初節句のお祝いの贈物

  • URL:http://yaplog.jp/hatussekku/archive/2
親戚や親しい知人のお子さんが初節句を迎える時のお祝いはどのように
贈れば良いでしょうか。

一般に初節句のお祝いはごく近親者で内内にお祝いする行事なので、
友人・知人の赤ちゃんの初節句のお祝いは何も贈らないという人も多く
特に親しくお付き合いしている場合にだけ贈れば良いでしょう。

初節句のお祝いの品として、お雛様や五月人形を贈る場合には、
少なくとも初節句のお祝い当日の一か月前までには贈るようにしましょう。

初節句のお祝いとして、それ以外の人形やおもちゃなどの品物を送る場合は
初節句のお祝い当日の一週間前ごろまでに、現金やギフト券などの場合は
初節句のお祝い当日までに送るようにします。

初節句のお祝いとして人形などの品物を贈る場合には、
贈られる側の住宅事情も考えて、何を贈るか決めなくてはなりません。

親しい間柄であれば、事前に赤ちゃんの両親の希望を聞くなどしておけば
本当に喜んでもらえる素敵なプレゼントを贈ることができるでしょう。

お祝いの金額の相場は、親族の場合は5千円〜付き合いの程度に応じて
2〜3万円程度友人・知人の場合には3千円〜5千円程度を目安にするとよいようです。

現金を贈る場合には、祝儀袋は紅白の蝶結びの水引ののし袋を用い、
表書きには「御祝」「初節句御祝」または、
桃の節句の場合には「御初雛御祝」「祝御初雛」、
端午の節句の場合には「御初幟御祝」「祝御初幟」と表書きします。
スポンサードリンク
P R