みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
アスパラガス級に / 2007年05月25日(金)
朝起きると、ドアの前に素敵なお届けものがあった。
近頃ではうちの呼び鈴を鳴らす人は、もっぱら、
東京電力か?東京ガスか?私に宿題を届けに来てくれるMMZの社長Kへいか?
となってしまっていた為、すっかり気づかずに居たのだ。
かわいい紙袋に入れられた、野菜とジャム。
Hちゃんが出勤前に、届けてくれたのだ。
彼女の友人が作る、北海道の野菜。
春夏秋冬に合わせて、季節の物が送られて来る。
実際は、それをHちゃんがお取り寄せで、購入しているのだろうもののお裾分けを、
なぜか私が毎年頂いている。
今回はアスパラガス。
あまい。
茹でる以外に手を加えるのがもったいないほど、そのままで、あまい。
大地の恵もさることながら、手塩にかけて、愛情を注がれたそれという感じがする。
駅前のTノで売られている、不細工なお買い得野菜ばかり食べているので、←そうゆうのも結構好き
毎年びっくりしてしまう。
はー、これがアスパラガスという食べ物なのですか!
袋の中にはHちゃんからの、小さな手紙が添えられている。
きっと朝から急いで走り書いてくれたものだろうが、すらりとした綺麗な字である。
字を見ただけで、ははーん、きちんとした教育をうけたいい女であることがわかる。
無意識に書いた手紙の気配からも、しゃんと伸びた背筋の、姿勢の良さが窺えるのである。
容姿から育ちから何から、私とは全く対照的である彼女のことを、見上げてはいつも思う。
「きっぱりしてるなーHちゃん、そうして、毎年綺麗になっていくね。」というと
「全くね、隣の芝生というのは、青く見えるものなのよ。」と返される。
ふと、思い出したが、彼女の結婚からも、もうすぐ一年が経つ。

「私はほら、レイナみたいに、精神的な浮き沈みとか、何もないのよ。
平凡なのよ。全く、毎日が同じ感じで朝が来るのよー。」
Hちゃんの感性が鈍でないことを私は知っている。
彼女は、きっと悩んでいる自分や暗い自分が嫌いなのだ。
だったらどうする?となった時に、とるべき行動を瞬時に決める決断力を持っているのだ。
だったらどうする?となった時に、ここで出来るベストを尽くしたのか私は?と自分に問える強さも持っているのだ。
後はもう、乗るか?反るか?である。
ついつい同じ穴ばかり掘ってしまう私の、勝手な想像なのですが。

ほぼ7年ほどに渡って、ほとんど毎回ライブを見に来てくれているHちゃん。
彼女の無意識の行動がある。
ライブが本当に良かった後には、何かご褒美をくれるのだ。
全く自分で、気づいていないであろうと思われるのだが、
「そういえば、あなたにこれ、渡そうと思ってたの!」とか。
「ほら、せっかくだからあなた、今日は私がごちそうするわ、どうかしら?」となるのである。
何もなくても、貰い物ばっかしてるんだけどね、絶対そうだ!と私は感じている。

昨日のクリトレナライブは、最高に楽しかった。
箱入り娘の北海道産、アスパラガス級に良かった訳ですよ。
ということで私も心地よい疲れ。
昨晩はライブ後、くりさんも、焼き鳥みたいな顔をして、笑っていた。
そうして私は、見て見ぬふりを続けてきた、台所の換気扇にも手をつけ出した。
ふん、磨いてやったわ。
来月来月は待望の本家本元、みみずくずライブである。
アバンチュールもある。
ヒロシと餃子も食べに行くのである。
金がいるから、働かねばならぬ。
ふん、やってやるわ。
なんじゃコノヤロー!←台所の油汚れに向ける。

 
命が 目に 染みる / 2007年05月14日(月)
家へ帰って、まずギターを取り出し、窓を空けて、換気をする。
終わってしまった。
あっという間の大阪ツアー。
洗濯をする間もなく、今月の、次のスケジュールを考える。皺よせだ!
仕事を休んでいるうちにと、大阪へ持ち帰った用事は一切開かず、
家族や親戚との時間を過ごしてしまった。
ひとりで生活をするようになってから、10年程立つが、寂しいなんてことよりも、
私は、すっかりとそのマイペースに慣れきってしまっているようだ。
自宅には携帯ではない電話がひかれていて、誰かが風邪を引いたり、転んだりしたら、病院へ行ったり、
薬を用意したりする。時間が来れば、風呂を入れて、用意をして、御飯を食べる。
どこにも売ってない幸せを、守る為の愛情と行動。
家族というものの大切さと、有り難みが身に染みる程、ときどき焦ってしまう。

友達に子供が産まれた。
命が産まれたというニュースをこんなに身近に、現実として感じたのは、初めてのような気がする。
急な話で、3ヶ月程も早産の上、帝王切開だったらしく、まだお見舞いにも行けず、子供の顔も見てはいないが、
旦那になる人から電話で、その事を聞いた時は、嬉しくて、スーパーで雄叫びをあげてしまった。
本人からメールが届いた。
いろいろあったけど、母子共に無事です。
いろいろあったけど、産まれたんだよ。
彼女のこれまでのいろいろを思い出し、今のいろいろと、これからのいろいろを想像するうち、
感極まって、泣いてしまった。
携帯を見ながら、ポロポロしている所を、年下の友達に見られてしまう。
「コンタクトですか?」
「そうね、コンタクトです。」
「そうとう痛そうですね。」
「えー、コンタクトがね、そうとう痛いんです!」
嬉し涙は止まらなくて、友達がトイレに行った後も、いっぱい泣いた。
ふと、思い出す。
そういえば彼女はいつも言っていた。
「50も超えて、お互い一人ものだったら、一緒に暮らそうね!花とか草とかいっぱい飾って、御飯を作りあって、
音楽いっぱい聞いて、コーヒーを飲もうよ。」
その話は、消えたな。時は確実に流れているのだ。

私にもいつか、新しい家族を作る日が来るのだろうか?
人生一度きりだなどと、合い言葉のように振りまきながら、思う。
どこにも売ってない、かけがえのないものを、自分以外の誰かと大切にしながら、守り育てていく日々。
人生一度キリのうちの、大仕事を、あいつはやって成し遂げているのだ。
今年に入って、何曲作っただろう?
ライブは何回やっただろうか?
私の方は、どこにも売っていない、かけがえのないうたを、作って、売ろうなんて、考えているのだから。

今日からまた、東京生活の始まり始まり。
夜中ひとりで「マンダレイ」なぞ観てしまったもので、ますます頭も止まらない。
早くうたでも歌わないと、胸が詰まりそうなわたしです。

 
全部知ってるよ だいたいわかってる / 2007年05月07日(月)
「全部知ってるよ、だいたいわかってる。」

これは私のギターの師匠であり(先生やアドバイザーは他にいます。)友達である
I ジマンの酔った時の口癖である。
酒の席にて、おしゃべりな私が、あーだこーだと、毒舌で夢やら男やら社会やら現実やら自らを語る時、
奴は「俺は、全部知ってるよ、だいたいわかってるからね。」なんてひとことで返してきたりする。
「ほんとにわかってんのー?」なんて言いながら、I ジマンの発見は、極端だが、的を得ていて、
なおかつとっても面白いので、私は彼と話すのが好きだ。

この台詞だけを見ると、なんだか彼はとっても傲慢チキな人かと、思われそうだけど、
酔った彼には、もうひとパターンあって、

「所詮、俺なんてこんなもんですよ。」

と言うのもある。
こんなもんの、こんなもんとは、飲み屋のテーブルの上に散らかった、箸袋のゴミであったり、
落としたキンピラ牛蒡の屑を拭いた後の、ティッシュだったりする。
それを握りしめては、「所詮、こんなもんですよ。」と言いポイっと捨てる。
足元に捨て損ねた、ゴミまたは屑を眺め、「あんなもんですよ。」と言う。
私は、とっても喜んで笑う。
「あーわたしもあんなもんだわ^。」

昨日はI ジマンのライブだった。
私自身は、兼ねてから楽しみに行くつもりで事を進めていたが、仕事の休憩中ふと、思いつく。
今日あたり、行けるかしら?と思う3人の友達に声をかけてみた。
結局、来れたのは2人だったが、彼彼女は十二分に楽しんだようで、
わたしに誘ってくれて、ありがとうのメール。
いやいや、やってやってくれたのは、わたしではなくI ジマンなのだけれど。
誘ったわたしも大満足である。

それもそのはず、ライブが良かった。I ジマンのギターを知らない人に、このライブの興奮を伝えるのは
なかなか難しいのだが、とにかく、めちゃんこに良かったのだ。
彼は、ギター一本だけで、全ての感情を表現する高速ブルースマンなのだが、
以前と比べ、曲も短くなったり、声を出したり、パフォーマンスも派手になったりしていた。
「これならいける!」←発想がマネージャー
これなら、普通の音楽しか聞かないホワイトカラーにも、むしろ音楽をそんなに聞かない一般人
(=変な書き方でごめんなさい。)にも絶対ウケるはずだ。
興奮と熱狂。夢中になって、わたしも叫び出しそうになる←って、実際叫んじゃってましたけど。
昨日は誘われなかったわたしのお友達、今度一緒に彼のライブに行きましょうよ。

数日前、飲み屋でI ジマンと話していたことを思い出す。
「今年はねー俺なんでもやるつもり。人の意見もバンバン聞いてね、求められることをどんどん受け入れていくつもり。
わからないけど、今はそんな気分なんだ。」
彼のギターの凄まじさを知るわたしが、これまでの彼のライブを見た時に感じていた、
幾ばくかの不満?が昨日はなかった。
「偶然ねー。私もそんな気分なのよ。ライブはエンターテイメントだからね。この年になってくれば、何をやったって
自分よ。今まで拒否していたことも、なんでもやりたいのよ。自分に出来ること全てで、皆を
楽しませたいのよー。」
あー、はっちゃける為の準備が必要だ。

目の前のギターシールドを 苔の生えたアンプに突っ込んで
踊り出したいだけなの 何もかも忘れて    

                     みみずくず ネヴァードリームより抜粋

今週は大阪入り、11日は、よし!心斎橋にて林 レイナ ソロライブだ。
同志よ、毎日を頑張ろう!負けてられないぜ俺。そうしてまた、美味い酒でも飲もうじゃぁないか。



           I ジマンがくれた絵 

 








P R