US20地図を掲載!おお、わかりやすい 

2008年08月05日(火) 2時13分
自分達専用のルートマップを作成



マップ1
大体どのへんを旅したのかを表現
いわゆる西海岸エリア
ロサンゼルス→グランドサークル(Grand Circle)と呼ばれる国立公園(National Park)巡りのネイチャーツアーだ






マップ2
何日目にどこを通ったかを表現。ルートマップ。

US19のどかだ・・・ 

2008年08月04日(月) 3時31分
ドライブ

ドライブ〜


何も無い

町も無い

村も無い







たまに牛がいる






うしさん





うしさん





うしさん


US18スピードの向こう側 

2008年01月25日(金) 0時42分



ぶっこんだ男なら一度は見てみたい


「スピードの向こう側」


僕がかつて
SRに乗っていたのは
龍神 天羽時貞がルシファーズハンマー(SR)に乗っていたのに憧れていたから。
そりゃあスピードの向こう側を覗いてみたいわけだ。


アメリカはだだっ広い

ストレートがどこまでもストレートな区間もある
旅の最中に一度は挑戦しようと思って実行

スピードの向こう側ツアー


しかし

頑張ったが

僕には

見えなかった

好奇心よりも先に
恐怖心がたつ
時速200km
限界
一瞬で道路からはみ出る

の予感
怖かった

楽しかった

満足じゃ


バイクで走ったら気持ちよさそだったなあ

US17ドライブ最高なわけで 

2008年01月25日(金) 0時35分
この日は

ドライブ
ドライブ
ドライブ

しかも景色がいんだ!これが


くるくると景観が変わる

US16 荒野 GRABAKA 仁王立ち 

2008年01月19日(土) 4時06分
ドライブ

ドライブ


開けた台地に出た

すごい見通しがいい

あまりに見晴らしがよかったため休憩


グラバカを着て仁王立ちの図

US15三日目 飛び出しキケン 

2008年01月19日(土) 3時50分

朝5時くらいに(友達が)頑張って起きる。


再びブライスキャニオン国立公園


早朝も早朝。暗い。霧がでている。見通しが悪いな。今日は昨日とは違うスポットから朝日を観よう。と、運転してると、突然!


鹿が飛び出してきた!!

うお!
危ね!

と急ブレーキを踏んだもののぶつかるタイミングではない、もうびっくりしたなあ、、うおおおぉぉっ!!!!

子鹿が飛び出してきた!!!!!

(°д°;)死ぬほどたまげた!
轢、轢く!
ぶ、ぶつかる!


しかし!

ぶつかるタイミングだったが奇跡的になんとか轢かずにすんだ。

奇跡て素敵

親鹿が出てきたら、子鹿も出てくる可能性がある、
いい勉強になった。
ほんと轢かなくてよかった。




朝日スポットに到着。
ぼちぼち人がいるなー。
あれ?
再びジャパニーズ性悪ガールとのび太くんに会う。これも縁なのかな。

朝日は普通に綺麗だった。

しかしブライスキャニオンは箱庭的な何かを感じるなあ


車に戻り移動開始。今日は結構走る。

旅を総じて、この三日目の道のドライブが一番景色が変化に富んで、ドライブとして楽しかった!


US14ジャパニーズガールとのび太くん 

2008年01月16日(水) 18時10分
ブライスキャニオン国立公園 頂上(地上)で出会ったジャパニーズガール二人組


もう一人男がいて三人で旅をしているらしい
驚いたことに、男は彼氏でも友達でもないらしい!!

?なんだそりゃ

彼女らの話を聞いてみたところ。。。


西海岸ネイチャーツアーは車が必須
 彼女らは車が運転できない
  アッシー君をネットで募集
面接を実施
 採用基準、のび太くん
  何故なら襲われないし安心だから
   のび太とは観光地では別行動、アッシー君はアッシー君として扱う
彼女らはしきりに、のび太の悪口を言っている。

「ちょと聞いてよぉ。マジ最悪なんだけどぉ〜」

のび太くんは悪いやつなのか?

(・_・)

しかしなんかだかなあ
そんな人もいるんだねえ


割と人の好き嫌いはないほうだけど、彼女らに対して第一印象で何かひっかっかてた。

そんなこんなで夕日を見てバイバイ


しかし縁は続く


解散して、宿に帰ろうと駐車場に向かうと、、、

さっきのガールらがいる
「のび太のいるとこまで行くシャトルバス終わっちゃった!」と言って視線を外さない

え?乗せて欲しいなら乗せてくれと言えばいいのに。そんな上目使い、かわいくないのに。
と毒舌的な思いがよぎった時点で、彼女らにいい印象を持ってなかったことが
今更ながらに思い出された。

仕方ないので、ガール二人を乗せのび太くんのところへ!

正直のび太の悪口しか言わないガールらにはうんざりしてたが、そののび太に会えることに内心テンションあがる


そしてのび太くんとご対面!


のび太くんはのび太くんだった(^-^)
悪口とは裏腹にすごくいい人だった


そんなこんなで宿に戻り二日目を終えた。

明日の朝は早起きしてブライスキャニオン国立公園の日の出を観よう。

US13高地トレーニングとジャパニーズガール 

2008年01月16日(水) 17時59分
結構な急配の土?岩?の斜面を降りていく


途中、奈落の底に繋がるような箇所があり、そこの坂はやばかった。急すぎて途中で止まれないのだ。壁にぶつかって止まる始末。
そしてついに下界に降り立った。
その落差、100?200Mぐらいあるんじゃないだろうか。

随分降りてきた。

降り立った。奈落の底。

なんだか暗い。
光が届きそうにないのに、木が生えている。
生命の神秘だな。
ニョキニョキ岩山しか見えなかっただけに、ここだけ現実から切り取られた異空間みたいだ。不思議。

時計を見ると、時間がなくなってきている。


僕らは走り始めた。


知っていたんだ。それは。そこは高度2500mの世界だと。

実ははしゃいんでいたんだ。高地トレーニングだと。




足が軽い。装備的には荷物は全て置いてきて、軽快な服装。

森を軽く回って、来た道を戻る。バスケットマンは速かった。さすが。

急勾配な奈落の登り坂に入った時にそれはきた。



ドオーン



なんだ?ん、足がおも、い! い、息が苦しい!


ドオーン


酸欠ガス欠貧血ワッショイ


いつかのコパJFTの時みたいだ

歩くことがつらい

一歩を踏み出すことが、とてつもなく重く大変な作業になった。友達には先に行ってもらった。いや正確には友達は「今止まったら逆に(自分が)死にそうだから先にゆく」みたいなことを言って行った。

下を向いて一歩、一歩。踏み歩いて登った。

歩いてても全く息が整わず、びっくりするほど体が動かなかった。


まだ息が荒いながら地上へ登りきると、友達はジャパニーズガール二人と楽しそうに談笑していた。


(・_・)およーん


ま、まあ、、、いっか

なんだ、ラブロマンスか?アバンチュールか?
ジャパニーズガール
そういえば、アメリカに来て初めての日本人だな

US12ジオラマのようなブライスキャニオン 

2008年01月16日(水) 17時48分
ザイオン国立公園とブライスキャニオン国立公園は近い。

車で3時間程度の近さだ。

初日の反省を生かして宿探し、公園のロッジは満室だったので最寄りの村の宿ゲット。これで一安心。

再びブライスキャニオン国立公園。

この公園は赤茶けた岩の塔のようなものがニョキニョキ生えている。塔のようなのもスケールはでかく数百Mはある。なんだここは!異世界だな

夕暮れと朝焼けが絶景らしい。


ちょうどいい太さの手すりがあったのでなんとなく巻きついてみる。木が暖かい。



ニョキニョキした世界を眺めてると意外に広い。スケールがでかい。
よ〜く見ると、ニョキニョキした岩にありんこのように人がいる!

降りれるのか!

サンセットまで多少時間がある。

このニョキニョキした下の世界を覗いてみたい。
どうなってるんだろう?
下界に光は届くのか

しかし日の入りが迫っている。

友達と相談した結果、日の入り時間の15分前まで降りてそこで引き返すことにした。
僕は格闘家(柔術)、友達はバスケットマン。いざとなれば走ればいい。


その決断がよもやあんなことを引き起こそうとは、、


US11ザイオン ナローズ 

2008年01月16日(水) 17時33分
ザブザブ

楽しい

昔やった川遊びを思い出した。水は青緑に濁っていて透明感はない。ゆえに足元が見えない。石がゴロゴロあって歩きづらく何度かこけそうになった。
それから川の中を小一時間進む。

ナローズ(ナロー:狭いという意味)と言われるだけあって、川幅は狭い。
そして両側は切り立った壁のような崖。

ふと空を見上げると、、、

空が狭い

開けた中洲のようなところに出て休憩を取る。風が適当に吹いてて気持ちいい。大きな岩があったのでそこの上でしばらく瞑想をする。

ここでUターンをしよう


その帰りに事件は起きた。


最大の激流ポイントがあり、行きはそこを迂回した。

帰りは面倒だったので安易に突入してしまった。
すると、、、
激流に左足をとられる!
 腰を落とし右足も動かしバランスをとる!
  左足の裏が滑る!
   片足が左足が宙に舞う!
    背中から落ちるわけにはいかない!
     腰を切る!
すごい運動神経!柔術やっててよかった!
 右足の裏が滑る!
  え!?(゜д゜;)
   今、両足、浮いてない!?
    ち!なんとか左手をつく!
      左手滑る!
え?もう無理

ズバーン!

と川に落ちてしまった。
しかも全身。

(写真はイメージ写真。やけになって川を泳いでます)

あがかないほうがよかったかも(・_・)


幸い、体は軽い擦り傷で無事だった。


が最大の痛手は、、、


デジカメ水没!(゜д゜)うへー


なんてこった!!


なんてこった!!


僕は写真は好きで、いっぱい写真を撮ろうと撮りまくろうとすごい楽しみにしてたのだ。
それが!
旅2日目午前中でカメラおじゃんかよ(ノ_・。)
この旅行は9日間だよ〜

ええー、アリエナイ


今思うと川に入るのにデジカメ持ってる事自体があほうだが、今さら言っても仕方ない。

ややテンション落ち気味に川を下る。


もう昼過ぎだ

腹も減った

次に行こう


次の目的地は「ブライスキャニオン国立公園」だ