初節句のお祝いとは

  • URL:http://yaplog.jp/hatussekku/archive/5
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句の御祝「初節句」。
初節句のお祝いとは、赤ちゃんの健やかな成長を喜び、
これからの健康や幸せと厄除けを願って行うお祝いです。

女の子の初節句のお祝いは、三月三日の「桃の節句」の日に、
男の子の初節句のお祝いは、五月五日の「端午の節句」の日に
それぞれお祝いします。

桃の節句と端午の節句は、「五節句」と呼ばれる江戸時代に定められた
五つの節句のうちの二つで、桃の節句は他に「上巳(じょうし)の節句」
「雛祭り」などと呼ばれ、端午の節句は他に「菖蒲の節句」とも呼ばれます。

一般的に初節句のお祝いは、男女ともにお宮参りを済ませた後に行います。
赤ちゃんが初めて迎える桃の節句・端午の節句が生後一か月前後という
ような時期の場合は、お宮参りなどの他の行事もあるので、一般に初節句の
お祝いを翌年の桃の節句・端午の節句の時に行います。

ただ、これは初節句の決まりとして必ずしも守らなくてはならないというもの
ではなく、次の年まで初節句のお祝いを延ばしたくないというような場合には、
生後間もない場合でも、それぞれの家庭の判断で
初めて迎える桃の節句・端午の節句の日に初節句のお祝いをしてしまっても
かまいません。
スポンサードリンク
P R