初節句のお返しと内祝い

  • URL:http://yaplog.jp/hatussekku/archive/1
初節句のお祝いをいただいた時のお祝いお返し。

初節句当日のお祝いの席にご招待する場合はお祝いのお膳がお返しになるので、
それ以外にお祝い返しを用意する必要はありません。
ただし初節句当日のお祝いの席にご招待する場合にも、
初節句のお祝いをいただいた事へのお礼状だけはきちんとお出しするようにしましょう。

初節句のお祝いをいただいた方を当日のお祝いの席にご招待しない場合には
内祝いの品物を贈るようにします。

内祝いを贈る時期は、初節句のお祝いの日から1週間くらいの間を目安とし
表書きは「内祝」として、赤ちゃんの名前で贈るのが一般的です。

初節句の内祝いの金額は、いただいたお祝いの半額から3分の1程度を目安にするのが
一般的なようです。

初節句の内祝いの品の好適品として、お赤飯やお節句にちなんだ可愛らしい干菓子や
お砂糖などが定番ですが、最近ではカタログギフトなどもよく利用されるようになってきています。

初節句の内祝いの品物を選ぶときに迷ってしまったら、贈られた人が好きな物をギフトカタログ
から選べるこのカタログギフトが最適かもしれません。






スポンサードリンク
P R