしはわたし。これで、普通なのであある。

妊娠を知らせたとき、医者の友達が、血液関係がしっかりしている大学病院を勧めてくれた。
本当は、なんとなく、小さめの親切な産院とかで、丁寧に見てもらって、手をとりあい、出産!
なんてのを希望していたのだが、やはし、心配になり、友達の言うとおりにすることにした。

帝王切開にならなければ、大丈夫です!手術にならなければ、問題ないです!

まず言われたのがこれだった。
帝王切開になって、手術になったら、どうなるのだろう???

だけに、ちと、逆子という言葉に慌ててしまったわたし。
Pちゃんもそれを聞くなり、真っ青な顔をして黙り込む。
「回れ!!!」「んー廻れ!!」と腹に向って、毎日、変なビームを飛ばしているよう。
冷ややかな視線でそれを返し、
悪化する腰痛を抱えながらもムキになって、逆子体操するわたしであった。

またまた医者の友達に、相談するも、ひっくりこけてしまった。
「あ、あの体操、あんまりせんでええよ。」
その体操にあまり意味のないことが、近年ほうぼうで発表され、最近では、わざわざ勧めない病院も増えているそうなのだ。
結局、なぜ、逆子になってしまうのか?は謎のままーーーなんだそうです。
悪化した、腰痛を返せ!!!という気分。
そんなわけで、35週以降で外回転という外からお子を廻す治療があることや、お灸などもあんまり無駄であることや、
いろいろ聞いて納得をした。
プカプカとただ浮いていられるのも、後、2ヶ月ほどでおしまい。その瞬間から、肺呼吸が始るんやでー。
おなかの子にも、
「今はええ、スキな方向いて、スキにしときー。」と言ってやる余裕が出来ました。

大阪へ里帰りする日までも、2週間を切った。
もうすでに、その前日あたりまで、かなり予定を入れてしまっている。
明日はヨシンバ、明後日は、パラガ。
その後、最後の大仕事は、東京の大ボスふたりに、今回の一連の報告をしにいく予定だ。
それは、自分の中のけじめのような作業でもある。
いよいよですな。

あ、今、柔らかい夕方の風に、レースのカーテンが揺れている。
今日は、大好きな友達の誕生日。
春に産まれたあの子のように、人の気持ちのわかる子に育ってくれたら、ええなーと思うのです。



はるかときよみとハーブキャンディー

 
終わりにするまではね / 2008年03月10日(月)
「夢は諦めなければ、必ず叶う。」かどうかはわからないけれど、終わりにするまでは、続いていくのである。
昨日はテレビのチャンネルを斜め廻しにして高橋尚子に、夢中だった。
もちろん、ずっと応援しながら見ていたので、びっくりしてしまったし、ショックでもあったが、
勝ち負けでないところで、勇気をもらった。
どうか、引退宣言しないでくれ!と懇願しながら会見を見ていた。

一昨日の内藤選手の試合も良かった。
ボクシングのことはよくわからないので、あんな構えして、大振りで、腹のガード全開で、大丈夫なの?と最初はハラハラして
いたが、じーっと見るうち、その意味がだんだんわかってきた。
相手に自分のボクシングをさせないように、時間をかけて、追いつめていたのだ。
あまりに強すぎるボクサーだと、KOで勝利するため、後半戦を知らないのかもしれない。
判定だったけど、執念で勝った。いい試合だったと思う。

産後、育児をしながら、戦う自分を想像して、闘志を燃やす、妙な妊婦である。

毎日3食御飯を作って、後片付けをして、時間差で不規則に帰ってくるPちゃんの分も用意して。。。とやっていると
一日中台所仕事である。が、嫌いじゃない。
仕事を辞めて、酒もタバコも辞めて、こんな生活は産まれて初めてなんじゃないかと思う。
ストレスのないことにボケるんじゃないの?との不安もあったのだが、これがこれが、
毎日その日のうちにやる事を決めては、それをこなし、あらま。
私って案外、実は堅実?な性格なんじゃないかと、さえ思う。
そして、何より、日中、自分の頭の中を誰にも邪魔されない状態。これは今後のわたしにとって、貴重な蓄えとなるであろう。
そんなで、毎日、そうとう楽しんじゃってまーす!

絶え間なくレコードを廻しながら、煮込み料理の合間に、洗濯の合間に、目につく書物をむさぼり読んだり、レンタルビデオに足げく通っている。
改めて、ひんやりして見てみると、自分の好みが良くわかる。
とにかく、わたしは、隙間があれば、自分のココロが揺さぶられることを、渇望しているわけで、やんわり癒されたいわけではないのである。
一般的に言えば、どうなのか?というものでも、求めているものに出会えた時は至福の時なのである。
胎教に良い悪いの話をすれば、きっと良いのである。
あーそして、早くも、もう歌いたいなー。

よくわからないままに始めたミクシーが、よくわからないことになっている。つきあい方がよくわからないのだ。
なんだか、面倒臭くて、辞めてしまおうかとも思ったが、模索しつつ、もう少し、続けることにした。
ここしばらくは、このHPの日記の文章をそのまま載せていたのだが、せっかく今は時間もあるので、こまめに別口で更新している。
ので、毎日わたしが、3食何を食べているのかまで、是非知りたいと思ってくれた方は、そちらへもどうぞお来しー。
マイミク申請してください。本名で出ています!

 
幸せ恐怖症 / 2008年03月03日(月)
幸せ恐怖症。
みみずくずドラムのM田は昔、わたしのことをそう呼んだ。
実際、今思い出すと、アホちゃうか?と思うほどの、幸せ感に対する臆病っぷりがあった。
例えばの話。
誰かから優しくされたり、プレゼントをもらったりすると、嬉しい!
嬉しいんだけど、喜びながらも、そわそわしてしまうの。
その分の悪い事がどこで起きるのか?びくびくしてしまうのだ。
例えばの話。
誰かがとってもわたしの事をリスペクトしてくれたりする。
この人、ほんまは他に言いたいことがあるから、先にいい事から言っておいて後から。。。
という具合に、なんか裏があるんじゃあないか?と思ってしまう。
もしくは、絶対、こんなウマい話、本心じゃないな!と勝手に、決めつけたりする。

幸せな時から、その幸せが逃げて言ってしまう時のことを想像して、もう、怖いのだ。
幸せになるための、なんの努力もしていない証拠であろう。
こんなん長続きするわけがない幸せ。
大大好きな彼と、想いを確認し合い、めでたくつきあい初めた時には、死ぬかと思った。
恐ろしすぎて、一睡も出来なくなってしまったのだ。

幸せそうな家族が、日曜日にボーダーのTシャツを着て、成城石井やなんかで買い物するのを見るのが大嫌いで、
どうせ、張りぼてでしょ?とメンチを切ったり、
無印良品や、今井美樹の笑顔を見ては、いらいらばかりしていた。
来る日も来る日も、ぼやきながら、焼酎片手に、焼き鳥おやじだったのだ。

疑い深く、小心者なのかと言えば、そうでもなくて、アバウトちゃん。
拾ったお金で、黙っておばーちゃんにプレゼントを買ったり、←カツオかよ!
酔っぱらって、街のそこいら中でっぱりと喧嘩したり、(もちろん負けて血まみれ)
しても、へへへと、まぁそんなんもアリやろ?と笑って済ましたりしていた。

微妙なバランスである。
ほいでもアホやなぁーと思う。
恐れたところで、来る時は、来るのに。
もったいないなーその瞬間。
びくびくするほど簡単に、幸せになれるなら、誰も苦労せーへんの。

幸せは歩いてこない♪だから歩いていくんだね♪

チーターやって言ってるやんか。
だからって、もっともっと、両手を精一杯延ばして、背伸びしてでも、手に入れるものなのだろうか?

産まれてくる子供のことを考えたり、喫茶店でお茶飲んだり、玄米炊いて、フルーツ剥いて。
あかん。金がない!暇かない!仕事がない!父親は頼りない!
先の見えないことだらけで、不安なことだらけやー。けど、あかん。
今わたし、幸せかもしれへん?
普通ーにあれこれ、おなかに向って話かける自分が居る。
なんや、この感じ?胸が詰まるような感覚。

昔から、映画なんか見ると、いつも思っていた。
夢を追う主人公の男の子が、いろいろな経験をしながら成長していくストーリー。
初めのうちは、瞳を揺らして、未来に夢膨らむ主人公も、途中で必ず、人生とは、そう簡単に思うようにいかないことを知る。
一度は、志なかばに、夢を諦めそうになり、やけを起こして自暴自棄になる。
そんな時、落ちぶれて、めちゃくちゃやってる時に、隣で寝ている阿呆のアバズレ女。
途中のエキセントリックなシーンとかで、ぱっとだけしか出てこないからっぽ風女。
自分のことを、そんなんかなーと思っていた。
あの女の人、あのシーンでおっぱいポロロンした後、どこ行ったんやろう?と思っていた。

はー、まさかの私が、かーちゃんになるとはねー。
感慨深いわー。
なんてね、充実した気持ちの夜もあるのです!すいませんノロケでしたか?
後は必死になって、この幸せの予感を、現実のものとして、育てていかんなあかんの。

せっかくラスト勤務も終わり、ゆっくりしようと、決め込んでいたのにな。
焦ってしまう。自分の時間がなくなるのは、何より怖いよー
今しか出来ないことがいっぱいあるかも?
そんなんで焦って、口の中ばかり噛んでいる。少々腫れてしまって、同じとこばっかまた噛んでしまうのです。
あれ?恐怖症、あんま治ってない?

 








P R