わしが長嶋直虎じゃ

July 19 [Wed], 2017, 21:04


わしも出るから見に来てくれや     (だれや)




祝 三浦永理選手 スポニチ杯優勝!!

July 15 [Sat], 2017, 21:35
さる2014年5月14日、徳山競艇場において GVスポーツニッポン杯争奪 オール
レディース戦” の優勝戦が行われました。

1 三浦  永理   31 静岡 A1 6.71   21413121.61
2 谷川  里江   46 愛知 A2 5.93   2112423.41
3 守屋  美穂   25 岡山 A1 6.78   53111342.11
4 岩崎  芳美   41 徳島 A2 6.74   13123111.12
5 中谷  朋子   37 兵庫 A1 6.40   2353321.12
6 池田  紫乃   38 長崎 A2 5.86   1222516.12

進入は   1 2 3. 4 5 6

STが   08 14 18 06 12 13

スポニチ杯争奪のGV戦、新モーターを引いた三浦選手は予選を 21、41、31、21
で突破した。
1走目は6コースからコンマ20、内3艇踏み込み甘いのを4池田紫乃選手がまくる展開
を、空くポイントを見抜いて握ったまま差し抜けて2着。
2走目は12レースドリーム戦の5号艇を5コースからコンマ08、2片岡選手がコンマ15
でインの1香川選手(コンマ24)をまくる展開をここも、空くところが分かるのか真ん中を
全速で差し抜けていって1着。『ドリームで差した感じは悪くない、上積みを狙って調整す
る』と。

3走目は3コースからコンマ27、後手位置からツケマイに出てバック4番手の外、2マーク
内へ差してホーム4番手、さらに前の5水野選手を追うが4着まで。
4走目は1号艇のインをコンマ15、3谷川選手の12ツケマイをブロック先マイで制して逃げ
切り1着。『朝は悪くてペラを叩いて行った、後半は出足が良くなってレースできた』と。

5走目は4コースのカドからコンマ09のトップスタート、内2艇遅れるのを3武藤選手が11
でまくる展開を1と2の間にマーク差してバック3番手、2マークはおっつけハンドルでホーム
は3艇による2位争いの真ん中、2周1マークは1福島選手を差して2番手に、しかし3周2マ
ークで3武藤選手の差し足が強く直線でかわされ3着となった。回り足いまいちか。
6走目は2コースからコンマ04のトップスタート、インの1橋谷田さんのクルクルキューティー
ターンを角度よく差しきって1着。『後半は橋谷田さんに届いたし、回り足が良くなっていた』と。

7走目は1号艇のインをコンマ18、9mの追い風の影響かややマーク外すのを2平田選手に
差されて2着となった。
8走目は2コースからコンマ13のトップスタート、9mの追い風の影響か1遠藤選手ややマーク
外すのをきっちりと差しきって1着。前半のマイナスをその日のうちに取り返してすっきりと1日
を終えたい三浦の特徴が表れている着取り 21、41、31、21 の得点2位で予選を終了した。

準優の前の一般戦は5コースからコンマ13、全速外マイでバック5番手、2マーク内へ差して
ホーム5番手、2周1マークはおっつけるが舟がバタついて6着となった。
そして準優は11レースの1号艇をインからコンマ09のトップスタートで速攻逃げの1着。なお、
準優12レースで得点1位だった岩崎選手が守屋選手の差しに2着となり、三浦選手が優勝戦1号
艇獲得となった。

優勝戦、天候は雨、風は1mのアゲインスト、スタートはシリーズリーダーの意地で4岩崎選手が
コンマ06、インの三浦も負けじとコンマ08。足上位の岩崎選手がまくってくるが三浦までは届
かず、差しにチェンジして艇の回転が一瞬止まった隙に三浦の素早いハンドルワークが炸裂して先
マイ、岩崎選手の差しを許さず逃げ切り、今年初、通算ではついに地元の大先輩、大島聖子さんを
抜き去る24回目の優勝を飾った。

辛坊さんよ

July 14 [Fri], 2017, 21:51
あんたも学んだ高校歴史の教科書にこう書いてあるぜ




「もっぱらテロリストの取りしまりのためとされたが、のちにはひろく原発反対運動の弾圧、
沖縄基地反対運動の弾圧、9条改正反対運動の弾圧の手段として用いられた???」










祝 横澤剛治選手 一般競争優勝!!

July 13 [Thu], 2017, 21:59
こんばんは、こんな人です

さて、さる2014年5月12日、戸田競艇場において 一般競争” の優勝戦が行われ
ました。

1 横澤  剛治   36 静岡 A1 7.57   141121
2 芦澤  望    36 東京 A2 6.08   11213
3 高橋  勲    46 東京 A1 7.20   431121
4 山来  和人   52 東京 B1 4.80   21323
5 浦田  信義   48 東京 B1 4.70   23222
6 関口  智久   35 埼玉 A2 5.53   115412

進入は    1 2 3. 4 5 6

STが    22 24 22 31 30 19

戸田競艇の一般競争という名の一般競争、横澤選手は予選を 14、11、21 の得点ト
ップで突破した。引いたモーター22号機は2月のGT戦で中沢選手が優勝した実績機で
『体感的にエンジンは悪くないが、乗り心地が悪いのは新ペラのため、行き足と伸びを求め
る調整をする』と。

1走目は2コースからコンマ21、4大貫選手のカド16攻撃をダッシュ力で制して先まくり
一発!
2走目は12レース戸田選抜戦の1号艇をインからコンマ11、4カド関口選手の06まくり
は止められず飲み込まれてバック4番手、2マーク内マイでホーム3番手の外、2周1マーク
は2高橋勲選手を差して2〜3番手、2周2マークでは高橋選手の切り返しを差して3番手、
3周1マークは高橋選手のツケマイが決まりバック前に出られるが舳をねじ込んで粘る、しか
し3周2マークの再びのツケマイに4着となった。もうワンプッシュだよ大沢君・・・ いや
横澤君。

3走目は4コースのカドからコンマ19、行き足よく出ていって1小羽選手の内へまくり差し抜け
て1着。
4走目は3コースからコンマ06、4コースの6川北選手+01のフライングスリットにも負けず
に出ると、1松本選手と2広瀬選手の間に飛び込み差しで抜けて1着。

5走目は6コースからコンマ19、内3艇が遅れ4曾根選手が直線でまくり、1マークではその
上を5三好選手が2段でまくる展開を、曾根選手の内へマーク差してバック2番手、そのまま2
着となった。
6走目は5コースからコンマ18のトップスタート、求めた伸びが来たか、伸びて伸びて伸びて
伸びまくり一発!! アウト枠2走を2、1着とまとめ優勝戦1号艇を獲得した。
『スリットの足は上位の部類、ただ出足がなく思ったところに入れないのでレースがしにくい、
一瞬の1マークの掛かりを良くしてレースに臨む』と。

優勝戦、天候はくもり、風は4mの右横、波高は2cm。スタートは全体的に遅く、6関口選手
がコンマ19のトップ、インの横澤選手はコンマ22で遅れなく先マイ、関口選手のまくり差し
が入りかけるがバック少しでも前に出ていれば大丈夫、伸びまかせに2マークへフル被りで急ぎ
先マイ、今年2回目、通算では44回目の優勝を飾った。





祝 山田雄太選手 やらまいかカップ優勝!!

June 21 [Wed], 2017, 21:01

さる2014年5月6日、浜名湖競艇場において 浜松市長杯争奪戦 やらまいかカップ”
の優勝戦が行われました。

1 山田  雄太   32 静岡 A2 6.22   311113.61
2 佐々木 康幸   40 静岡 A1 7.41   4311312.41
3 徳増  秀樹   39 静岡 A1 7.61   2265121.21
4 大場  敏    47 静岡 A1 6.91   1332311.22
5 横澤  剛治   36 静岡 A1 7.67   1124235.42
6 野長瀬 正孝   46 静岡 A1 6.64   4625131.32

進入は    1 2 3. 4 5 6

STが    10 09 11 23 14 28

GW恒例のやらまいかカップ、山田選手は2連対率46.7%の31号機を引いて『伸びる、
乗り心地、ターン回りは普通、伸びを生かしたい』と意気込み、予選を31、1、11、3 
で突破した。

1走目は3コースからコンマ14、2番差しで1番差しの2深谷選手を追うバック2番手、2マ
ークは内先マイも深谷選手差し返してホーム2番手の外、ズンズンと伸びて2周1マークで再び
差し返しを狙うも6星選手のおっつけに行き場なくして3着となった。
2走目は1号艇のインをコンマ15のトップスタートで先マイ、2川合選手の60.3kg差し
が入るが伸び千切って2マーク先マイの1着。

3走目は5コースのカドからコンマ10のトップスタート、行き足よく出て行って4長野選手に
引っかかりながらも気合でまくり切るが、6芹澤選手の差しが届いていて併走の外、2マーク
はきっちり差し返して1着。『伸びるが感触は良くない、スムーズさが欲しい、試運転でいい
ときがあったので調整』と。

4走目は6コースからコンマ21、まくり差しハンドルがすごい掛りで一人違う乗り物のように
突き抜けていって1着。
5走目は4コースからコンマ22、3カドの伊藤選手に責め気配を見てブイ際へ俊敏差し、内を
伸びて2マーク先マイの1着。『スムーズさが来た、高いレベルでバランスが取れている』と。

6走目は2コースからコンマ10、差しハンドルもすぐ右側に4徳増選手の強烈なまくり差しが
飛び込んでその引き波に乗ってバック3番手、2マークおっつけるも3着となり、得点率2位で
予選終了となった。『完全伸び型で出足は調整次第になるが、つかめてはきた』と。

準優の前の一般戦は5コースからコンマ17、まん中へまくり差してバック5番手、2マーク内へ
差すが前塞がって出られず6着。
そして準優は11レースの1号艇をインからコンマ15のトップスタートで先マイも握り過ぎかやや
流れて3杯ほど差しが入りバック2〜4番手の外、2マークは切れのいいまくり差しハンドルが炸裂
して先マイの3横澤選手の内を捉え、2周1マーク先マイで1着。『展示で思ったほど伸びなかった
がレースになったらバックでしっかり伸びた、出足も悪くない、気温が上がった場合のプロペラも考
えてある』と。
なお、準優12レースでは得点1位だった今坂選手が徳増選手の強まくりに4着となり優勝戦の
1号艇は山田選手のものとなった。

優勝戦、天候は晴れ、風は5mのフォロー、進入は枠なりの3対3。スタートは2佐々木選手が09
のトップ、伸び型にしてダッシュ勝負の5横澤選手が14でまくってくるが3徳増選手が11で止める、
しかし徳増選手ここで転覆してしまいアウトの差し場はなくなり、10を決めていた1山田選手が速攻
マイ、2佐々木選手の差しも入らず、バック1人旅となった山田選手が今年2回目、地元は初、通算で
は11回目の優勝を飾った。


P R
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hattori3422
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
『今始まる、小さな車の物語』
☆ SUZUKI ☆ 
Yapme!一覧