【 更新情報 】

スポンサードリンク

初節句のお祝いとは

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句の御祝「初節句」。
初節句のお祝いとは、赤ちゃんの健やかな成長を喜び、
これからの健康や幸せと厄除けを願って行うお祝いです。

女の子の初節句のお祝いは、三月三日の「桃の節句」の日に、
男の子の初節句のお祝いは、五月五日の「端午の節句」の日に
それぞれお祝いします。

桃の節句と端午の節句は、「五節句」と呼ばれる江戸時代に定められた
五つの節句のうちの二つで、桃の節句は他に「上巳(じょうし)の節句」
「雛祭り」などと呼ばれ、端午の節句は他に「菖蒲の節句」とも呼ばれます。

一般的に初節句のお祝いは、男女ともにお宮参りを済ませた後に行います。
赤ちゃんが初めて迎える桃の節句・端午の節句が生後一か月前後という
ような時期の場合は、お宮参りなどの他の行事もあるので、一般に初節句の
お祝いを翌年の桃の節句・端午の節句の時に行います。

ただ、これは初節句の決まりとして必ずしも守らなくてはならないというもの
ではなく、次の年まで初節句のお祝いを延ばしたくないというような場合には、
生後間もない場合でも、それぞれの家庭の判断で
初めて迎える桃の節句・端午の節句の日に初節句のお祝いをしてしまっても
かまいません。

初節句の祝い方

初節句のお祝いでは、母方の実家から贈られる雛人形や武者人形・鎧兜
などを飾ってお祝いするというのが昔からのしきたりですが
最近では母方の実家から贈るという事にこだわることなく
父方母方双方の実家で相談して雛人形や武者人形・鎧兜を一緒に送る
というような家庭もあるようです。

お節句のお祝いの仕方は、桃の節句には、雛人形を飾り、菱餅・雛あられ
などの雛菓子・白酒などを供えます。

端午の節句には、鯉のぼりをあげ、武者人形や鎧兜を飾り、ちまき・柏餅を
供えてお祝いします。

特に初節句のお祝いの時には、桃の節句にはお供えする菱餅・雛あられ
端午の節句にはちまき・柏餅などを身近な人たちに配り
子供の健やかな成長を祈ります。

通常、初節句のお祝いは家族や親戚知人が集まって赤ちゃんを囲んで
お祝いするだけでしたが、最近では神社にお参りして祝詞をあげてもらう
人もいるようです。

神社にお参りする際には、紅白蝶結びの水引の祝儀袋を用いて現金で
お礼をします。表書きには「御玉串料」または「御初穂料」とし、赤ちゃんの
名前を書きます。

金額は3千円〜5千円程度が一般的ですが、神社によっては料金を定めて
いるところもあるので、事前に神社の方に聞いておくとよいでしょう。

初節句のお祝膳

初節句当日には、父方母方両家の祖父母や、お祝いをいただいた親戚・知人を招き、
お祝膳を用意して賑やかにお祝いする場合もありますが、
初節句のお祝いに親戚や知人をご招待しなくても失礼には当たりません。

通常は初節句のお祝いは、赤ちゃんと両親・祖父母だけ、というように
ごく近い身内だけで行う内内のお祝いです。

初節句当日のお祝いの仕方にはあまり堅苦しい決まりはないので、
家庭によってお祝膳のメニューなども様々ですが、
初節句のお祝膳は豪華な物を用意しなくても手料理で十分です。

初節句のお祝いのお料理として一般によく食べられるものは、
桃の節句の場合、春らしく華やかな彩のちらし寿司・はまぐりのお吸い物
などが定番です。

桃の節句にはまぐりを食べる意味は、はまぐりの二枚の
貝殻がぴったりと合い他の貝殻とは合わないことから、将来に良い伴侶と
巡り合えるようにとの願いがこめられています。

端午の節句の場合、お赤飯・鯛の焼き物などのお祝いのお料理と共に
ちまきや柏餅を食べます。

端午の節句に柏餅を食べるのは、子孫繁栄を願う意味があり、
柏の葉の「新芽が出ないと古い葉が落ちない」という特徴から
「子供が産まれるまで親は死なない」という意味に結び付けて考えられています。

初節句を迎える赤ちゃんの月齢によって離乳食が始まっている場合には、
初節句の主役である赤ちゃんが食べられる物も考え、
離乳食に取り分けしやすい料理を初節句のお祝膳のメニューに加えて
決めて行くのも良いかもしれません。

初節句のお祝いの贈物

親戚や親しい知人のお子さんが初節句を迎える時のお祝いはどのように
贈れば良いでしょうか。

一般に初節句のお祝いはごく近親者で内内にお祝いする行事なので、
友人・知人の赤ちゃんの初節句のお祝いは何も贈らないという人も多く
特に親しくお付き合いしている場合にだけ贈れば良いでしょう。

初節句のお祝いの品として、お雛様や五月人形を贈る場合には、
少なくとも初節句のお祝い当日の一か月前までには贈るようにしましょう。

初節句のお祝いとして、それ以外の人形やおもちゃなどの品物を送る場合は
初節句のお祝い当日の一週間前ごろまでに、現金やギフト券などの場合は
初節句のお祝い当日までに送るようにします。

初節句のお祝いとして人形などの品物を贈る場合には、
贈られる側の住宅事情も考えて、何を贈るか決めなくてはなりません。

親しい間柄であれば、事前に赤ちゃんの両親の希望を聞くなどしておけば
本当に喜んでもらえる素敵なプレゼントを贈ることができるでしょう。

お祝いの金額の相場は、親族の場合は5千円〜付き合いの程度に応じて
2〜3万円程度友人・知人の場合には3千円〜5千円程度を目安にするとよいようです。

現金を贈る場合には、祝儀袋は紅白の蝶結びの水引ののし袋を用い、
表書きには「御祝」「初節句御祝」または、
桃の節句の場合には「御初雛御祝」「祝御初雛」、
端午の節句の場合には「御初幟御祝」「祝御初幟」と表書きします。

初節句のお返しと内祝い

初節句のお祝いをいただいた時のお祝いお返し。

初節句当日のお祝いの席にご招待する場合はお祝いのお膳がお返しになるので、
それ以外にお祝い返しを用意する必要はありません。
ただし初節句当日のお祝いの席にご招待する場合にも、
初節句のお祝いをいただいた事へのお礼状だけはきちんとお出しするようにしましょう。

初節句のお祝いをいただいた方を当日のお祝いの席にご招待しない場合には
内祝いの品物を贈るようにします。

内祝いを贈る時期は、初節句のお祝いの日から1週間くらいの間を目安とし
表書きは「内祝」として、赤ちゃんの名前で贈るのが一般的です。

初節句の内祝いの金額は、いただいたお祝いの半額から3分の1程度を目安にするのが
一般的なようです。

初節句の内祝いの品の好適品として、お赤飯やお節句にちなんだ可愛らしい干菓子や
お砂糖などが定番ですが、最近ではカタログギフトなどもよく利用されるようになってきています。

初節句の内祝いの品物を選ぶときに迷ってしまったら、贈られた人が好きな物をギフトカタログ
から選べるこのカタログギフトが最適かもしれません。






P R