児童館へ 

2005年12月02日(金) 23時06分
今日は久しぶりに児童館へ。我が家は児童館まで徒歩5分という好立地。にも係わらず1ヶ月ぶりの児童館・・・ゴメンヨ、ハル。
今日は児童館はイベント日。月に1度、地域の民生児童委員のおばちゃんたちが『子育てサロン』と称して様々な企画をしてくれます。ばぁも主催者の1人なので、この日ばかりは少々面倒な時でも児童館に足を運んでいるのです。
今回はミニハンドベルコンサート。『さんぽ』からスタート。最近トトロに夢中のハルのつかみはOKママの手を取ってノリノリで踊っています。他のちびちゃん達も総じてご機嫌。ママたちもやわらかな音色に包まれて夢心地です
だがしか〜し子供相手、そんな平穏な時間が長く続く訳はありません。『浜辺の歌』や『故郷』、『上を向いて歩こう』などプログラムが進むにつれ、飽きて走り出す子や、暴れだす子、譜面台を倒そうとする子などちびっこギャング達が次々に登場します。我が子も例外ではありません。出口を指差しては「ママ。アッチ」を繰り返します。昔、楽器をやっていて、演奏者側の気持ちがわかるママとしては心穏やかではありません。中座なんて最高に失礼じゃないのさ何とかだましだましおとなしくさせます。途中でハンドベルを触らせてくれるコーナーがあり、ハルも触らせてもらってご満悦。自分でベルを振っては、美しい音色を楽しんでいるようです。
そして再びコンサートへ。また数曲聴いているうちにギャング化。ハルも今度はグズリ始めてしまいました残り1曲を残して無念の退出です。いつ位になったら、飽きずにイベントを楽しめるようになるのかな?とりあえず今回も、それなりに楽しめました。おばちゃんたち、いつもありがとうm(__)m

午後は久しぶりに昼寝をしてくれて、ママはとっても幸せでした

YAMAHAの日 

2005年11月30日(水) 23時59分
今日はYAMAHAの英語教室の日です。週に1度のこの日を母子共にとても楽しみにしています。英語教室と言っても、お勉強といった感じはまったくなく、工夫をこらした様々な遊びの中に自然と英語が入っているといった感じです。まだ日本語もままならない1歳児に、英語を覚えさせようなんて大それたことは入会当初からまったく考えていませんでした。新聞の折込を見て無料体験レッスンに参加して、こりゃ暇つぶしとお友達作りによいなぁ〜位の気楽さで入会して早9ヶ月、毎週毎にハルの目まぐるしい成長を確認出来る最良の場になりました。
先週は出来なかったことが今週は出来たり、先月は喜ばなかった遊びに今月は夢中になったり。先生や仲間とも仲良くなれて、自分では気付かなかった我が子の変化や良いところをみんなから教えてもらうこともしばしばです。
気が付いたらホンの少し英語も身についてきたかもしれないハル。聞きなれた英語の指示なら従えるようにおそらく日本語と区別していないのでしょうが・・・英語の曲にあわせてジェスチャーをしたり歌ったりそう言われてみると、同じクラスのハルより8ヶ月お姉ちゃんのさっちゃんはもうかなりの英単語をしゃべってるなぁ〜。まぁ過剰な期待は禁物です!のびのび楽しく通って、まずはお友達と仲良く遊ぶことあたりから身につけてもらえたらよいなぁ〜と思う親心でございます
それはそうと、今日のYAMAHAもママチャリで行きました。快適、快適ママチャリ最高

ママチャリデビュー 

2005年11月24日(木) 15時26分
今日は憧れのママチャリデビューの日。今日は朝から『チリンチリン乗ろうねぇ〜楽しいよ〜早いよ〜』と浮かれまくり、洗脳しまくり。お天気最高ハルもすっかりその気です。
まずは子供椅子に座らせて、シートベルト着用OK。心配そうなじぃ&ばぁに見送られながら、慎重にスタートです。軽やかに走り出す予定が、想像以上の重さにバランスを失ってヨロヨロ・・・最初はおっかなビックリ。そんなママをよそに、ハルは『うぉ〜わぉ〜』と大喜び。身体をゆすっておおハシャギするのでママは怖さ倍増ですカーブなんてハエが止まりそうなスピードで曲がります。でもしばらく走って慣れてしまえばこっちのもの。楽しいじゃなぁ〜いハルに話し掛ける余裕も出て、ラブラブ感も満点これこそ私の思い描いていた幸せ家族だわぁとすっかりご満悦。
ご近所を一周して帰って来ると、ハルが降りない!と手すりを握って離さない。『そうかそうか、そんなに楽しかったか。よ〜しよし、もう一周!』気を良くしたママもご機嫌でもう一度サイクリング。
結局この日は午後も2回ねだられてサイクリングへ。すっかりいい運動になりました。これから寒くなるのが難点だけど、自分のためと環境のために、出来る限り自転車を活用したいものです良い買い物だったよ!パパ!

ダラダラ休日。 

2005年11月23日(水) 14時31分
今日はパパのお休み。久しぶりに何の予定もない本当の休日。
昨日も遅かったし、たまにはゆっくり朝寝坊だぁなんてハルが許してくれる訳はありませんいつも通り、朝もハヨから元気元気無視して寝続けようものなら、キック、パンチは当たり前、つねる、引っかく、髪は引っ張る、体の上に乗ってジャンプ。ベッドはリングと化しますさすがに寝てはいられません。
パパの提案で最近お気に入りのトトロのDVDを観せることに。集中してきたところで、そーっとベッドへ。1分でもいいから寝てやるぅ
ところが1度目覚めたばかりで、そう簡単に寝られるものではありません。ママの負けです。しぶしぶ起き出して朝食。洗濯も済ませて、パパが昨日会社に置いてきたを取りに出かけることになりました。
ママの車で行っても良いのですが、パパの運動不足解消に付き合ってで。ハルはじぃと毎日見に行っている『ガッタン』に乗れるとあって大喜び。ミーハーパパも、初Suicaでタッチ&ゴーで大喜びパパの会社までは我家の最寄り駅からたった1駅。あっという間に到着です。
せっかくなので駅ビルでショッピング。アンパンマンシールなどを購入それから散歩も兼ねて駅周辺を昼食を求めて散策です。ハルが眠くなってきたのか、ずっと抱っこちゃんでお座敷のある萬屋というちょっと料亭風の居酒屋に入ります。子連れだからか、だだっ広い個室に通されてすっかり恐縮。気も大きくなってパパは松花堂弁当、ママはステーキ丼定食なんかをオーダー。昼から豪遊です。うどんやケーキ、飲み物までついてお腹一杯。ハルも結構食べて一安心。この分歩くのは大変だね、パパ・・・

ダメかあちゃん。 

2005年11月22日(火) 11時39分
月に2・3回、どうしようもなくイライラしてしまう日がある。ホルモンバランスのためなのか、コンデションの問題なのか、はたまた単なるわがままなのか、とにかくそんな日はどうにもならない。今日はそんな日でした
普段は我慢できるようなちょっとしたことが、今日は妙に気に障る。あたられるみんなはかわいそう。まぁ、大人は良いとしよう何もわからないハルにはとっても申し訳ないなぁと思う。
最近ハルは食事中にウロウロしてしまうことが多い。だから毎食ごとに『いただきますをしたらごちそうさままでは食事に集中しなさい』というようなことを注意している。それでもハルはウロチョロキョロキョロしつこく言い聞かせるけど、心の中では『急にはムリムリ』と思っているから、顔では怒っていても心はわりと穏やか。でも今日のような日は、ホンのちょっとチョロっとしただけで、ものすごくイライラしてしまって本気で怒ってしまう。母性すら吹き飛んで、虐待してしまうんではないか?なんて自分で心配になったりしてしまう。そんな自分が嫌で、益々イライラしてしまってもう泥沼
そんな気持ちも、午後にもなると少し落ち着いて来る。深く深呼吸してからハルを見ると抱きしめてホッペスリスリしたくなるこうなったらもう大丈夫。今度は逆にメキメキやる気が沸いてくる
ちょうどそこに知り合いのおばさんがやって来たので、つかまえてフードプロセッサーを使ったスポンジケーキの作り方を教わって、早速実践してみる。OH〜簡単じゃな〜い!これはクリスマスも手作りでいけるわ
勢い付いたらもう止まらない。せっかくフードプロセッサーを出したのだから久しぶりに手打ちうどんも作ろうばぁと一緒にコネコネ踏み踏み。ハルも真似して一緒に踏み踏み。午前中の殺伐とした空気とはうって変わって、いつもの穏やかな笑い溢れる日常が帰って来るゴメンネ、ハル。
今日はパパが飲み会なので、夕飯は実家でうどんすき。今回のうどんは会心の出来やっぱり料理はコンディションが大事ね

病院へ 

2005年11月21日(月) 23時49分
ハルの右手には『苺状血管腫』という赤い盛り上がったあざがある。10CM×5CM程の割と大きなものでかなり目立つ。産まれた直後はなんでもなかったが、2〜3週間したら赤くなって来て、あっという間に真っ赤になって盛り上がって来た。最初はとにかくびっくりして心配した。けど、本人は痛くも痒くもないらしいし、小学校に入学する位までには自然に消えるとの診断を受けて少し安心した。周囲にもハル程の大きさではないものの同じあざを持つ子が意外と多いことがわかった。最初にかかった皮膚科のお医者さんからレーザー治療の話を聞いてネットで色々調べてみた。レーザー治療ではあざを早く消すことは出来ても、一気にも消えないことや、その消え方は個人差があること。また、痛みを伴うこと。それらを考慮して迷いに迷って夫婦で辿り着いた結論は、自然減退を待つ。決めてしまえばもう気持ちが揺らぐことはなかった。ところが1歳を過ぎて自分で歩き出し行動範囲が広がった頃、ちょうど夏がやって来た。半袖を着るとかなり目立つので、色んな人に『それどうしたの?』と聞かれるようになった。まぁ聞かれるならまだ良い。通りすがりに『やけどなんてさせやがって』とか『かわいそうにねぇ〜』とか言われることも多くなって悔しい思いをすることもしばしばだった。親だけではなくハルも、小学生の男の子に囲まれて触られたり『きもちわりぃ』なんて言われたり・・・小さなハルもなんとなく傷付くようで、駆け寄っていくと左手であざを押さえて、いつになく心細そうな眼差しですがるように私を見ていた。その度に『大丈夫。いつか消えるんだから』と言い聞かせた。それは同時に自分に向けてでもあった。

ウォーキング 

2005年11月05日(土) 16時09分
今日はパパの会社のイベントの「歩け歩け会」みたいのに参加しました。心配していた天気も。風もなく絶好のウォーキング日和です。
まずは会社で講師の先生からウォーキングに関する講義及び指導があります。ハルが暴れるので、あまり話も聴けなかったけど、「日常の動作を1度ではなく3回やると運動になる」というのが印象に残ったかな。トイレに立ち上がる時に普通に立ち上がるのではなく、ヨイショ、ヨイショ、ヨイショと3回起立動作を繰り返してからトイレから出ると良い屈伸運動になったり、呼ばれて振り返る時に、3回振り返るとひねりの運動になったりとか。なるほど
実際の歩き方も教わってやってみる。ちゃんとやると結構つかれるわね。一生懸命歩いたのと同じくらいのスピードでジョギングすると運動効果が高いらしい。ウォーキングかジョギングを1日20分か〜。ハルを連れてはムリね
そんなためになる講義を終え、みんなで「南高崎」という駅まで、まずは歩く。に乗り遅れないよう抱っこで必死に歩く。もう既に母はバテ気味長い旅は始まったばかりなのに
「山名駅」で降り、今回の目的である高崎自然遊歩道の一つ「石碑の路」に挑みます。万葉集の上野国を詠んだ歌碑27が至る所に点在する山道を山名駅から金井沢の碑まで歩いておよそ5Km。その先は一般道を会社まで5km程か?さぁ、頑張ろう!
神社の横の道を登って行く。完全に山道。こりゃ、ウォーキングとは言わないね・・・山登りだよまずはハルをおんぶするが猛烈に嫌がるので、下ろしてみるとトコトコ歩くが、既に集団から取り残される。輪を乱してはいけないので、パパが抱っこして進む。50人ほどの集団の最後尾がうちともう1人の抱っこちゃんパパと小1の僕を連れたパパ。お仲間がいるので心強い。まずは順調に山の上の碑に到着。昔は遠足で来たなぁ〜なんてことを思い出しつつ、まだまだ余裕。長い階段を自分でのぼるハルを、既にのぼりきって休憩中の仲間達が温かく迎えてくれる。ハルも気分良さげ。雑木林の中をどんどん歩く。途中道を間違えて引き返すアクシデントもありつつ、山名城址にたどり着く。ここだけは木がなく視界が開け、高崎の街が一望できる。記念撮影をハルはおじさんにバッタをもらって困り顔盛んに

続きは後日・・・

親バカ 

2005年11月04日(金) 0時48分
自分の娘をつかまえて、こんなことを言うのも何だが『うちの娘はもてる』
今日も出掛けに近所のリョウくんに遭遇し、ず〜っと手を握られたままスーパーまでお散歩した。スーパーに着いても、ギュっと握った手を離してくれず大変何でも、家でもいつも『ハルちゃん、ハルちゃん』言ってるそうでパパにも今日はハルに会えたかどうかを自主的に報告しているという・・・。他にもハルにという僕ちゃんが数人。人間は誰しも、一生に一度もてるピークがあると言うが、ハルにとっては今がまさにその時であろうと母は思う。早すぎた春ということにならなければ良いが・・・。

そんなハルに、モテの秘訣を検証してみた。
秘訣その1:少し年下であること。(そりゃ1歳なら、ほとんど年上だろうさ・・・)
秘訣その2:人なつっこいこと。(来るもの拒まず誰でもOK?)
秘訣その3:聴き役に徹していること。(正確にはしゃべれないのだが・・・)
秘訣その4:耐える女であること。(どつかれても、引っ張られても、わりと平気。にぶいだけかも?)
こんなところだろうか。
ということは、もうすぐ三十路で、人当たりが悪く、しかもおしゃべりで毒吐きで、キレやすい私がモテルことはナイということだろう。
パパ、捨てないでおくれ〜

ともかく、1は仕方ないとは言え、その他についてはこれから先大きくなっても忘れないで欲しい。基本はこのまま。そこに要領の良さと、ユーモアと優しさを身につけて、魅力的な女性になって、母に楽をさせておくれ〜

柚子狩りとばぁの誕生会A 

2005年11月03日(木) 22時33分
今日は休日。パパもお休み。ということで、パパの実家にみんなでお出掛けです
来週末はパパ方の両親と伊東へ旅行。昨夜はママが夜中まで頑張って旅のしおりを作りました。喜んでもらえると良いのですが・・・。
11時頃、到着です。残念ながらお母様はお仕事でお留守。お父様お1人でした。早速旅のしおりを披露!どんな反応かしら?ドキドキそこに思いがけない反応が『あれ?10・11日だったけ?』そりゃないぜまぁ、楽しい旅になることを願ってます
お昼を食べに行き、その後柚子をいただいて帰ることになり、お庭で柚子狩りをしました。まだ色づきはイマイチだけど、とても良いにおい大人の真似をして、ハルも参加。さすがに1人ではとれなくて、私がとれる寸前までしたものをハルがむしりとる。中々楽しそうみかんと間違っているらしく、さかんに食べたがるので皮を剥いて果実をあげるとあまりのすっぱさに味覚音痴ではないらしい
も降って来たので早々に失礼して帰宅。帰路はハルもパパも爆睡で、ママもほとんど寝ながら運転なんとか家に辿り着いて川の字になってお昼寝幸せ
昼寝でリフレッシュした夕方は、ばぁの誕生会ということで、『りんでんば〜む』というレストランでです。ここは南欧料理の店なのに、2Fは掘りごたつ形式のフローリングで子連れには最適。特に今回は他に2F客がいなかったため、誰に気兼ねすることなくゆっくりとすごせました。今年の2月にこの店を訪れた時は、ハルの食べられるものがなく、薄味で作ってもらったリゾットも出す始末。今回もどうなることかと心配していたのですが、そんな心配は無用。食べる、食べる・・・牡蠣グラタンだって、カルパッチョだって、ステーキだって、白身魚のソテーだってモリモリ食べる。逆に食べてはいけないものを制する方が大変家では完全な和食党で、手を掛けて洋食にしても嫌がるのに、さすがプロの味は違うのね。ママいじけちゃうから
ともかく久しぶりの洋食&ワインは美味しくて、大人達もよく食べ、よく飲みました。仕上げのデザート盛り合わせには、誕生会ということでデコレーションしてもらい、をフゥーして美味しくいただきました
ばぁもとても喜んでくれました。5*歳も健康で楽しく過ごして下さいネおめでとう

ばぁの誕生日 

2005年11月02日(水) 13時48分
今日はばぁの誕生日。ばぁとはハルの祖母で私の母のこと。ちなみに先日の誕生会はハルのひぃばぃで私の祖母のこと。いやいや紛らわしい
ハルはこの日に向けて秘密の特訓をしてきた。ママの歌う『カエルのうた』にあわせてクヮ♪クヮ♪・・・からの後半部分を合唱する事。ただそれだけ・・・しか〜し!雨の日も、風の日も、ご機嫌な時も、眠い時も、ただひたすらに、しつこく練習してきたのであ〜る。努力の甲斐あって、もうカンペキかあさん何の心配もない娘よ、今日までよく頑張ったきっとばぁもハルの素晴らしい芸に感激するにちがいない・・・なんて大げさにハルを盛り上げながら徒歩3分の実家へGo
っと家をでた矢先、お友達のリョウ君に遭遇。誘われるまま児童館に。
久しぶりの児童館にハルも興奮、トランポリン→エレクトーン→滑り台→おままごとのフルコースの後、お外で真っ黒になってお砂場遊び。母もついついおしゃべりに夢中ふと気付けば12時半、嫌がるハルに無理やりバイバイさせ、いそいそと実家へ。途中、何度も抱っこをせがむ娘。抱っこしてあげると、肩に少しずつ重さが・・・まさかハル、本番を目前にして眠くなってしまったのでは
なんとか完全におちる前に実家に到着。ばぁに「おめでとう!」を言い、いよいよお歌のプレゼント。しかし、眠い子供に芸をさせようったって無理というもの。「カエルの〜♪」とうたい始めるだけで、首を猛然と振って大抵抗結局はお昼も食べずに寝てしまいました。残念
子供相手は、100回の練習よりも直前のコンディション調整の方が大事だと実感しました。

結局その日は出張のパパを除いて、じぃとばぁと私たちで、手巻き寿司といただき物のケーキでお誕生会。ケーキを分けてもらってご満悦のハルはやっとプレゼントを披露することが出来ました。みんなが。ハルも得意げでした。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hatoriya
読者になる
Yapme!一覧
読者になる