【 更新情報 】

スポンサード リンク

IC乗車券「はやかけん」のポイントサービス

はやかけん は福岡市営地下鉄が導入した地下鉄IC乗車券で、2009年3月7日から福岡市営地下鉄の各駅で利用が開始されました。
「はやかけん」にはポイント機能がついていて、利用金額に応じてポイントがたまっていきます。
「はやかけん」で貯めたポイントは、1ポイント1円換算で割引サービスなどに利用することができます。

「はやかけん」の基本ポイント付与率は2%で、これに1か月の乗車金額に応じたボーナスポイント(1,000円〜3,000円未満で30ポイント/3,000円〜5,000円未満で150ポイント/5,000円〜10,000円未満で300ポイント/10,000円以上で500ポイント )が加算されます。
仮に5,000円利用すると400円分がお得に。
これはけっこう大きいですよね。

そのほか、住民票の発行などの行政サービスへの活用も検討中だそうです。
「はやかけん」のポイントサービスに関する詳細は、福岡市交通局のホームページで確認することができます。
また、各駅に設置している「はやかけん はやわかりガイド」でも調べることができますので、しっかり貯めて、賢く使ってくださいね☆

IC乗車券「はやかけん」の誕生記念カード発売!

はやかけん は、福岡市営地下鉄が2009年3月7日から導入した地下鉄IC乗車券です。
福岡市営地下鉄では、この「はやかけん」の誕生を記念して、3月7日〜9日の3日間限定で、特別デザインの記念カードを販売しました。

「はやかけん」の記念カードは1枚2,000円(入金額1,500円・預かり金500円)で、特製カードホルダー付。
限定10,000枚とあって、3駅に設けた記念カード特設ブースは朝から長蛇の列で、初日だけで半数以上の6,300枚を販売し、最終日9日の終了時間を待たずに完売したそうです。

この記念カード、すでにネットオークションで出回っていますので、買いそびれた方は探してみてはいかが?
また、記念カードとあわせて「特選 色カード」も発売されています。
通常「はやかけん」のカラーは水色ですが、枚数限定で「はやかけん 桜」と「はやかけん 鶯(うぐいす)」の二色から選ぶことができます。
こちらは1枚1,000円(入金額500円・預かり金500円)で、通常の地下鉄定期券売場で購入できますのでお早めに!

福岡市営地下鉄がIC乗車券「はやかけん」のサービスを開始

はやかけん は、福岡市営地下鉄が2009年3月7日から導入した地下鉄IC乗車券です。
定期入れから出さずに自動改札機にかざすだけで通過でき、券売機などで入金すれば何度でも使うことができます。

「はやかけん」には、無記名式カード(大人用のみ)と定期券機能も付加できる記名式の2種類あります。
価格は千円〜で、最大2万円まで入金が可能。
福岡市営地下鉄の空港線・箱崎線・七隈線の全35駅で利用が開始されます。
また来春からは、西鉄のnimoca(ニモカ)、JR九州のSUGOCA(スゴカ)、JR東日本のSuica(スイカ)といった他のIC乗車券との相互利用も可能になり、それと同時に電子マネー機能も導入される予定です。

福岡市営地下鉄では、このIC乗車券「はやかけん」のサービス開始した3月7日に記念セレモニーを行いました。
福岡市交通局は「はやかけん」の販売数を今後1年で6万枚、3年後までに10万枚と見込んでいます。
ちなみにこの「はやかけん」という特徴のあるネーミングは、「は」=速くて・「や」=(環境や人に)優しくて・「か」=快適な・「け」=券(カード)という頭文字と、博多弁で「速いから」を意味する「速かけん」をかけたものなんだそうですよ。
P R
カテゴリアーカイブ