祝 金子良昭選手 名人戦優勝!!!!!

March 06 [Mon], 2017, 21:03
さる2014年4月20日、唐津競艇場において 第15回名人戦” の優勝戦が行われ
ました。

1 金子  良昭   49 静岡 A1 6.31   13112.1
2 長谷川  巌   49 山口 A1 6.60   31142.1
3 大嶋  一也   56 愛知 A1 6.72   532412.1
4 高橋  淳美   50 大阪 A2 5.47   12531.2
5 原田  順一   64 福岡 B1 4.66   52141.2
6 泉   具巳   48 兵庫 B1 5.93   13463.2

進入は    1 2. 3. 4. 5. 6

STが    01 +01 17 04 04 06

前年11月に次男の萌(はじめ)君が選手デビューして親子レーサーとなった金子選手、引
いたモーターは2連対率43.1%の26号機も『自分が思っていたよりも良くない、ピッ
ト離れも良くないし進みが良くない』と良くないずくしだった。

1走目は6号艇から前付けて3コースに入ると、コンマ09のトップスタートで1マーク優位
に1落合選手の内へまくり差して先頭へ、2マークは内を突く5篠原選手を差して1着。
2走目は3コースからコンマ16、2古場選手が1山室選手をまくる内へマーク差すがその内
へ4中村選手もスピードに乗って入ってきてその引き波に乗ってしまいバック3〜4番手の内、
2マーク内を突くもホーム4番手、2周1マークは開き差すも4番手、そして2周2マークの
おっつけで古場選手の内に届き、3周1マークを内先マイして3着に上がった。
『ターン回りはそこそこだけど、全体的には普通』 と。

3走目は5号艇も6大嶋さんに連れられて前付け行って2コース、コンマ16のトップスタート
で1北川選手を差し切って1着。『バランスが取れている、Sを全速で行けているのが結果につ
ながっている』 と。

4走目は1号艇のインをコンマ11のトップスタートで先マイ、出足も良さげに逃げ切って1着。
得点2位で準優進出戦進出を決めた。『何もやってないし足は変わってない、バランスとれて
いい』 と。

3着までが準優へ進める準優進出戦は11レースの1号艇、インからコンマ22とやや後手で3
鈴木茂正選手が16でまくるのをクルリとうまく残してバック2番手の外、2マークは全速で2
番手の外、内に4平田選手がいたが2周1マークを先マイして2着をキープした。
『他との比較は分からないけど、Sさえ決まれば逃げ切れる自信はあった。この水面でも握っ
て回れたし足はいい』 と。

準優は12レースの3号艇を3コースからコンマ19、インの今村選手は11レースでインの1
西島選手がフライングしていて、『ニシがF切った後やけ、オレも切るわけにはいかんと思って、
行けんかった』とコンマ33のドカ遅れ、2中村選手がまくるその内へマーク差し突き抜けて1
着。なお10レースでは、浪速のレディスナイパー・高橋淳美選手が大嶋さんの差しに2着とな
っていて、金子選手が優勝戦の1号艇獲得となった。大チャンス到来だ。
『乗り心地、掛り、音の雰囲気と感触はいい、Sは風も変わるし難しい。自分のレースのでき
る位置から』 と。

優勝戦、天候はくもり、風は4mのフォロー、進入は3大嶋選手の前付けを2長谷川選手ブロ
ックして枠なりとなったが、起こしは1、2が100m、3が130m、4は150m、5は
170m、6は200mで、2対1対1対1対1のバラバラ起こしとなった。スタートは3大嶋
選手の17以外は際まで踏み込むドッキリスリットで2長谷川選手は+01のフライング、その
長谷川選手が差し、4高橋選手がツケマイ来るが01決めたインの金子選手が先マイで1マーク
決着、今年初、G1は16年ぶり3回目、通算では68回目の優勝を飾った。




      

桶狭間

February 23 [Thu], 2017, 21:54
3年前に名古屋の競馬場で馬になって走った後、車を馬に見立てて清州城から桶狭間まで、
信長の走った跡を辿ってみた。道案内は例によって



司馬さん。(笑)

この「国盗り物語」の第3巻の桶狭間のところを、改めて読んでみたけど、引き込まれるほ
どにおもしろい。20代の男子で崩れそうになっているのがいたら一度読んでみればこんな
世界があったのかと司馬史観のとりこになって苦悩の青年期も乗り越えられること請け合い
だ。




清州城


名古屋らしい展示があった。



25歳の信長はこの清州城を永禄3年、1560年6月12日の午前2時過ぎ(?)、100
騎ほどを引き連れて飛び出し、まずは熱田神宮をめざした。当時の道というものがどうなって
いたのかよくわからないけど、信長はまず美濃街道を南へ向かっただろうか。

私は67号線を南西に走り名古屋城の西を南に折れる道をたどれば、分けもなく熱田神宮
に着いた。



信長が熱田に着いたのが8時頃というからここまで6時間。めずらしく戦勝祈願などして、さら
に白い布を集めさせ棹に付けて木の間にひるがえらせて擬兵をつくっている内に1000騎ほど
になった。
海蔵門を出て南西に走り、「井戸田、新屋敷をすぎ黒末川を渡って古鳴海に出」た。
私は1号線を南西に向かい、松田橋で南に折れ56号線で東へ曲がり天白川を渡ると南に
今も古鳴海町というのがあった。




信長はここから南へ走り、「低いなだらかな丘陵を乗りあげ乗り下し」して善照寺砦に11時
頃につく。

私は59号線の古鳴海交差点から南西への枝道に入り郵便局を過ぎたあたりでさらに東へ
細い道を入って鳴海小学校の東に出て細い道を東に入って行くと小さな砦公園というのがあ
って、それが善照寺砦跡になる。



ここで小休止するうちに兵員は3000人になった。そしてこの時驚くべき情報がもたらされる
のだ。『義元殿は、ただいま田楽狭間に幔幕を張りめぐらして昼弁当をお使いなされておりま
する』
戦勝祝いの酒魚などが近在の神社や寺から義元に届けられ、6月とはいえもう夏で暑かったので
腐らすのがもったいなかったらしい。酒まで振舞われたようだ。

すわと、田楽へ向かって駆け出したと「国盗り物語」ではなっているけど、さらに南の中島砦を
経由して東へ走ったようだ。中島砦は扇川と手越川の合流点にあって今は民家が立っていて碑が
その民家の庭にあり、御好意で自由に見学できるようになっている。




ここから田楽狭間まで直線だと3km強、信長は「道もない山のなかを」行くので6kmほど。
駆け出した信長にこの時もう一つの奇跡が天から降って来る。まるで嵐のような暴風雨だ。義元
の行軍は旧東海道沿いに沓掛から大高城へと連なっていたと思うのだけど、北の山(?)の中を
行く信長軍を、今川方からついに目撃されることがなかった。天が中世を終わらせるべく信長に
勝たせようとしたとしか思えない。信長もそれをよく理解していてこの後、二度とこのような奇
襲は行わず、常に敵に倍する兵力と火力を揃えて横綱相撲を取った。普通人間は成功するとまた
同じことをやりたがるのもので、東郷平八郎でさえ日本海海戦の大鑑巨砲主義を航空機の時代に
入っても捨てられなかったという。信長の恐るべきリアリズムだ。

嵐の中進軍すること2時間ほど、午後1時ごろに田楽狭間を見下ろす太子ヶ根についた。



信長がどこを走ったか分かりようもないけども、この図のように行くと義元本陣に着く前に敵陣に
突入してしまうので、おそらくは扇川の北側を巻くようにして、ピンポイントに北から南へと突進
したと思われる。この辺の地元の図書館に行けば戦前か、できたら幕末の、経済成長による開発
前の写真があるに違いないがそこまで見て回る時間がない。私は適当に走って



途中36号線に出てしまったりして蛸畑から南下してイオンの北側を東へ行くと太子小学校のとこ
ろに出た。このあたりが太子ヶ根で、小学校の東に入り込んで行くと健康公園のようなのがあった。



南の外れが小さな崖になっていて、そのすぐ向こうが田楽狭間だ。




桶狭間といわれるのは、実際は田楽狭間で、信長の壮挙があまりにも鮮やかなので「桶狭間
の戦い」という方が格好がいいのでいつしかそうなったのだろう。

「かかれ〜〜〜!!」とは信長は名古屋人だから言わなかったろう。「かかるがや〜〜!!」






古戦場より太子ヶ根を見上げる。(義元終焉の地は複数説あり)


なお、この時の義元軍の先鋒が17歳の家康(松平元康)で、丸根砦を落として兵糧を大高城に
運び終えている。家康隊と義元の本隊の間あたりにいたのが、今大河ドラマ「女城主 直虎」で
杉本哲太さん演じる井伊直盛隊だった。義元の近くにいたと思われるので信長軍の直撃を受け
たようだ。直虎の父である34歳の直盛含め16名が命を落としている。(年齢は満年齢で計算)



井伊谷の龍潭寺にある桶狭間戦死者の墓

この当時の人は仏教の本来の教えである、人は死ねば0に帰る、という教えをまだ残して
いたからか、墓石に俗名などは書いてないので、どれが誰の墓かは分からないままだ。

「女城主 直虎」 第9回 桶狭間に死す” は3/5放送です。









私は名古屋好きです。










祝 今坂晃弘選手レーシングプレス杯優勝!! 

February 13 [Mon], 2017, 21:32
にょろにょろにょろ


さて、さる2014年4月16日、福岡競艇場において 公営レーシングプレス杯” の優勝戦
が行われました。

1 渡邉  和将   24 岡山 A1 6.73   3321311.21
2 今坂  晃弘   36 静岡 A1 6.07   1523321.11
3 飯山  晃三   36 長崎 B1 5.82   2241424.31
4 中島  友和   37 佐賀 A2 6.16   1241111.22
5 黒崎  竜也   37 三重 A1 6.88   2124114.22
6 山崎  義明   47 埼玉 A1 5.95   5112234.62

進入は    1 2 3. 4 5 6

STが    01 04 08 11 11 08

エンジン差が激しかった福岡の公営レーシング、今坂選手は伸び足がいいという57号機を引き
予選を 15、2、33、21で突破した。

1走目は2コースからコンマ14のトップスタート、1森林選手もコンマ17とさほど差はなかっ
たが強気にまくって1着。
2走目は1号艇のインをコンマ17、6中島友和選手の12まくりを3玄馬選手が先まくりに出る
展開、先マイできそうでもあったが舳が浮くようになってしまい、まくられて5着となった。

3走目は5コースからコンマ10のトップスタート、4岸さんがカドからまくっていくのをインの
1渡邉選手が張り先マイに出るその内へズボ差してバック先頭、2マークは渡邉選手うまく差し返
してきてホーム先頭争いの外、2周1マークは差し返せず2着となった。

4走目は6コースからコンマ08のトップスタート、まん中へまくり差してバック4番手の内、2
マークは内を突くもホーム4番手の外、2周1マークは外から差して3〜4番手の内、そして3周
1マークで2川添選手を差して3着に上がった。
5走目は3コースからコンマ06のトップスタート、まくり差しハンドルは届かずバック3番手、2
マークは全速で3着となった。

6走目は4コースのカドからコンマ20、抱きツケマイでバック3番手の外、2マークは全速でホ
ーム3番手の外、2周1マークは内を突く3後藤正宗を差すとこれが5浜野選手にも届いて2着に
上がった。
7走目は2コースからコンマ09、ダッシュ伸びして1島田選手をまくり一発!

準優の前の一般戦は4コースのカドからコンマ10のトップスタート、伸びよくまくっていって先
まくりの2杢野選手の内へ差し入り、バック伸び逃げて2マーク先マイ、ホームも差して迫る杢野
選手を伸びちぎって2周1マーク先マイで1着となった。
準優は12レースの2号艇を2コースからコンマ12のトップスタート、行き足よく覗いておいて
スッと引いての差しハンドル、1中島友和選手の内を捉え2マーク先マイして1着、優勝戦も2号
艇を獲得した。

優勝戦、天候はくもり、風は1mの左横、進入は枠なりの3対3。足は予選トップながら準優2
着で4枠となった中島選手が良機で快速仕立て。スタートはその中島選手がコンマ11、伸び強
力な2今坂選手に先手を取らねばとインの1渡邉選手がコンマ01、 今坂も負けじとコンマ04
で行き足よく出ておいてきれいに交差旋回、これが見事決まって差しきり成功、今年初、通算で
は11回目の優勝を飾った。


bandage

January 27 [Fri], 2017, 22:58

板東英二の

ひびきあり




東北詣で 3

January 03 [Tue], 2017, 21:46
北上川の河口から398号線を北東に進み、小さな半島をぐるりと左回りすると戸倉に
出た。



だいぶ盛り土が進んでいた。戸倉小学校を探したが礎石すら分からなかった。盛り土
の下になっていたのだろうか。西の山の方を見ると神社の赤い鳥居が見えた。



戸倉小は校長先生と教職員の、そして隣接していた戸倉保育所でも所長らの判断で、
マニュアルでは3階建ての戸倉小の屋上に避難することになっていたにもかかわらず、
とっさにあの宇津野高台への非難を指示し、走って逃げて全員無事だった。





この鳥居のあたりまで水が来たので、さらに階段を上り頂上にある拝殿に入って卒業式で
歌う予定だった川嶋あいさんの「旅立ちの日に」を歌って一夜を過ごしたという。




岩手朝日テレビの番組に戸倉小の映像が出ていた。





浸水高20.71mに屋上の給水塔まで水没した。荒浜小学校は1階が水没しただけだから、リ
アス式海岸のこれが恐ろしさだ。屋上か高台かの選択肢があるなか、正しい避難の判断が出来た
のは1960年のチリ地震津波を経験した職員の存在であったという。しかし、チリ地震の津波
だったら校舎屋上で十分と思うのだが。また、戸倉保育所の所長さんは、揺れによる建物被害が
大きく校舎も危険との判断で21人の園児を戸倉小の児童よりも早く、高台へ毛布を持たせて避
難完了させた。このような判断力というのは何によって得られるものなのだろう。





P R
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hattori3422
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
『今始まる、小さな車の物語』
☆ SUZUKI ☆ 
Yapme!一覧