みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
おニュー! / 2008年01月22日(火)
みなさん こんにちは。
新しくなったHP、どうですか???
私的には、かなりの満足度でして、(まぁパソに弱い私は、自分ではほんのお絵描きしかしていないのですが。)
何度もトップページに戻って、怪しい動きの3人をにんまり見つめております。
今後とも末永くご贔屓のほどを、ひとつよろしく!!!

録音終了。
先日、次回発売予定音源の撮り音の全てが終了した。
お疲れさまでーす!
まぁ今回のわたしの出番は作詞と歌入れなんだけども、いやぁほっとしましたね。
どんなにおなかの子供が大切でも、順調でも、なんだろ?
落ち着かないんですねーこっちに手応えがないと。私が落ち着かないとBabyちゃんも落ち着けるわけないわけで。
ってことで、母子共に、しばしのネコ伸びです。ニャー。
で、できばえは?と言えば、面白いんですよ!今回。とだけ言っておきます。
今はしこたま溜め込んだ音魂を持ったコーヘイくんが、夜な夜な眠い目こすって格闘しています。

安定期に入って、かなり活動的になった。
先日は、Y氏のお誘いで、近所のカフェの閉店パーティーなるもので歌ったり、(人前での生歌は久しぶり)
レコーディングしながら、引っ越しの契約で不動産屋へ通ったり、もろもろの変更手続きで、市役所へ通ったり週間であった。
仕事と家事をこなしながらやで?いやぁ、頑張ってるオレ!
ほいでも、一日に一回くらいは、とっても具合が悪くなってしまい、「うーーー。」と倒れ込むようにベッドへ。
パジャマに着替えて、布団に入った途端、「待ってましたー!」とばかりにおなかの中が暴れ出す。
そっか、わたしがこんなに動きまくってちゃ、今度は君が動けないってわけね。すまんすまん。
想像してみてください。
おなかの中に池があって、その中から鯉がピチピチ跳ねてくるところを。
実際はまだ、ブルーギルくらいの大きさかもしらんが。←例え悪いか!?

前にも増して、母親とよく電話で話すようになった。
これだけ心配かけているから、当たり前だけど、現状報告をしている。
と言ってもこれまた、安心させられるような報告はあんまりなくって、現状なんて話していると、
あまりの不安定な未来に、こっちも参ってしまうのだけど。
最近よく、自分が若い頃母親にしてきたことについて考える。
考えざるを得ないと言ったところかしら?
反抗期?と言っていいのかわからないが、全く、母の話を聞かない時期があった。
働きながら、一生懸命わたしを食べさせて、育ててくれている母だったろうに、その頃の私は、母親の言うこと全ての逆を行ったのだ。
ムキになって羽を拡げては、わたしを保護しようとする母と、いかにその間を擦り抜けて、どこかへ行こうとするわたし。
タバコを吸っているのを、見つかったのは、確か中学生だった。
「ちょっと興味で、吸ってみたかったの。」と言ってみたのはいいが、ベッドの下からは灰皿満タンの吸い殻と、ワンカートンの買い置きタバコ。
「みえみえやねん!!!」頭を叩かれた。
夜中に家を抜け出すようになった。
玄関に一番近い場所を、子供部屋に。と懇願しては、布団の中に人形を詰めて出かけるのだ。←その幼稚な手口は、いったいどこで覚えたのだろう?
朝までにこっそり帰るつもりが、遊びが楽しくて間にあわない。
「友達の犬が行方不明で、探しに行ってたのよー」今度はいい線言ってるかと思ったが、ダメだった。
「どこの?誰?なんて名前の犬なの?」
「桃山台のKくんの、ネコって名前の。」
「あーあー、あのこの間、死んじゃったって言ってた犬ね!!!」
戦いは続いた。
どんな嘘を付こうが、バレて殴られようが、始めっから全くに、言う事を聞く気がないのだから、終わる訳がないのである。
わたしはあの時、どこへ行きたかったのだろう?
さっぱりわからないが、大したところではなさそうだ。
花火をしたり、海へ行ったり、キスをしたり、そんな程度じゃなかったのかしら?
(あんまし覚えてないんだよな。)
きっとその頃のわたしに、誰が何を言っても無駄なのであろう。
ただ母親の知らないところで、母親の知らないことをする。やりたい事はそれだけだったのかもしれない。
そんなわたしを根気強く叱ってくれて、かーちゃんお疲れさま、そしてありがとう。
健康こそ願えど、どんな子供が産まれてきてもそれはそれなんだろうなーと思う。
そして、ぐれさせてぐらいあげたいなーなんて思う。

明日は大切な休日。
今度は、「ロックンロール」ジャケットの制作だ!
久しぶりに絵の具でもひっぱり出してみようかと思う。




飴ちゃん。
HPリニューアルの影番、Tさんから頂いた飴専門店の飴ちゃん。
さすが!かわいいーだけじゃなく、美味しい!
一個一個、ほのかにその絵のフルーツの味がする。
バルセロナ本店、ニューヨーク、アムステルダム、ほいでなぜか4軒めが中野なんやって。ぷぷ。

 
胎動開始 / 2008年01月15日(火)
こう書くと、エウァンゲリオンみたいで楽しいね。
昼下がり、初めてひとりで乗る埼京線の中、「ん?」と小首かしげるわたし。
たった今、ヤヤコが腹を蹴りよったのじゃ。
なかなかに、『ほほーんおるんや。』という感じで、母親と大好きな友達にメールしてみた。

ますます、ますますに、おなかが前へせり出して来た。
ちょっと歩くと息切れする上、前にかがみづらい、あー腰痛い、腹が張る。腹が張る。
もう、立派な妊婦といえよう体系の自分を見ても、まだ照れ臭いわたし。
スタジオと病院、役所以外のお出かけは、数ヶ月ぶりになる。
今日は一足先に、ママになった友達に、電車に乗って会いに行ってきたのだ。
たったそれだけの事でも、そのプライベート感に、今はもう大満足なのである。
あったかい手料理でもてなしもしてもらった。
歳をとって、お互いひとりものだったら、ふたりで一緒に暮らそうと約束していた彼女である。
身体に悪いことを散々やりながら、何が一番身体にいいか!なんて本気で話あっていた相手である。
昔の相棒が今、ボロ家だったけど←ごめん!夫婦2人で迎え入れてくれ、なんか、幸せそうだった。
夕方の食卓で自分が歌ったような、普通の幸せを、彼女はちゃんと手にしたのかな?と思うと、感動して鳥肌が立った。
彼女の優しさや、寛大さ、柔軟さや、マイペースを、必要としている場所が、そこにはあった。
まぁ現実は楽しいことばかりではないし、暮らしは爪を立てるんだろうけど、ボロ屋←怒るかな?の居心地は快適だった。
子供をあやしながら、私の相手をしてくれる友達を見て、全く感心する。
かーさんに休みなしとはまさに、こうゆうことなのか!育児を見て盗もうと、必死で観察するも。
果たして自分にも、出来るのかい本当に?と、ますます不安になる。

はーしかし、いろんなことがあった。
もーいちいち誰に話すわけもなく、いくつもの事件が起きて、目まぐるしく変化する事態に、対応しきれぬ日々であった。
不安で怒って、悔しくて泣いて、ばかりだった気がするこの数ヶ月。
バカじゃないかと思うのだけど、街行く幸せそうな妊婦にメンチを切る勢いであった。
ひとつずつが、少しずつ、物事が収まるところへ収まってきたのだろうか?
引っ越しする家が決まった。
もうしばらくは、東京で暮らして行く決意をしたのだ。
朝日と共に、カーテンを開けては腹をさすり、思う。
出来る!自分で決めたのだ!
おなかの◯ちゃんには本当に過酷な想いもさしただろうが、これでもかーちゃんは、おまえを守る為に結構頑張ったんやぞー。
出産までにはいろんなことがなんとか間に合いそうなのだ。

なんて言いながら、早くも追われている。
レコーディングも結構な佳境に入ってきた。
ライブの日程も近づいてくる。
このライブが終われば、ステージに立つことは、どう考えても、しばらく間が空いてしまうだろう。

あーーーー。ぼくのプロ根性が唸る。

 
おまえの母ちゃん 出べそです! / 2008年01月07日(月)
遅っ!っと突っ込んでくださいね。
皆さん、明けましておめでとうございます。今年も何とぞ、どうぞよろしく。
お正月は、いかがお過ごしでしたか?
わたくしは、ひとことで言って、怒涛の正月でした。
怒涛=いや、来ましたね、また私の人生に新たなビックウェイブが。
年末帰省して、両親や親戚にあいさつするも、「まー険しい顔してからにー」と言われる。
すみません。この顔、現実です。

私がどんなに驚愕しても、憤慨しても、お子はすくすく?育っているようで、ますますに腹が出た。
わたしの方も「すまんのー」と言って、腹をなでるようになった。
少しは実感がもてるようになったのかもしれない。
産婦人科医をやっている友達の配慮で、年末、最新機器のエコーを使って、僕のおなかの中が撮影された。
3D画面では宇宙人のような胎児が、赤あげ白あげくるりと回って、ふんふんふん!わたしのおなかの中を動きまくっている。
父親である彼がひっくりこけていた。これみて君も焦ってやる気を出してくれ!頼む大作戦である。
お?チ○コ発見!!!
性別が判った。男の子でありました。
実は名前ももう決まっている。←まだ秘密です!
顔を見て、よっぽど違和感がなければ、この名前をあげたいと思う。

あまりにも何の準備も出来ていない上での妊娠発覚だったため、次々と問題の勃発が絶え間ない。
「試練なのかしらねー?」母親の言葉に、申し訳なく思う。
本当なら、手放しでめでたいはずの出来事だろうに、今だ親不幸もののわたし。
眉間の皺が増えるばかりの毎日である。
ここまで来たらしゃーない。膨らんだ腹を据えるしかないのだ!

そういえば、妊婦経験のあるおばさまや、現妊婦友達にアンケートをとっても一切聞かない。
皆のそれは、普段よりも更に固くぎゅっと閉じた瞳のように、隙間なく縦やら横やらただの一本線のような状態になっているのだそうだ。
そうです。ただいまわたくし、やや、出べそ中なのです。
おなかがへそごと中の方から押されて、だんだんにへそが真ん中部分から、開いてきてしまっているのです。
最近の子はめったと言わないのであろうが、おなかの彼がもしも、小学生とかになって、口ゲンカとかになって、こう
言われたらおいしい。
「おまえのかーちゃん出べそーーー。」
返しはやっぱり
「間違いない!」あたりを用意するべきであろう。

今年という時間がわたしに教えてくれるものは、まだまだたくさんあって、わたしはそれを残さず食べて、
そのつど、立派なうんこを出していかねばならない。便器が詰まるようなぶっとい奴を、トイレットペーパーの
いらないくらいのキレのいい奴を、新幹線で見た、そびえ立つあの富士のように。。。もういいって???
がーんばろっと。



 








P R