太鼓の達人をやった感想! 

2015年05月23日(土) 0時12分
太鼓の達人ってご存知ですか。もう随分と前からありますよね。

真ん中を叩くとドン、ふちを叩くとカッという設定でゲームができます。ちなみに流れてくる音符のドンが赤、ふちがカッでした。たまに連打という黄色いバーの音符が流れてきて、その時は連打をしてポイントを稼ぐようです。

私は夏祭りという曲がやってみて好きになりました。結構前から人気な曲みたいですよ。

ちなみにレベルはかんたん、ふつう、むずかしい、おにの4種類です。

え?鬼?と思われた方に鬼の出し方を教えます。曲を選択してかんたん、ふつう、むずかしいの難易度選択の画面にいきます。ここでむずかしいまでふちを叩いてカーソルを動かしてそこでふちを10回連打します。そうすると音楽がなってむずかしいの右側におにレベルがせんたくできるようになります。是非お試し下さい。

曲によっては鬼は初めてやるには難しいので最初はふつうくらいからやってみることをオススメします。

そういえば今は新しいバージョンになっていて対戦するときなどにキャラクターにかぶりものを選んでかぶせることもできて面白かったです。わざと友達と面白いのを選びあって笑える要素がありますね。キャラゲーで最近よかったのはパズルオブワルキューレでした。ワルキューレたちが可愛くてハマります。

太鼓の達人の話に戻りますが、実際にやってみるとタイミングがあるようです。音符が流れてきて実際に叩くタイミングの目印で叩いてみるのですが、可と表示される時と良と表示される時があります。

これは叩けていてもタイミングの良さを表しているらしく、タイミングが大体合っていると可バッチリだと良と表示されるようです。良を出し続けるのは難しいですが、これを続けていると最後の得点の表示に影響が出るみたいです。実際に良が連発された曲だと点数が高いです。

ただ最初は連打とかドンとカッの組み合わせにアップアップしてしまうので練習してからチャレンジしてみましょう。