【 更新情報 】

スポンサードリンク

花粉症の症状とは

まず、花粉症とはいったいどういう症状なのでしょうか。花粉症は、杉などの花粉が、目や鼻などに入り込むことによるアレルギー症状です。花粉症というのは、体内の免疫体系の勘違いから引き起こされるのですが、どういうことかというと、もともと免疫系が「こいつは敵だな!」と判断した相手に対して防御策としてい ろいろな抗体を作り上げるのです。そして、次回同じ敵が入り込んできたときに反応すると言う仕組みが、何かの拍子に本来は害のないはずの花粉にも過剰反応して抗体を作り、それら一連の流れの先に、花粉症と言う症状が発生するのです。くしゃみがとまらなくなったり、涙が止まらなくなったりし、ひどい場合には、仕事どこ ろではなくなります。今までは、ある程度年齢を重ねた人の病状であるとされていましたが、最近は食生活の変化からか、若年層にも花粉症の症状が出ているようです。良い点としては、新型インフルエンザに対して、無意識に対策を立てれるという店でしょうか。もし、新型インフルエンザの危険にさらされている場合においても 、気付かずに通り過ぎているかもしれませんね。

花粉症の4種類の特徴

花粉症になり始めの人は、自分が花粉症であると言う自覚がないことが多いようです。というのも、風邪の症状と区別が付かないこともあるからです。では、具体的に、花粉症の症状にはどんな種類があるのでしょうか。
・くしゃみ : これは花粉症のもっとも顕著な症状ですね。体内に入り込んだ外敵とみなされた花粉を外に押し出すための自然な反応ですね。
・鼻水や鼻づまり : 鼻部分の症状です。花粉症の症状としてはもっともつらいものの一種でしょうね。鼻水が止まらなくて何度も鼻をかむ、鼻が詰まって息をするのもつらいなどです。
・目のかゆみ : 目のかゆみはたまりませんね。目の玉はかくことができませんから、ついつい目の周りをかきすぎて真っ赤になってしまうことも珍しくありません。
・その他の痛みやかゆみ : 上記以外の症状の種類としてのどや皮膚に痛みやかゆみを伴う場合があります。なんとも耐え難いものですね。
以上のように、確かにそのほかの病気の症状と区別が付かない場合もありますが、長く続いたら、自分は花粉症ではないかと疑って、一度、病院にかかってみるのも良いかもしれません。

花粉症の治療薬は?

花粉症の治療薬としては、何々があるということはありません。どういうことかというと、花粉症は一度発祥してしまうと、放っておいても勝手に治ってしまうと言うものではありません。しかも、特効薬のようなものも現状は開発されていないのです。つまり、不治の病と言うことなのです。対象の花粉が飛び始める数日か ら数週間前に予防的に服用すると花粉症の症状を出にくくする抗ヒスタミン剤などがありますが、これを飲んでいるからといって完治するわけでもありません。局所的に、点鼻薬や点眼薬、内服薬などを処方してもらうことはできますが、根本から治す東洋医学的なものではありません。リンパの流れをよくする体操やマッサージを 続けることによって、花粉症を出にくくする体作りをしようという民間療法などもありますが、実際にそういったことを実践して治った人に出会ったことがありませんのでご紹介することもできないのです。花粉症は、長い間花粉を吸い続けることで、発症する可能性があがるので、なってしまわないようにいろいろな対策を立てて おくことがもっとも重要です。

花粉症になりやすい時期

花粉症の原因の大部分が杉花粉であることを考えれば、1月から5月までの時期がもっとも花粉症になりやすい時期であると言えるでしょう。しかし、花粉症の原因は、何も杉花粉だけではありません。2月くらいから6月くらいまでは、同じく花粉症の原因となりうるヒノキの花粉が、3月くらいから12月くらいまではカ モガヤの花粉が飛びまわっています。そのほかにも、よもぎ、カナムグラ、ブタクサなどが飛散する時期などを考慮すると、ほとんど一年中花粉症の原因となる花粉があって、それらをアレルギー源としている人にとっては、365日、気が抜ける日がないのかもしれませんね。レアな分野で行けば、バラ科の植物に属する、りんご や梅、ももなどにもアレルギー反応を示す人がいます。花粉症の自覚症状のある人は、一度病院に行って、自分のアレルゲンである花粉を調べてみると、対策が立てやすいかもしれません。時期的に考えれば分かるじゃないかという人もいるかもしれませんが、そのときの医師のアドバイスによって、劇的に症状が緩和される可能性 もゼロではないんじゃないかと思いますがいかがでしょうか。

花粉症対策なら

花粉症対策という言葉には二つの意味があると思います。ひとつは、花粉症にならないようにするということ。もうひとつは、花粉症になってしまっても、症状を軽減する、または症状を起こさないように花粉を寄せ付けないようにするということです。どちらにせよ、採るべき対策にそう違いはありませんが、モチベーショ ンが違います。だって、花粉症の人は、そのつらさを知っているのですから。
まず、風邪の予防と同様に、マスクを身につけること。花粉症用のマスクであれば、何もしないのと比較すると、鼻の粘膜に付着する花粉の量は数分の一になります。また、花粉症用のゴーグルタイプの眼鏡を着用しても、それに近い効果を期待できるということです。最近では新型インフルエンザの話題で持ちきりですが、 花粉にしてもウイルスにしても、外出したら、持ち帰っている可能性は否定できません。そんなとき、昔から言われている、うがいと手洗いを励行することで、かなりのリスクを減らせるそうです。また、睡眠不足や体力の低下などで、免疫力を下げてしまうことも良くありません。必要な量の食事と睡眠の摂取に意識を割きましょ う。自分の体を守るのは自分です。健康的で、快適な生活を送り続けるために、今から、これからはじめましょう。

◆花粉をチェック!おすすめサイト
 >>環境省花粉情報サイト
 >>環境省花粉 はなこさん
 >>花粉情報協会
P R
カテゴリアーカイブ