どのような構想で大もうけ?

October 21 [Tue], 2014, 17:35

大もうけ必要の構想はどうですか?私たちはどうやって創業?現在の市場を見てみて、多くの人が行きたいのは金を儲けて、しかしどのように歩くことができる早道は、多くの人が分かれて交差点をためらう.



構想が浮上独占市場1:個性



否認できないで、現在の消費は不断のアップグレードは、食事、服を着て、通信の基本的な要求を持つ変わらなかっが、個性は更新高い消費者の主流と要求.そして商機こそ付きで個性選択に提供する.



市場環境の成熟と競争の激化、おとなしくして伝統的な小売のスペースは非常に有限で、数年前に流行のような便乗創業よりは少ない市場.店舗は追求灰汁の努力の中にこそ、お客様に惹かれてけちをつける目は鮮明な個性を持って、こそ、あなたの店舗は殘酷な商業競争に?が減って競争とともに発展空間を開拓する.



個性店の概念の起源の最初のアメリカ、流行は日本、イタリアを独特な風格、さらに専門化、創意鮮やかな店舗.現在の既存の国内市場では、個性的な概念は二つに分けて、1種の商品化は、主に今の消費者を標榜求?ノベルティ、?類やファッションの特性を提供し、ユニークな個性的な商品、例えば本誌かつて記事のドレスカスタム、手描き皮具など、別の店舗などは個性を強調し、コーヒー文化のスターバックス、提供精緻な生活用品の良品計画など、これらの個性的なお店から文化理念で消費者のアイデンティティを博する.



この2種類の概念に分かれてから出発し、2006年に参考の個性が大体以下の2種類の創業モード.



まず、DIY類店舗は近年の動きがめでたい一種特有の形式、陶?から、??!うでしょう、フラワーうなど、DIYから浸透して生活の面.一般店舗と違うのは、これらの小さな手作り工房が提唱するDoItYourselfもEnjoyityourselfの新しい消費の理念は、それが売り商品そのものではなく、制作製品の過程で、これは人をひきつけるところも、利益の源として、それによっても多く殘したコンテンツを経営が開発の余地がある.



次に、個性化商品をメインの店舗のような専し精のポスター館、パーティ用品専売など、基本は提供するユニークなアイデア商品満足を追求し、一部個人風格、消費者の需要を味わう.個性的な商品は変わったが必要、とイコールではないが、その定義すれば部分はニッチ市場商品をどうとらえ独特性と実用性の両立の尺度はとりわけ重要な.



注意しなければならないのは、歩いて個性化路線が創業者独自のアイデアやセンス、創業プロジェクトの見通しは十分な展望と事前に」

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:八面六臂
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hatimennroppi/index1_0.rdf