ハワイアン常盤が掲示板じゃ書ききれないことや、日々感じたことを好き勝手に書きまくる、『ぼやきサイト』です(笑) 管理人と同じく、流浪のサイトと化してます・・・

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハワイアン常盤
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1975年4月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション
    ・映画
    ・旅行
読者になる
2005年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
溺れた女・1 / 2005年04月10日(日)
◆<font size=5>疲れた。</font>

「何で、こんなもんしか用意出来んのだ!もう、まかせられんな!」
いつもよりワガママな支店長に厳しいダメ出しをされて、誰も盛り上げない職場の花見は最悪だった。
料理と片付けと一日中よけいな気を使って、宴の前にすっかり疲れてしまった私は、出ないでそのまま帰りたかった。
幹事役のウチの課は見事に全員バラバラのやっつけ仕事だし。誰もちゃんと教えてくれない中、支店長のレシピにそって作った鍋はタレ自体を間違えて別物になっちゃうし(味は悪くなかったみたいだけど)。
時間になっても、Mさんは来ないし。
今日は来ないのかな・・・せっかくメイクも変えて鍋まで作ったのにー!!(泣)

<font size=5>つまらない。</font>

しばらくして、ようやくMさんが来た!私の前に座っていたけど、私はビールや料理を手渡すだけに終わった。残念!(泣)
支店長と課長が隣だから、Mさんはそちらと話すしかなくて、まともに会話が出来なかった。一言も。
まぁ、一緒に花見は出来ているんだからいいとしても、目の前にいるのに。絡むにも絡みようがない。そばにいるのに何も出来ないのは辛い。
しかもMさんは直で来ているし、私はこの後支店に戻って片付けもあるから、一緒に帰れそうにない。「一緒に帰りたい」と言える状況下でなく、わざわざ待っててくれるほど、そこまでMさんは優しくないだろう。たぶん。
せっかくのチャンスだってのに!悔しいじゃないか!悔しすぎるぞ!!

・・・私の記憶はここで見事にプッツリ切れている。 →
 
   
Posted at 07:06/ この記事のURL
溺れた女・2 / 2005年04月10日(日)
→夜7時前には花見も終わったんだと思う。
いも焼酎と日本酒を飲みすぎて泥酔した私は、結局一人タクシーで家まで送られ、見知らぬ親切な中年(?)男女と管理人さんに助けられて、気付けば翌朝6時。部屋で布団の中だった。それでもしっかり鍵をかけてコンタクトレンズを外して寝ていた、ナイスな自分をせめて自分で誉めてあげたい(爆)
机にはきっと男女が手渡してくれたであろう、アクエリアスが置いてあった。
あれは誰だったんだろう・・・?

服を着ていただけ前回より進歩している・・・って、ヲイ!そういう問題じゃないだろ!!来週三十路だろ!!しっかりしろよ!!(泣)
前回の一件からもだけど、今回でさらにお酒を飲むのが怖くなってきた。怖いくせに飲みたがる、一度口を付けたら溺れるように飲んでしまう。歯止めが効かない今の私はどうしようもない。
月曜日、職場で頭下げまくらなきゃ;;
私の泥酔伝説(爆)を耳にするのが怖いような。
 
   
Posted at 07:05/ この記事のURL
ラッキーチャンス、再び!? / 2005年04月08日(金)
◆昨日のバタバタが嘘の様に、静かで平和な午後。
あんまり平和すぎて眠い。激しく眠い。
給湯室を掃除してはみるものの、時間が経つのが遅すぎる。
夕方。
そんな眠気を一瞬にして吹き飛ばす発言が!!
<font size=5>「今週末、花見するから」</font>
いきなり、ラッキーチャンス再び!って喜んだのは、ほんのつかの間。
いきなり決まったのはいいけれど、ナナナント!今年の幹事はウチの課だ!!
オイシイとこだけを持っていきたがる課長は私に
「ワシがおらんから、常盤さんは<font size=5>幹事長代理</font>、ということでヨロシク」
と言って、さっさと営業に出て行ってしまった。
おいおいおい!!ヨロシクされても困ります!!
これは冗談とはいえ本来は、派遣社員は自由参加で、社員行事に深く関わる必要は無いのです。
今回は幹事が自分の課だし、去年行かなかったし。Mさんに会えるかもしれないから参加するんだけどさ!
先日の歓送迎会の予約だって、派遣社員の私にさせるんだもんなぁ・・・。
営業さんも戻るのが夜遅いのに、いつどうやって打合せするんだろう・・・。

・・・まとまりのないウチの課が、果たして幹事を務められるのか!?
すでに場所、ぜーんぶ取られちゃってるんだけど。
楽しみ半分、ちょっと頭が痛いな;;;
 
   
Posted at 16:23/ この記事のURL
ラッキーチャンス・1 / 2005年04月07日(木)
◆朝からナゼかテンションが高く、何かあると笑っていた私。
昨日『ワケあり男』で怖い発言をしたOさん曰く、ホントにどこかで『ひと皮むけた』のかもしれない(笑)

めずらしく朝から用事で倉庫に向かうと、いつもならすでに南港へ走っているはずのMさんがいた。私から
「おはようございます!」
「おはようございます」
<font size=5>・・・・。</font>
倉庫前には二人だけ。ナゼかお互いに動かず無言で、しばし見つめあってしまっていた。
「・・・な、何スか!?何なんスかッ?」
「・・・何って、何なん?(笑)」
今までは職場では会話をしてもすれ違いざまや作業しながらで、じっと立ち止まって長く見つめあうことも無かったと思う。
ここ最近、ナゼかMさんと会うと互いにしばし見つめあってしまってる。何となくそんな気がするんじゃなくて、ホントその状態。
お互いに、何か言いたげに見えるのかもしれないけど。
その時のMさんの表情は、仕事や普段のそれじゃなく。まるで二人きりのような、さらに目尻がさがって、目を細めて口元が笑っている。本当に優しくて甘い表情をしていることに気が付いた。
「油差すから、臭いかがしたろか?」
「はい♪(笑)」
「何でオイルの臭いが好きなん?一斗缶、持って帰るか?」
「はい、ぜひ♪」
「何を・・・何でこんな臭いが好きなん?・・・ホンマに(苦笑)」
こんなたわいもないフツーの会話が出来ただけ、ラッキーだよな♪と思いつつ。

山のような仕事をどうにか片付けて、居合わせた総務のKさんとお茶で一息ついていた夕方。
ちょうどそこへトイレから出てきたMさん、「お疲れ様です」と言った私のカップを覗き込み、
「なに飲んでるん?」
「お茶ですよ。健康的でしょ」
「ウソ〜?何かいつもコーヒーとか、そんなんばっかり飲んでるんちゃうん?
<font size=5>ヤバい薬、飲んでるんちゃうん?</font>」
と私に思いきり顔を近付けて、さらりと言いだすではないの!!
「!?・・・へっ!?はぁ〜!?や、ヤバい薬って、何なんですかっ!」
「それ、ヤバい薬入ってるんちゃうん?(笑)」
「え?んなワケ・・・うん、実は・・・って、違いますからー!!」
言うだけ言って、さっさと事務所に入ってしまったMさんに、我々は一瞬あっけにとられてしまった。
「・・・ヤバい薬って、一体どこからそういう発想が出てくるかなぁ??Mさんホント、ワケわかんないですよね(苦笑)」と私。 →
 
   
Posted at 11:23/ この記事のURL
ラッキーチャンス・2 / 2005年04月07日(木)
→「・・・Mさんって、まったく予想もつかないこと言うんですね、さすが師匠!(笑)」と驚きながらも爆笑のKさん。
「ホント師匠は、いっつも私に変なことばっかり言うから、何考えてるかまったく予想がつかないんですよね(苦笑)」
「あ!今、ついに自分から『師匠』と認めましたね!(笑)」
「あ。み、認めてないって!!(笑)」
きっとMさんは、このところ私が事務所でよく頭痛薬をもらってるところを見ていて言ったんだろうけど・・・って、関心無さそうで結構見られてるんだ。
「もう、常盤さんはMグループに入っていて、<font size=5>Mさんの配下</font>ですもんね。抜けるときは相当の覚悟と掟があるんですよ(笑)」
「何それ!それじゃ『組』じゃん!イヤだよ、私はどこにも属さない『フリー』なんですからッ!!(笑)」
「いや、すでに<font size=5>Mさんの配下</font>ですから(笑)」
疲れているせいか、こんな会話でバカウケできる我々は幸せかもしれない(爆)

そして帰り。
あと少しで家!というところで、サイクリストの好青年に大阪城公園までの道を聞かれた。実は私、ナゼかよく人に道を尋ねられるんだわ(汗)
それにしたって、他にも人がいるんやから、わざわざ車道をママチャリで飛ばしてる私を止めなくてもいいのに・・・(苦笑)
「大阪城公園かぁ・・・私もこのまま行っちゃおうかな」
実は昼休みに見た、公園の桜がちょうど満開でとっても美しかった。今夜あたり、大阪城公園で夜桜を見にいこうかな・・・と思ってたんだよね。
見た感じ通り、好青年は旅好きで日本全国ヒッチハイクはもちろん、タイ・カンボジアでも半年間過ごしたことがあるそうで、道すがら旅の話や自転車の話をたくさん聞かせてもらった。
すぐにでも自転車を買って、ふらっと旅に出たくなった(笑)
名前も聞かずに別れたけど、礼儀正しく親切で穏やかな物腰の中に、芯の強さとまっすぐな瞳が素敵な、さわやかな好青年だったなぁ。

大阪城公園の桜もちょうど咲き揃ったばかりで、ライトアップされた大阪城は昼間よりも迫力があって。
ちょうど程よい混み具合、ジョギングやウォーキング、自転車組もいたけど、若いカップルやグループがホンマ多かった。
あんまりお腹が空いて『いか焼き』を買ったら、店の兄ちゃんが
「ちょっと冷めてしもたから、二枚持って行き!」
とサービスしてくれてラッキーだった♪言うほど冷めてなくて美味しかった(笑) →
 
   
Posted at 11:22/ この記事のURL
ラッキーチャンス・3 / 2005年04月07日(木)
→実は、冬の真夜中の大阪城公園をMさんに案内してもらいながら
『春になったら、ここでまた一緒に夜桜見ましょうよ』
と言ってた私。たぶんMさんは覚えてないだろうけど。
あの時の場所は、桜の樹に囲まれて花見には絶好の場所になっていた。一緒に見たかったな・・・あ、来週あたりに社内で花見のチャンスがあったな!
電話をしてみると、Mさんはまだまだ仕事中。
好青年との話をしたら
「若い兄ちゃんやろ?」
「あぁ〜、そうですね」
<font size=5>「ラッキーやな!!」</font>
「ホント、ラッキーですよ。今日はいろいろと」
「それをキッカケに、しっかり捕まえとかなアカンで」
「え〜、なんでですか??」
「何でですかって・・・(苦笑)
そんなん、せっかくのいい出会いなんやから大事にせんと」
この人、ホント解ってないなぁ・・・まぁ、いいよ。今のうちは。

「年寄りばっかりで、ホンマ大変なんよ」
Mさんは聞いてた以上に仕事が大変な状況で、四月はおろか、しばらくは本当に時間が取れないらしい。

最後に私は思いきって、おそるおそる聞いてみた。
「もう、電話したらアカンのですか?」
<font size=5>「アカン!!」</font>
「えぇッ!!アカンのですか!?(汗)」
「今日はアカン、ってこと。仕事中やから。
電話はいいけど、俺かて忙しいから、なかなか電話出られへんし、寝てたりとか何かしてたら、な・・・」
「アルバイト(←パチンコ)とか?」
「そうそう(笑)
しばらくは無理やけど、落ち着いたら・・・な」
電話越しのMさんの声は、終始どこか笑っていて何だかホッとした。
やっぱり、私はこの人が好きだ。
今まで一人で煮詰まってた不安が、スッと小さくなっていく気がした。
お互い、何も知らずに連絡を取り合うことも無かった今までを思えば。
極端に連絡を取り合うようになって、連絡を取らなきゃ不安になるというのも、おかしな話かもしれない。
以前よりは確かに変化しながらも、バランスがもとに戻りつつあるのかもしれない。そんな気がするのは私だけ??
自分の時間を大切にしていれば、次に会ったときの楽しみも大きいだろうし。
それまでは自分をみがいて鍛えつつ、自分の気持ちを整理して定めていく、今はそういう時期なんだろう。そう思うようにした。

今年の春は、チャンスと出会いがまだまだ転がってるみたいだ(笑)
 
   
Posted at 11:20/ この記事のURL
ワケあり男・1 / 2005年04月05日(火)
◆職場で一番私をからかう、Mさんと同じ課のOさん(妻子持ち)は同い年。
Mさんと一緒になって私をからかっているけど、本当は私のことをよく見ていてくれてて、何かと心配してくれてる。
「常盤ちゃん、やっぱり笑ってるほうがかわいいよ」
「早く、彼氏見つけて幸せになれよ」
結構、嬉しいことを言ってくれたりする。ごくごくたまに。
「同い年ー!!」
と、何かと一番気が合うのはOさんだったりする。飲みの席でも、この人がいるといないとでは私のテンションも雲泥の差だったりする。
ハッキリしていて優しくて、今じゃ仕事も一生懸命ないい人なので、Mさんはいつも私に
「Oさんやったら、ええ子やし、ええのに・・・」
妻子持ちを薦めてどうすんですか、って感じなんだけど(爆)

同い年のよしみなのか、すぐ顔に出る私がわかりやすいだけなのか。
Oさんは言わずとも、私が悩んでいるわけを勘付いている。
私が歳の離れた人を好きになってしまい、片想いに悩んでいる。ただ、それが誰なのかまでは、Oさんは知らない。
ただ、今年に入ってからの飲みの帰りに、Oさんは必ずと言っていいほど
「もう遅いし、常盤ちゃん酔ってるし。危ないから、Mさん途中まで一緒に帰ってあげてくださいね」
・・・きっとOさんは知らないはずだ。Mさんだと知ったら、Oさんはどう思うんだろう。 →
 
   
Posted at 15:36/ この記事のURL
ワケあり男・2 / 2005年04月05日(火)
→昼休みに二人だけになったので
「・・・一度拒絶されたら、もうダメなんですかねぇ」
「それはもう、男ならアカンやろ」
「歳を理由に『彼氏になれない』って、これって『振られた』ってことですよね」
「歳はまず理由にならんやろ。遠まわしに振っとるな」
「肝心なことはいつもとぼけてはぐらかして、結局遠まわしに振るなら、最初から完全に寄せ付けなきゃ諦めもつくじゃないですか、それなのに」
「あっちも寄って来て、結局肝心なことを言わんって、<font size=5>男としてひどい奴だな</font>」
・・・そのひどい男は、毎日あなたと仕事してるんですけど。
「学生なの?え?年上?仕事してるの?仕事しながら、それはひどいよな。
その人、本当に独身なのか?本当は結婚してるの、隠してるんじゃないのか??それか他に誰かいるんだよ。
<font size=5>『ワケあり』なんだよ、ワケあり。身元調べてみたら?</font>」
・・・それは私より付き合いの長いあなたが、よくご存知でしょうに。
この発言には、さすがに私もひきつった。途中から聞いていたT子さんも複雑な表情をしていた。
そうか!!みんなして関心が無いから、真実を知らないだけなのかも!?(ヲイ)
『今まで女にもてることなんか無かったから。今も他に誰も、愛人とかおらんから』
腕の中でそう言われて、疑いたくは無いけれど、そのまま鵜呑みにするほど私は単純じゃない。
「その人はカラダの関係だけ、求めてるんじゃないのか!?」
「いや、そういうのはないよ。私もそういうのじゃないんだけど」
<font size=5>「その人、絶対『ワケあり』だよ。気をつけな」</font>
・・・Mさんだと知ったら、Oさんはどう思うんだろう。
 
   
Posted at 15:36/ この記事のURL
希望 / 2005年04月04日(月)
◆今頃Zepp Osakaでは、三人DA PUMPのファンクラブイベントをやってるんだろうなぁ。チケット取れてたら無料ライブにも行けてたのになぁ・・・と思いながら、夕方ブックカバーを買いに行ったついでに本屋で読書なんぞしてました。

昼3時過ぎまで寝てたの、久しぶりだなぁ・・・。
あんなに寝たのに、夢は見なかった。見てたのに、覚えてないだけかもしれないけど。

『そっとしてあげよう』と思いながら、『どうしてるかなー』などと、ついつい着信履歴を残してしまった自分にダメ出し。

『センセイの鞄』の表現を借りれば、私は今まで一人でそれなりに楽しく過ごせてきたはずだったのに、どうしてしまったんだろう。
本当に今まで、一人で楽しかったのかも、わからなくなってきた。
どこにいても、何をしていても、どうにも居心地が悪い。
別にMさんが一緒でも、やってることは一人の時と何ら変わらないはずなのに。
しっくりいかない。うまくいかない。

よくわからない。

今はもう、MAXもMさんもどうでもいい。恋情とかそんなもん、どっちでもいい。元気で満足のいく仕事や生活をしていてくれたら、もうそれでいいから。
いつまでも一緒にいられるなら、それでいいから。
私は、何かをあてにして『期待』するのは止めた。もう『期待』はしない。
そのかわり、『希望』を持つことにした。
“こうあってほしい”と願い望むことは、決して悪いことじゃないと思うし、誰かを困らせて傷つけたり裏切らないだろうから。
 
   
Posted at 02:59/ この記事のURL
師匠と弟子・1 / 2005年04月04日(月)
◆エイプリルフールだったのに、嘘一つ思いつく間もなく一日が終わってしまい悔しい常盤です。
今夜、MAXが出演してた番組が意外となかなか面白かったのが悔しい(苦笑)
相変わらず美人のナナさんと髪が伸びてスレンダーボディーに磨きのかかるアキちゃんの2ショットが多くて、私的には悶えポイント『高』のはずなのに!
なのに、今夜はアキちゃんの服装とスタイル&レイナさんのファッションに釘づけに・・・。
ってか、MAXを見ても「あー、キレイだなー、かわいいなー」と棒読み反応しか出来ない、妙に冷めてる自分に気づいてしまったり。

話はかわって。
「ついに今年は、花粉症対策のゴーグルを買わなきゃいけないかなぁ;;」
「Mさんにゴーグル借りたらどうです?」
「へっ!?何で?Mさんが貸してくれるわけないじゃん!!」
ってか、あれはゴーグルやなくてサングラスですからー!!残念!(と心でツッコミ)

いつも私をからかう総務のKさん(新婚)は、ナゼか今年になって一緒に飲む機会が増えた。
しかも普段、私とのたわいもない会話で、ふいにMさんの名前をだしてくる。その度に私はドキッ!とする。

んで、昨夜の仕事上がりの会話にて。 →
 
   
Posted at 01:45/ この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!