【 更新情報 】

スポンサード リンク

ハワイアンジュエリーにふさわしい愛情を伝える言葉

ハワイには好きなコトバを刻み、オーダーメイドでハワイアンジュエリーをつくって、
友人や恋人など大切な人にプレゼントする心あたたまる素敵な文化があります。

ハワイアンジュエリーに刻むのにふさわしい、ハワイの自然やあたたかい心が伝わってくるような
素敵なコトバをピックアップしてみました。

ハワイの植物を表すコトバには、Aloalo:ハイビスカス、Pikake:ハワイアンジャスミン、Pualani:美しい花、
Pama:やしの木などがあります。

ハワイの自然が感じられるコトバには、Ho'ola:太陽、Makani:風、Anuenue:虹、Kai:海、Hoku:星、Hokulele:流れ星、
Mahina:月、Konane:輝く月、Mahealani:満月などがあります。

愛情が感じられるコトバには、Kuuipo:恋人(女性)、Ipolani:最愛の恋人、Kuulei:最愛の人、
Kealoha:愛しい人、Kahiwa:大好きな人、Hoapili:親友、Hoaloha:友達、Hoahele:仲間、
Nohea:かわいい・ハンサム、などがあります。

心あたたまるコトバには、Mahalo:感謝、Aloha auia'oe:I Love You、Me ke aloha:愛を込めて、Laule'a:幸福&平和、
Pomaikai:恵み&祝福、Mino'aka:微笑み、Mauloa:永遠、Ho'opono:真実、Meanui:大切なもの、Hiwahiwa:大切な、
Lokomaika'i:優しさ、Pilialoha:命、などがあります。

エールを送るのに適したコトバには、Ihilani:栄光、Holomua:成功、Lanakila:勝利、などがあります。

このように、ハワイアンジュエリーで想いや愛情を伝えるのにふさわしいハワイのコトバがたくさんあります。

元町にあるハワイアンジュエリーショップ

たくさんのブランドショップなどが立ち並ぶショッピング街・元町には、
多くのハワイアンジュエリーショップがあります。

ハワイアンジュエリーショップを元町に初めて設立した「K-SMILE」や

ハワイアンジュエリーの結婚指輪をオーダーメイドでつくれる、Wailea(ワイレア)
などのショップがあります。

また、2008年夏にオープンしたLocal Brand(ローカル・ブランド)や

トラディショナル・ハワイアンジュエリーを扱っているABO(エービーオー)などのショップもあります。

さらに、ロングボードやファンボード専門のサーフショップ「-MODE-D/MAULOA-SURF」では、
JJsHawaii(ジェイジェイズハワイ)のハワイアンジュエリーが扱われています。

そして、MAKALII Hawaii?(マカリイハワイ)やali'i' anapa (アリィアナパ)など

元町には魅力的なハワイアンジュエリーショップが多数あります。

ハワイアンジュエリーの歴史〜その2

かつて、ハワイ王室のリリウオカラニ女王は恩師であるイギリスのゾイ・アトキンソン女史に、
「アロハ・オエ:あなたが愛されますように」というコトバの入った、
ハワイアンジュエリーであるブレスレットを贈りました。
女子学生の間でもそのブレスレットがつくられるようになり、
のちに親から子どもへの定番プレゼントになったと言われています。

次第に、ジュエリーの専門ショップで、好きなコトバを刻んで
ハワイアンジュエリーをつくるという、オーダーメイド方式が定着してゆくようになりました。

ハワイでのハワイアンジュエリーは、おばあちゃんからママへ、
ママからその子どもである娘へといった具合に代々受け継がれていき、
家宝のように大切にされています。

家族や大切な人を思う気持ちが形となったハワイアンジュエリーは、
贈り主の気持ちが身につけられていつもあたたかい心が感じられる、
とても素敵なジュエリーです。

ハワイアンジュエリーの歴史〜その1

かつて、ハワイとイギリスが深く親交していた頃、文化の交流のひとつとして英国式ジュエリーが
ハワイに紹介され、のちにハワイアンジュエリーが誕生しました。

ハワイアンジュエリー特有の渦を巻いたようなデザインは、イギリスにベースがあると言われています。

昔、イギリスでは、家族や友人へ向けた愛や思い出のことばを刻んだ『センチメンタル・ジュエリー』と
言われるゴールドのジュエリーが流行した時代がありました。そののち19世紀の終わり頃、
ビクトリア女王の夫が亡くなり、葬祭用のスクロール(渦巻き)デザインのジュエリーが流行しました。
そのジュエリーが現代のハワイアンジュエリーの基本形につながっていると言われています。 

ハワイのリリウオカラニ女王(『アロハ・オエ』の作曲者でもあります)が一生肌身離さず身につけていたほど
お気に入りだった、「ホオマナオ・マウ:永遠の想い出」というコトバが刻まれたブレスレットが、
ハワイアンジュエリーの始まりと言われています。

ハワイアンジュエリーとは

ハワイでハワイアンジュエリーは、性別や年齢問わず、多くの人々に身につけられていることが多い
装身具です。

ハワイアンジュエリーはイギリスの伝統的なスクロール模様がのちにハワイで進化した
独特な渦巻き模様や、ハワイで神聖なものと言われているティーリーフの葉やマイレの葉、
そしてプルメリアやハイビスカスのお花など、ハワイの植物や自然がデザイン・モチーフと
なっているハワイのジュエリーです。

贈り主が伝えたい想いをコトバにして刻んだ、オーダーメイドのハワイアンジュエリー
を大切な人にプレゼントする文化があります。

ハワイアンジュエリーをプレゼントすることで、家族や友人、恋人など大切な人に
自分の想いを伝えることができます。

また、ハワイでのハワイアンジュエリーは、母から子どもへと代々末永く受け継がれてゆく
家宝として、大切に扱われています。

歴史をひもといて時間をさかのぼるってみると、ハワイアンジュエリーは英国式のジュエリーが
ベースとなっていることがわかります。