苦しかった3年間
2012.12.06 [Thu] 20:59


ストレスに苦しむ方の数が年々増えいているようです。長引く不況による影響も見逃せん。
リーマン・ショック以降どん底に突き落とされましたが、今日までに何度も浮上するチャンス
があったんですが、ことごとく政府当局の悪政によって潰されてきましたよね。


ですので、私が担当されている中小企業の社長さんは本当に大変でした。大手銀行側は、
大企業と比べて倒産リスクが高い中小企業には融資を渋るんです。


このため、資金繰りがいつまでたっても良くならない。そんな状況下で2011年に東日本
大震災に襲われたわけですから、溜まったものではありません。


私は報酬を頂く側なのでまだ良いですが、支払う側は、そのお金を用意しなければなりま
せん。この時ばかりは覚悟を決められた方が多かったです。


ストレスとかそんな言葉で表現できないほどの不安と苦しみの中で、たった数日で髪の毛
が真っ白になってしまった社長さんがいらっしゃいました。


私も体調が優れず、かかりつけの医者に出向くも、とくに悪いところはなく、精神的なもの
でしょうと、普段は怖い看護婦長さんからやさいくたしなめられました。


その何気ない一言で立ち直った気がします。それまでは私もずーと落ち込んでいましたので、
言葉の持つ力をあらためて実感しました。そして、いよいよ衆院選を迎えることになります。


この3年間を最高の学びに変えるのか、はたまたさらに地獄へと突き進むのか問われることに
なります。選挙が終わったら日本中の人達と喜び合えることを願っています。