給料やビジネスマナーについて 

August 28 [Wed], 2013, 17:40
実際、就活を始めたばかりの時期は「採用されるぞ」そんなふうにがんばっていたのだが、
何回も不採用ばかりで、最近ではもう会社の説明会に行く事すら不安でできなくなっているのが本当のところです。
いわゆる給料や職務上の処遇などが大変厚遇でも、
働いている環境自体が問題あるものになってしまったら、
またもや別の会社に行きたくなることもあり得ます。
今の職場よりもっと給料そのものや職務上の対応が手厚い職場があったとして、
自分自身が別の会社に転職を希望しているのなら当たって砕けることも重視すべき点です。
外国籍企業の勤め先で求められるビジネスマナーや仕事上のスキルは、
日本において社会人として促される物腰やビジネス履歴の水準を大幅に超過しています。
なんだかんだ言っても日本の世界に誇れる技術の多くは中小企業のありふれた町工場で生まれているし、
また、給与だけでなく福利厚生も十分であったり、今まさに順調な経営の会社もあるのだ。
役に立つ実務経験を十分に積んでいる方ならば、人材紹介会社でも大いに利用価値がある。
そういった新卒者ではなく、人材紹介会社などを介して人を探している企業は、
確実に即戦力を求めているのです。
日曜 バイト
P R
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31