日本の住宅について

March 14 [Thu], 2013, 1:16
今回から、私の本業である
住宅建築について記載します。
今、日本で建てられている住宅を見て
昔の住宅と違うなぁと思われませんか?

昔は日本家屋と言えば、軒が深く
風通しが良く、長年住める家ではなかったでしょうか。

今の住宅は、日本の気候風土を考慮しているのでしょうか?
夏は蒸し暑く、冬は寒くて風も強い。
こうした気候に対処したものでなければ
日本に適した住宅とは言えないのでは?

デザイン住宅と歌って軒は短くなり、ほとんどないものもあります。
そうした、デメリットを補うかのように力づくで断熱性能を上げたり
気密性能を上げたりする事でカバーしているのでしょうね。

こうした取り組みは、資材の無駄遣いとも取れるのでは?

夏の雨や強い日差しに対しては軒を深くしたり
縁側や間取りの工夫をする事で、エネルギーの無駄遣いを少なくしてはいかがでしょうか。
また、冷暖房の仕方も考えてみる必要があるのでしょうね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つね
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hawai1844/index1_0.rdf