みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
Wの悲劇 / 2007年06月13日(水)
林:「おまえは結局、そうして、ほれ、ぬるま湯に浸かっておるだけじゃ。」
W:「いやいや、もう出るつもりだったんだけどね、濡れたまま出ると寒いでしょ?だからタオル用意してからと思ってさ。」
林:「阿呆ぬかせ。そうしておる間にも、もうすぐ夏が来るんやど。とっくに季節は変わっとるわ。」
W:「まじで?あ ほんとだー。」
林:「気づけ!そして認め、改めろ!そこが本当のぬるま湯でないことは、おまえもよーく知ってるはずじゃ。
   過去のことはもう言わん。男なら、自分のケツくらいは自分で拭きなはれ。」
W:「そう思ってるんだよ。でもでもさー」
林:「もうよい。よいから立て。立ち上がり、行きなはれ。」

こうしてWの悲劇は始ったのだ。
って、悲劇ではないんだけどさ。

Wくんの借金が発覚した。
ご利用は計画的に。。。なんて、にこっと笑ってコマーシャルしているところから、ちょこっと金を借りては、
使い込み、ちょこっと返してまた借りて、全部は返せず、でも返したような気になって。
給料が入れば、何もなかったように、皆と酒を飲んだり、パチンコをしたりする。
これで3人目だ。
ふとしたことから、金の話になり、『ひょっとして?』と訪ねると『実は、、、』なんてカミングアウトされる。
もちろん、自分の電気代だって払えない私が、そんな奴にビタ一文貸す金はないし。
先方もまさか、この穴が空いたことを知りつつ、またその同じ靴下を履くような女に、そんなことを期待はしていないであろう。
だいたいこうゆうことになっている私の友達には、共通点がある。

いい意味でも悪い意味でも、とっても優しいやつ。←言い換えれば、他人にも自分にも甘いということ。

酒、または博打が好き。←借金をするきっかけになるのは、女や買い物よりも、このふたつが圧倒的に多い。

100万円には満たないが、数十万の残高を行ったりきたりしている。←つまりは何度かは借りているということ。もしくは期日に返せない月があるということ。

とりあえず、嫌がる事承知で、むりやりでも明細を見せさせ、
自分のダメさ加減をしっかりと認知してしもらう為、いい訳無用の問いつめ攻撃だ。
本当にやりたいことがあって、自分への懸けとして、借金をした奴は、そう簡単には、こんなことにはならない!と私は思う。
収入と支出のバランスを考えればわかると、テレビのおねーさんやチワワも言っているだろうに。
毎月の請求書を開ける時の気持ちを、考えてごらんなさい。
その状態は、小さなしこりとなって、いつでも心に住み着いているはずだ。
もっともっとどうしようもないことになっている人をたくさん知っているから、まだ間に合うと思う。
そっちへ行ってはいかん。なんとなくではいかん。
もっと他にある。泣いたり怒ったり不安になったりすることはもっと他にあるやろ?
もっと他にある。腹抱えて笑えるようなことはきっと他にもある。
本当に明るい顔で、バカな酒を飲もうではないか。

この東京で、普通に、普通に生きていくということが、そう容易くないことであることを痛感する毎日だけど、

甘ったれるなよ!
文句を言うなよ!
嫌なら出てけよ!
俺は好きさ すすす好きさ 東京!!!

ってエンケンちゃんも言ってるじゃん。

こらえきれずに 溢れた愛と
どうにもならない哀しみが 悲鳴をあげる街
吠えろ 唸れ とととととと 東京!

言いたい放題言ったが、少し、寂しい気持ちになり、ぼんやりしてしまう。
いかんいかん!と、最近の私は、これでもか!という程の、リハーサル三昧。
えーっと、今日はあのリハだからあれとあれ準備して、あれ持ってこれ持って。
今日はあっちの方のリハだから、あのギター持って、あれ作っていかなきゃー。
全部自分で、初めたことであるし、どれをとっても楽しいのであるが、いかんせん鈍くちゃ子なもので
頭がこんがらがる。
時々、持ちきれませーン!と半泣きになったりするが、これでいいのだ。
やりたいと思ったことは全部やる!今年はそうゆう年にするぞ!
年初めに、一ヶ月も休みを取り、実家に帰ってかーちゃんと、毎日楽しく飯を喰い。
それでも毎日悶々とする中、そう決めたのだ。
男として(←女だけど)有言実行や!一度口に出したことは、やはりやり通したいわけですよ!
男なら(←女だけど)やらねばならぬ時がある!

と、ひとりハードボイルドなわたしでした。
気分的には、手の甲の上で、ナイフでチーズ切るくらいのね!

 
みんなみんなありふれた日常の中に / 2007年06月02日(土)
忙しさにかまけていてはならぬ。
何をするにも鈍なわたしは、結局、睡眠時間ばかり削ることになり、眠い目こすっては、
一日が25時間ならば良いのにーと思う。
一日が25時間であればあったで、今度は26時間欲しいと強請るのであろう事は、合点承知なのです。

頭の中のひらめきをグッドアイデアとして採用する為には努力と愛情が必要なのである。
久しぶりに集中してうた詩を書いた。
みみずくずのアルバム曲用の作詞だ。
詩を書くという行為は、ほとんど自分の生活の一部となっているものの、他の生活のどの行為とも違う。
風呂に入るのとも酒を飲むのとも友人と笑い合うのとも違う。
集中していったんその世界に入り込めば、悦に入りあっと言う間に数時間が過ぎる。
しかし、風呂に入ったり、洗濯をしたり、飯を喰ったり、タバコを吸ったりしているだけでも、毎日日が暮れていくのである。
午前中その世界に入り込もうとしたら、驚いた。
少しの間、使わなかったパイプが詰まりかけていたのだ。

一日さぼれば自分にバレて
二日さぼれば弟子にバレ
三日さぼれば客にバレる

悦に入ると入ったで、今度は日常が億劫になったりする。
食事、洗濯、人つきあい
おい生活よ、俺を邪魔しないでくれ!と思ったりする。
だからと言って、山へこもれば良いかと言うと、私の場合そうではない。
どっぷりと日常の中で、感じたことを形にしたいのだ。

それは友達の顔であり、深夜のコンビニの蛍光灯であり、愛する人の歩き癖であり
タバコの吸い殻の気配であり、風呂場の水滴であり、雨上がりの夜空であり、弁当のおかずであり、あの子の涙であり。
服を着せられた犬であり、携帯メールの語尾であり、シーツの皺の模様であり、あの日の優しい沈黙であり、
毎日の腰痛であり、母親の電話の声であり、居酒屋のつきだしの味つけであり、横断歩道の老夫婦であり、するのである。

それはありふれた日常の中に。。。って自分で最初に言ってるじゃんね。

久しぶりのみみずくずのスタジオ
作った詩をうたにのせてみるが、まだまだ手直しが必要である。
一度でパシっとはまることもあるが、
メロディー先行の場合、作った言葉を、メロディーにのせてみると、全く違った顔になってしまうことがある。
化学反応が起こるのだ。
それはいい時も悪い時もあって、いつだって歌ってみないとわからない。
ちゃんとそこにあるべき言葉なのかどうか、そうやって抜き差しや置き換えを何度も繰り返す地道な作業が続く。
曲もまた同じ。
セッションで作っていくタイプのものは、おまえはどんな奴なんだ?わかりあえるまでとことん問いつめる。
なんでもなかったような曲が、突然化けてくることがある。
おーおーそうか、そうして欲しいか!それを見つけられればこっちのものである。

心なしかコーヘイが疲れ顔だった。
長年のつきあいだが、プライベートの話を自分からは、ほとんどしてこないタイプの奴である。
彼であるから余計、顔をみていろいろと感じてしまう。
ぼんやりとコーヘイの事を、自分と重ね合わせて考えて思う。
決して楽な生活ではないだろう。
彼もまた私以上に、一日25時間欲しいと、眠い目をこすっているはずだ。
14年もくされ縁で付き合ってきた友達として、恋人よりも、父母よりも、
最も私の声を多く聞き続けてくれている同志として。
私は、今日のつかれ顔が、つられてにやけてしまうような歌を歌わなければならない。


写真は無邪気なライブ前のコーヘイくん
このアングルからすると、奴が自分で撮ったものでしょう
わたしの携帯の画像に、知らぬ間に挿入されておった

 








P R