SUZUKI スピードカップ開幕!!

June 22 [Fri], 2018, 21:08
こんばんは カズオ・ペニャです

さて、本日6/22(金)、SUZUKIさんと浜名湖さんの豪華コラボ “GV SUZUKI スピードカップ”
が開幕いたしました。

盛り上げの重責を担う地元大将はドリームファン投票1位となった深谷知博選手、当地正月レース
に始まって芦屋、丸亀、常滑、そして再び当地ゴールデンウイーク戦も奪取とすでに5優勝。今年
は1着回数でもトップを走っていて絶好調だ。
ファン投票30票差で2位となったのが佐々木康幸選手、スピードカップ優勝歴もあり、直前の児島
で優勝して勢いに乗ってくるか。弟子には負けられないところだ。
さらにSG覇者の重野哲之選手、今年は4月に福岡で史上最年少の24場全場制覇を達成、貪欲にさら
なる上を目指す。

遠征勢ではドリーム5号艇の西山貴浩選手、4月に常滑でモーターボート大賞を優勝していて、そろ
そろ口よりも舟で目立ち始めている。
ドリーム3号艇の岩瀬裕亮選手も今年すでに3優勝と好調だ。さらに4号艇の中野次郎選手、6号艇の
赤坂俊輔選手と好腕が揃って激戦必至のスピードカップにご期待ください。





愛らしいのに逞しい、



あなたの夏を クロスビー










丸亀オーシャンカップ  その2

June 17 [Sun], 2018, 21:53
丸亀競艇の “SG 第19回オーシャンカップ” 、静岡からは徳増選手が優出していた。
引いたモーターは2連対率37.8%の49号機、『特訓はまあまあだったが、調整は合って
いなかった。丹下将君の優勝の足を見ているので近つ゛けたい』 と。

1走目は4コースのカドからコンマ14、3山口選手が遅れツケマイに出る展開を、最内差し
切って1着。1号艇の連勝を4で止め、『気になるところを修正できればいい足になる』と。

2走目は3コースからコンマ19、伏せたままツケマイに出てバック先マイの1岡崎選手の右
に付ける2番手、2マークも全速でホーム岡崎選手の右、2周1マークも全速行くがこれは
届かず2着となった。
3走目は5コースからコンマ17のトップタイ、ガツンと初動を入れて全速のまくり差しでバッ
ク2〜4番手の中、2マークは最内へ差してホーム3番手、2周1マークの先マイは返され3着
となった。『調整の方向性が分かってきたのは大きい、今日はいい収穫がありました』 と。

4走目は6号艇から大きく回り込んで4コースに入ってスロー発進のコンマ07、4瓜生選手
のコンマ05を押さえて先ツケマイに出てバック4〜5番手の外、2マークは内へ差してホーム
3番手、2周1マークは全速でさらに前に迫るも3着までとなった。
『ペラ調整で掛かりがスムーthになった、自分の好きな感じ』 と。

5走目は2コースからコンマ12、まくられ差しのハンドルでバック4〜5番手の内、2マーク
は流れのままに全速でホーム4番手、2周1マークは開き差しで4番手も3桐生選手の締め込
みが掛かって桐生選手転覆で3番手に、しかし2周2マークで1井口選手に差され4着となっ
た。
6走目は1号艇のインをコンマ10で先マイ、出足よく逃げ切って1着、得点5位で予選を
終了した。
『自分の納得できる足、バランスが取れている。100%とは言えないけどうまく調整できた。
スタートは勘通り』 と。

準優は10レースの2号艇を2コースからコンマ11、インの1吉田選手はコンマ17から伸び
返して先マイ、徳増選手は意表を突くツケマイに出てバック2〜3番手の外、2マークも全速
で足よく前に出て、1マークに転覆艇があったので、直ぐに内へ締めて2着を確保、優勝戦3
号艇を獲得した。『気温が微妙に影響してターンの出口の抜けがもうひとつだった、落として
回るよりも握った方がいい足だった。行き足は◎に近いと思う』 と。

優勝戦、天候は 晴れ、風は1mのアゲインスト。

1 吉田  拡郎   32 岡山 A1 7.75   32132.1
2 濱野谷 憲吾   40 東京 A1 7.26   621131.1
3 徳増  秀樹   39 静岡 A1 7.49   123341.2
4 池田  浩二   36 愛知 A1 6.63   451221.2
5 田中 信一郎   41 大阪 A1 7.38   454113.2
6 瓜生  正義   38 福岡 A1 8.47   243612.3

進入は   1 2 3. 4 5 6

STが   15 13 11 17 12 08

スタートは3徳増選手がコンマ11でトップ、コメント通りに一か八かでツケマイに出るが、
掛かりがいまひとつでバックは5番手、2マークは内を差してホーム5番手、2周1マーク
は4池田選手に差されるが2周2マークで差し返して5着でゴールとなった。
優勝は伸び抜群に1マーク先取りして逃げ切った1吉田拡郎選手、この年は4月に大村
周年でGT初X、前節の宮島ではGUMB大賞X、GTGUと来て一気にSGまでもブッコ
抜いて見せた。ある人への想いでこの年を勝負と決めて命懸けで走りきる吉田拡郎だった。
おめでとうございます。










私は見た

June 16 [Sat], 2018, 21:08
気象予報士の伊藤麻衣さんがフラダンスと天気予報を見事に調和させてみせたのを・・・


(NHK)





丸亀オーシャンカップ

June 15 [Fri], 2018, 21:46
ワンちゃんは 年をとっても ホームラン

さて、さる2014年7月21日に最終日をむかえた “SG 第19回オーシャンカップ”、服部
選手は予選を 2、5、53、3 で予選突破はならなかった。
引いたモーター41号機は2連対率36.2%も、『もらったままの状態で練習した、ちょっと
いまひとつだった。外回りから調整する』 と。

1走目は2コースからコンマ03、差しハンドルでバック3番手の内、2マークはうまく小回り
してホーム3番手、ここでフライング艇があって繰り上がり2着となった。

2走目は5コースからコンマ14、まん中めがけてまくり差しハンドル入れてバック3〜5番手、
2マークは内を突くが引き波の上で舟が回転してしまい切り直して後退のホーム6番手、2周1
マークは内へ差して5着に上がった。
『悪くなかった、特徴はまだ出ていない』 と。

3走目は3コースからコンマ19、4吉田拡郎選手の4カド06まくりの引き波の外から差し狙う
が内が塞がって行き場なく5着。
4走目は4コースのカドからコンマ20、ブイ差してバック2番手、2マークの全速は脹れて6
岡崎選手の差しが入ってホーム2〜3番手の外、2周1マークは内を突く2艇をさばいて3着と
なった。

5走目は3コースからコンマ14、行き足よく出て1新田選手の内へ差しハンドル入れるが右横
を4池田選手のスピードにのったまくり差しが入って流れバック6番手、2マークは内小回りで
ホーム4番手、そして2周2マークの差しが届き3周1マーク先マイで3着に上がった。

6走目は1号艇のインをコンマ12で速攻ハンドル決めて逃げ切りの1着。初日が出た。
7走目は2コースからコンマ16、差しハンドル入って、先マイの1田村選手を追うバック2番手、
2マークは全速で2着を確保した。

8走目は1号艇のインをコンマ12で先マイ、しかし2平本選手の差しと3湯川選手のまくり差し
が入ってバック1〜3番手の外、2マークは内へ差して2着となって今節終了となったのでした。











祝 金子良昭選手 MBP開設記念優勝!!

June 01 [Fri], 2018, 21:08
ぎゅうにゅう


さて、さる2014年7月18日、大村競艇場において “MBP波佐見開設4周年記念” の
優勝戦が行われました。

1 草場  康幸   38 佐賀 A1 6.15   212211
2 長田  頼宗   29 東京 A1 7.08   261121
3 金子  良昭   49 静岡 A1 6.64   122611
4 木村  光宏   43 香川 A1 6.52   112122
5 桑原  将光   29 東京 A2 5.41   22332
6 後藤  陽介   35 愛知 A2 5.61   51152 

進入は   1 2 3. 4 5 6

STが   13 17 11 18 21 29

大村競艇の4日間短期戦、金子選手は予選を 12、26、11 で突破した。

1走目は1レースの1号艇をインからコンマ13のトップタイ、速攻の逃げ切りで主役に
名乗りを上げた。
2走目は12レースカステラ選抜の2号艇を2コースからコンマ18、3黒崎選手が11で
出るのを制して先まくり、やや飛び気味ながらバック先頭、2マークは差し伸びてきた6
河村選手の先マイを差すが、その内へ1木村選手もうまく飛び込みこちらが前で金子選手
が2番手、2周1マークは再び先マイの河村選手を差して2着となった。

3走目は5号艇からピット出よく2コースに入ってコンマ18、2明美選手の53kg4
カドまくりをインの3木村選手が張り先マイする展開を差して木村選手を追走のバック2
番手、2マークは外マイで2着を確保した。掛かりがよく前に出る感じだ。
4走目は4コースのカドからコンマ19、ブイ差しが5金子拓矢選手の全速の引き波に乗っ
てしまい後退のバック6番手、2マークはおっつけるも叶わず6着となったが得点6位で
予選突破となった。

準優の前の一般戦は進入固定の1号艇をインからコンマ21、センター勢が競り合う間に
先マイして逃げきり1着。
そして準優は12レースの2号艇を2コースからコンマ22、1木村選手の背中をよく見な
がらきっちりハンドルを入れて差しきりの1着、優勝戦3号艇を獲得した。

優勝戦、天候は晴れ、風は1mの左横、進入は枠なりの3対3。エンジン出ているのは内
のふたりで、1草場選手がコンマ13で先マイ、2長田選手はコンマ19でやや遅れ気味な
がらも1マーク出て草場選手に被さるようになっての差しハンドル、3コースの金子選手に
とってはまくり差しは難しそうだったが、コンマ11のトップスタートのアドバンテージを
使ってスルスルっと入っていってバック抜け出して先頭へ、名人の技を見せて今年2回目、
大村は4回目、通算では69回目の優勝を飾った。





P R
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hattori3422
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
『今始まる、小さな車の物語』
☆ SUZUKI ☆ 
Yapme!一覧