みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
阿波踊りを横目に / 2006年08月28日(月)
二日酔いだ。
珍しく頭も痛く、やや気分も悪い。
昼前起床。

くせに、みみHP管理人であるはなちんとランチ。
日本発???だっけかな?生麺が売りのフォー屋さんへ行く。
牛筋とトマトのフォーを頂く。
レモングラスの風味が聞いて、二日酔いの五臓六腑に染み入ります!

続きを読む…
 
Aちゃん、夏をありがとう。 / 2006年08月26日(土)
コーヘイくんと六本木まで。
ショートホープ発売の力添えをお願いした、流通会社に出向く。
担当者のKさんは、先日の東京ツーマンライブを見に来てくれていて、
「ライブ見て、俄然気合いが入りましたよー」と嬉しい言葉をもらう。
以前のようにメンバーだけでプロモーションをやっていたことを思うと非常にココロ強く思う。
とにかく、音源を気に入ってくれたひとをポイントに選んだ流通先であった。
細々とした日程などもあがってきて、やはり、わくわく感も増す。


音楽業界に10数年身を置いている、Aにいろいろと話を聞いてみる。
これを機会に、久しぶりの友達に会うという意味あいも込めて。
ただ話しているだけでも、いろいろと名前があがってきて、それなりに、これからの動き
が掴めそうな感覚。

して、ひととおりいろいろ話た後、ごはんを食べにいき、帰ってきたところで、もう眠い私。
家まで送って?きてくれている彼女を置いて、いきなり眠りだす私。

続きを読む…
 
脱 ヒラ 喝!俺 / 2006年08月21日(月)
朝から、曇り。
だが休日であるので、ごり押しにでも進めたい洗濯。

近所のもの干し竿は、ツルっツルなので、怖々しながらも、ガンガン廻す。
しかも、休日はどうしても夕刻前に、出かけることが多く、気づけば、
夕立にやられたタオルやパンツがびちゃびちゃの号泣状態に。
近所の友達に、またやったな!!!とチェックを入れられる。

ここ二日ほど夏のど真ん中というような空模様だった。
夜中に眠れず、コンビ二でビールと、チョコミントアイスバーを買う。
ゆっくり歩いて、遊歩道にて、一目をはからい夢の歩き食いを実行するが、事故発生!
残り3分の2ほどものアイスを、道ばたに落としてしまった。
「ボタ」っと音を立てて落ちたアイスが早くもコンクリの上で溶け始める。

数秒呆然と立ち尽くして、じっと見入っていたが、ハッとする。
いかん!このままでは、夏が終わってしまうーーー

続きを読む…
 
はじめの気持ち / 2006年08月09日(水)
終わったーーー10周年、発売記念ライブ大阪東京、共に無事終了。
予想以上に、とても評判よく、特に東京では、

「今日のレイナちゃん、とても綺麗だったよー」とかたくさん言われる。

こうゆう感想が、また嬉しいんだよね!元気出るんだよね!
最近は、ほとんど夏のおっさん化しているため、
下駄にビールにスポーツ新聞。下着をつけることさえ面倒なわたしですが、
やれば出来るじゃん。と、普段でもスカートなぞ履いてみよう。

女を思い出すキッカケにもなりました。

そして、終わった!と共に、始まる!のである。

続きを読む…
 
新たなる幕開け第一弾 / 2006年08月04日(金)
みんなより、ひと足お先に大阪へ

新幹線のぞみにて、名古屋を過ぎたあたりから、じりじりと、夏が近付いてくるのがわかる。
高円寺の家を出るときは、ワンピースにカーディガンを羽織っても、肌寒い?気すらしていたのに、
新大阪のホームに立ってびびる。暑い!!!!!

きゃー即刻肩を放り出して、胸元をパタパタする。
母の家のある緑地公園では、蝉がーーー
「夏じゃーー!夏夏、夏やんかー。今日という日は今日しかないでっせ!
命短いでっせ、人生一度きり(向こうは蝉だけどね)でっせーーーやることやっときなはれー!」と
けたたましく鳴いている。
「もう、言われんでもわかってるわ!」とひとり突っ込みを入れつつ、すっかりテンションあがるわたし。


続きを読む…
 








P R