【 更新情報 】

スポンサードリンク

長崎ハウステンボスの旅の魅力

長崎ハウステンボスは、滞在型の総合リゾート施設です。
多彩なアトラクションやアミューズメントやミュージアム、「ワッセナー」と呼ばれる一戸建ての住宅、ホテル等の施設があります。
その総てが織りなす景観は、ヨーロッパの風景を連想させる素晴らしいものとなっています。

世界各地のいろいろな料理を提供するレストランや、世界のワインを集めたお店、上質のチーズなどを販売するショップなども施設内にあります。
お土産にも最適ですが、長期滞在する時には是非チーズを味わって頂く事をお奨めいたします。
私自身、昨年の滞在ではホテル内にチーズとワインを持ち込んで、夜の花火を楽しませて頂きました。
豊富な種類のチーズは、ワインとあわせるのが楽しみですよ。

ハウステンボスの年間の来園者数は、220万人程度、そして日本各地の観光地と同じように、台湾や韓国などからの外国の観光客が増加して来ているようです。東京築地などでは、外国人観光客のマナーの悪さが言われていますが、ハウステンボスではそういったことを感じることはありませんでした。
(アジアの方がほとんどだという理由からでしょうか・・)

その他、長崎ハウステンボスの魅力といえば、やはり季節の花々です。
春にはチューリップ、初夏にはバラ、秋にはダリアと、季節の花が咲いています。
花に関連したイベントなども魅力の一つです。

長崎ハウステンボスの旅の楽しみ(風景を楽しむ散策)

ハウステンボスは、広大な敷地に緑があふれ、四季折々の草花が植えられていて風景も素晴らしいです。
季節を感じながらゆったりと散策してみたらいかがでしょうか。心を洗われるように清々しい気持ちに慣れると想います。

お勧めの季節は、春のチューリップ祭りの頃が一番でしょう。
他の季節も良いですが、特に、春の心地よい風に揺られるハウステンボスのチューリップ畑は、それはそれは綺麗です。
イベントなど、同時に行われる事も多い時期なのでお勧めです。

もちろん、そのほかの季節でもハウステンボスを楽しむことができます。
ハウステンボス内には、運河や町並みを楽しむことができるビネンスタッドやミュージアムスタッドの路、太陽の光が木々の間から差し込む『パレス ハウステンボス』へ通じる森を感じることができる路や、パレスハウステンボス前のローズガーデン、マリーナから桟橋からは海を楽しむことができます。

ハウステンボス