魅力あふれる東急電鉄の車両たち 

October 06 [Sun], 2013, 10:25
おはようございます。


東京の南西部から神奈川県をエリアとする「東急電鉄」は、10年前から田園都市線の車両が東武伊勢崎線に、そして今年の3月から東横線の車両が地元の東武東上線に、それぞれ乗り入れを開始しておりますので、東武沿線にとっても東急の電車は身近な存在になってきています。
そんな縁からか、東武の模型を集めてきた者としては、乗り入れてくる東急の模型も収集対象となり、また東急線内で完結する車両も、自然と収集の対象となった事から結構な数の編成が手元に集まって来ましたので、今回は自分の手持ちの東急電車の模型を紹介します。


↑東急8500系。東武伊勢崎線・一ノ割〜春日部にて


↑東急8500系。大井町線・荏原町駅にて


↑東急9000系。東横線・祐天寺駅にて


↑東急9000系。大井町線・中延駅にて


↑東急5000系。田園都市線・宮崎台駅にて


↑東急5050系4000番台。東武東上線・川越市〜霞ヶ関にて


↑東急6000系。大井町線・中延駅にて


東急電鉄は、東京と神奈川に約100kmの営業キロを持つ大手私鉄で、営業キロ数は大手私鉄でもさほど長いほうではありませんが、営業地域から乗客数は日本の私鉄では一番多く、東急の電車もその輸送特性から通勤電車のみとなっております。

東急沿線は、古くからの瀟洒な街並みが多く、東京で住んでみたい沿線で、常にトップクラスの人気を誇っている面も、乗客が多いところに表れているものと感じています。

東急の車両の特徴は、1958年に建造された5200系以降の全ての車両が、ステンレス無塗装で建造されているところであり、現在では全てステンレスカーで占められております。

上記の通り、地元の東武鉄道に乗り入れてくる東急の車両を中心に集め始めた結果、現在では約100両の東急の模型を持っております。

自分が持っている東急電車の模型を紹介します。


↑バラエティ溢れる、東急の電車たち


↑東急8500系。(グリーンマックス製完成品を購入)
田園都市線8632編成10両編成を再現しています。
行き先ステッカーは「急行・中央林間」を貼っております。


↑東急8500系、TOQーBOX。(グリーンマックス製完成品を購入)
広告貸切電車「TOQ-BOX」だった頃の田園都市線8634編成10両編成を再現しています。
これは「急行・長津田」を貼っております。
なお現在の実車は、カラフルなステッカーが剥がされ、赤帯のみとなっています。
グリーンマックスからは、クロスポイントブランドで、赤帯が無くなった後も発売していますが、車番が重複する事となりますので、買っていません。


↑東急8500系、シャボン玉。(グリーンマックス製完成品を購入)
これも広告貸切電車だった頃の田園都市線8637編成10両編成を再現しています。
これは「急行・中央林間」を貼っております。
なお現在の実車は、シャボン玉ステッカーが剥がされ、青帯のみとなっています。
グリーンマックスからは、クロスポイントブランドで、青帯が無くなった後も発売していますが、車番が重複する事となりますので、買っていません。

以上の3編成の実車は、東武ATSを搭載しており、東武伊勢崎線にも頻繁に顔を出す事から、行き先ステッカーも東武線内で見られる行き先を貼っており、東武車両を並べたジオラマでも違和感が無いようにしています。


↑東急8500系、大井町線。(グリーンマックス製完成品を購入)
大井町線所属の8638編成5両編成を再現しています。
ステッカーは「各停・溝の口」を貼っております。


↑東急9000系、東横線。(グリーンマックス製完成品を購入)
東横線が副都心線と乗り入れ開始する直前の東横線9010編成8両編成を再現したもので、この製品はそのタイムリーな発売時期から、すぐに完売した覚えがあります。
行き先は「急行・元町・中華街」が印刷されています。
なお東急9000系は、以前から塗装済キットで販売されていたものを、今回完成品にて再生産されたものです。


↑東急9000系、大井町線。(グリーンマックス製完成品を購入)
東横線が副都心線と乗り入れ開始した結果、東横線から大井町線に転属した9013編成5両編成を再現したもので、この製品も東横線モデルと共にそのタイムリーな発売時期から、すぐに完売した覚えがあります。
行き先は「各停・大井町」が印刷されています。


↑東急1000系、東横線。(グリーンマックス製完成品を購入)
東横線が副都心線と乗り入れ開始する直前の東横線1008編成8両編成を再現したもので、この製品もそのタイムリーな発売時期から、すぐに完売した覚えがあります。
行き先は「日比谷線直通・北千住」が印刷されています。
なお東急1000系も、9000系同様に以前から塗装済キットで販売されていたものを、今回完成品にて再生産されたものです。
日比谷線直通が中止になって以降は、東横線の元住吉車庫に留置された状態となっていますが、まだ古くない電車なので、第二の活躍場所が見つかると良いですね。


↑東急1000系、池上・多摩川線。(グリーンマックス製完成品を購入)
池上線と多摩川線で活躍する1023編成3両編成を再現したものです。
行き先は「蒲田」が印刷されています。
なお模型の構造からか、モーター車は五反田寄りの先頭車クハ1023に設定されております。
見た感じでは、蒲田寄りのデハ1323でも問題無さそうな感じもしますので、出来ればモーター車を1323号車に移植したいと考えています。


↑東急5000系。(グリーンマックス製完成品を購入)
田園都市線5102編成10両編成を再現しています。
行き先ステッカーは「急行・中央林間」を貼る予定です。
なおこの編成は、6扉車を挿入していない編成となるので、「6DOORS」の表示がありません。
また友人が「ニューハーフ」とニックネームを付けた電車でもある通り、種別が幕で行き先がLEDとなっていますので、特に側面の表示を貼る時には、結構苦労しそうな模型です。


↑東急5000系。(グリーンマックス製完成品を購入)
田園都市線5109編成10両編成を再現しています。
行き先ステッカーは「急行・中央林間」を貼っております。
元々このモデルは、6扉車が編成中に2両挿入されていた頃に発売されましたので、10両中6扉車が2両しかありませんでしたので、数量限定で発売されていた、6扉2両セットも購入して、3両の6扉車が挿入された状態を再現しました。


↑東急5000系、7次車強化型スカート。(グリーンマックス製完成品を購入)
田園都市線5117編成10両編成を再現しています。
行き先ステッカーは「急行・中央林間」を貼る予定です。
最新バージョンの5000系を再現したモデルですが、こちらは最初から6扉車が3両挿入された編成を再現しています。


↑東急5050系4000番台東横線。(グリーンマックス製完成品を購入)
東横線4101編成10両編成を再現しています。
行き先ステッカーは、現在収録されているものの中では「特急・元町・中華街」を貼る予定ですが、このステッカーは副都心線乗り入れ以降のものに対応されていませんので、もし対応されるステッカーが出た際には、「普通・元町・中華街」を貼る予定です。

基本的に東武線内を走る姿を再現したいスタンスですので、東武線内では「普通」として運用される4000番台を再現すべく、ギリギリまで行き先ステッカーは貼らないでおきたいと考えています。


↑東急6000系。(グリーンマックス製完成品を購入)
大井町線6103編成6両編成を再現しています。
行き先ステッカーは「急行・大井町」を貼る予定です。


自分も幼少の頃に東急沿線に住んでいたため、東急の車両はそれなりに愛着を持っています。
地元の東武に乗り入れる車両を中心に、東急の車両も収集しましたが、これからも東急の車両は乗り入れに拘らず、収集の対象としたいものですね。

長くなりましたが、この辺で失礼します

近鉄の通勤電車 

January 20 [Sun], 2013, 20:45
こんばんは。


今日はmixiの友人と、近鉄の話題で盛り上がった事もありますので、今回は自分の手持ちの近鉄電車の模型を紹介します。


↑近鉄5200系。名古屋線・伊勢若松駅にて


↑近鉄2610系。大阪線・名張駅にて


↑近鉄1422系。大阪線・五位堂駅にて


↑近鉄8000系。奈良線・学園前駅にて


↑近鉄5820系。奈良線・大和西大寺駅にて

近畿日本鉄道(略して「近鉄」)は、近畿と東海地方に日本の私鉄で最長の路線規模を持つのは、いまさら言うまでもありませんが、何しろ近鉄の通勤電車の特徴は、それぞれの線区にあった車両を建造した事から、形式が無数に存在する事であり、趣味的にも面白いところだと思います。

自分の地元を走る「東武鉄道」は、近鉄の次に日本で2番目に長い私鉄ですが、路線の性格も近鉄と東武と似ている面もあり、また独特のアメリカン的なスタイルに魅力を感じるので、近鉄には以前から大変に興味あり、模型も今日までに特急電車と通勤電車を合わせて150両あまり持っております。

ローカル線区を除くと、大阪阿部野橋駅を起点とする「南大阪線」が狭軌である事を除いて、標準軌の路線となっていますので、物理的に転属も可能ですが、自分の場合は、ほかに特急電車として21000系「アーバンライナー」や23000系「伊勢志摩ライナー」12200系「スナックカー」を初めとする電車の模型も持っていますので、基本的に大阪上本町駅を起点とする「大阪線」の電車を集める事としています。

しかしながら、奈良線・京都線の車両も魅力ありますので、結果的に標準軌の通勤電車は、製品化されたものは極力収集するようにしています。

自分が持っている近鉄通勤電車のうち、代表的なものを紹介します。


↑バラエティ溢れる、近鉄の通勤電車たち


↑近鉄5200系。(グリーンマックス製完成品を購入)
大阪線と名古屋線の急行に主に使用されます。
まだ行き先のステッカーを貼っていませんが、「急行・大阪上本町」を貼る予定です。


↑近鉄2610系、分散型クーラー。(グリーンマックス製完成品を購入)
やはり大阪線と名古屋線の急行・準急に使用されます。
これも「急行・大阪上本町」を貼る予定です。
この系列の模型は、ほかに連続クーラー車も発売されていますが、こちらも持っています。


↑近鉄2610系、L/Cカー仕様。(グリーンマックス製完成品を購入)
上記と同様ですが、クーラーカバーが連続型となっています。
この車番は名古屋線所属なので、ステッカーは「急行・名古屋」を貼る予定です。


↑近鉄2680系「鮮魚列車」。(グリーンマックス製完成品を購入)
大阪上本町駅と鳥羽駅を1日1往復走る、大阪線と山田線名物の「鮮魚列車」を再現したもので、この製品はその独特のスタイルから、すぐに完売した覚えがあります。


↑近鉄5800系、L/Cカー仕様。(グリーンマックス製塗装済キットを組立)
大阪線の急行・準急に使用されます。
これも「急行・大阪上本町」を貼る予定です。


↑近鉄1620系。(グリーンマックス製塗装済キットを組立)
やはり大阪線の急行・準急・普通にオールラウンドに使用されます。
これは「準急・大阪上本町」を貼る予定です。


↑近鉄8000系、登場時(マイクロエース製品を購入)
1964年にデビューした当系列の登場時を再現した模型です。


↑近鉄8000系、冷房改造車(マイクロエース製品を購入)
奈良線・京都線系統で使用される通勤電車の現在の姿を再現した模型です。
ステッカーは、「急行・大阪難波」を貼る予定です。


↑近鉄5820系、L/Cカー仕様。(グリーンマックス製完成品を購入)
奈良線の快速急行から普通までオールラウンドに使用されます。
ステッカーは、「快速急行・大阪難波」を貼る予定です。


↑近鉄9820系。(グリーンマックス製完成品を購入)
奈良線の快速急行から普通までオールラウンドに使用されます。
ステッカーは、「普通・大阪難波」を貼る予定です。


ひとまず近鉄の通勤電車を駆け足で紹介しましたが、ほんと近鉄の電車は奥が深いので、少しずつ手を入れたいと思います。


では失礼します。

怒濤の勢いの西武鉄道 

December 23 [Sun], 2012, 20:28
約2年ぶりのブログ更新となってしまいました(汗)
久しぶりのブログは、今年創立100周年を迎えた「西武鉄道」の話題です。

西武鉄道は、池袋線と新宿線の2幹線を軸にして、東京都と埼玉県に路線網を広げておりますが、西武沿線にほど近いところに在住ながらも、今まで西武に目を向ける事が、ほとんどありませんでした。
今年が西武鉄道100周年に当たる事から、西武にも興味を持ちたいと思い、春頃から西武の撮影も精力的にしてきましたので、少しですが紹介したいと思います。


↑西武を代表する車両。10000系特急「レッドアロー」
池袋線・西所沢〜小手指にて


↑初代ライオンズカラーを纏う、西武秩父線直通用の4000系
池袋線・西所沢〜小手指にて


↑一番新しい西武の通勤電車30000系
池袋線・西所沢〜小手指にて


↑池袋線〜地下鉄有楽町線直通用6000系
池袋線・西所沢〜小手指にて


↑西武全線の主力通勤電車 新2000系
池袋線・所沢〜西所沢にて


↑西武新宿線の主力通勤電車2000系
新宿線・狭山市〜新狭山にて


↑先日惜しまれながら引退した 新101系
池袋線・稲荷山公園にて


そして・・・


↑現在発売中の「RM MODELS 2013年2月号」にも書かれているとおり、今年は西武鉄道の模型の「超」当たり年〜

昨年までは、目立った西武の完成品モデルが、10000系レッドアローと2000系、新101系、701系と電気機関車E851くらいでしたが・・・


↑今年の西武鉄道の「怒濤の製品化」により、現役も引退した電車も、西武を代表する車両が一気に揃って来ました。

発売されるたびに、自分も西武の模型を買いましたので、紹介したいと思います。


↑今年の秋に発売された、10000系「特急レッドアロー」のラッピング電車。
「ほしのある町秩父・長瀞」と「レッドアロークラシック」
(先に発売された、ノーマルバージョンの10000系は、買いそびれてしまいました)


↑やはり秋に発売された、西武ファン待望の4000系近郊電車。


↑春先に発売された、地下鉄直通6000系電車。


↑3年前くらいに発売された、新宿線の2000系電車。


↑前から製品化されている、新101系電車。


↑つい先日発売された、西武らしい電車のひとつ、101系電車。


↑西武秩父線のセメント列車に大活躍した電気機関車E851。

そして年末には、グリーンマックスから新車30000系も発売されるし、来年には3000系と新2000系も、それぞれマイクロエースとグリーンマックスから発売が予定されているので、これらも揃えると10年前くらいにデビューした20000系を除いて、ほぼ全ての西武鉄道の現役車両がNゲージ完成品で揃える事が出来るので、本当に「怒濤の西武鉄道」と言う事が出来そうです。

これから実物も観察しながら、少しずつ手を入れてみたいと思いますが、その際はまた成果品を紹介したいと思います。

では失礼します。

東武10000系作成記録 その7 

January 16 [Sun], 2011, 21:21


↑完成しました!!

左:東上線11006編成10両編成(未更新車)。
右:伊勢崎線11609編成6両編成(更新車)。




↑伊勢崎線11203編成2両編成(未更新車)は、単独で営業運転に入りませんので、作例では30000系4両編成の後ろに連結させました。

10000系には4両編成が無いので、6両運転が主体の伊勢崎線において10000系2両編成は、10030系や30000系の4両編成に併結されるケースが多いです。

以上で7回に分けて紹介した、東武10000系の作成のようすを終わります。

また新しく作品を作ったら、紹介したいと思います。

東武10000系作成記録 その6 

January 15 [Sat], 2011, 21:53
いよいよ組み立ても佳境に入り、床下機器の取付をしました。




↑上写真・・・クハ11606。伊勢崎線・春日部駅にて。
下写真・・・モハ16006。東上線・森林公園駅にて。

組立を行った昨年の6月頃は、床下機器の再現を極力実物に近づける為、本線や東上線の駅に撮影に出かけて、色々と細かいところを撮影してきました。
これ以外でも、ディテール面でパンタグラフや台車周りなど、たくさん撮り、模型に再現しました・・・




↑床下機器の取付のようす。
特にコンプレッサー(HB2000形)は目立つ機器でもあるので、別途阪急用の床下機器を調達し、下写真のように取り付けました。




↑上写真・・・パンタグラフの取り付け。
下写真・・・側面方向幕ステッカーの貼り付け。



↑前述した、貫通路の違い。
左から11609編成(更新車)11006編成(未更新車)11203編成(未更新車・扉なし)




↑ほぼ完成した車両たち。

東武10000系作成記録 その5 

January 14 [Fri], 2011, 22:50
車体の加工も終わりましたので、いよいよ組み立てに入ります。



↑屋根上機器の取り付け。
写真は「未更新車」を示しますが、「更新車」の場合は、クーラー脇のベンチレーターが更新に伴い撤去されてるので、模型でもそれを表現しました。



↑妻側窓の取り付け。
前述で「なるべくなら貫通引き戸があるタイプを・・・」と書きましたが、妻窓と貫通扉とパーツが一体となってるので、接着及び加工の手間を考えて、11203編成2両以外は、全て貫通扉付きの車両を表現しました。



↑運転室・客室の仕切壁の取り付け。
実車は運転席背後の仕切窓が無いので、その表現もやりたかったのですが、GM製JRキハ23形に含まれるパーツが、良い雰囲気で表現してるので、GMストアで当該パーツを購入の上、取り付けました。
実車の客室側の化粧板は、未更新はクリームのキャンパス模様、更新はグレーの無地ですが、GMの最近のキットは、室内灯の導電パーツ埋め込みの為に、車内があまり表現されてませんので、敢えて塗装しませんでしたが、運転室側は、車両の正面から見えるところですので、未更新:薄緑、更新:グレー(パーツ色地のまま)としました。




↑正面の方向幕ステッカーを貼りました。
本線の11609と11203ほ編成は、「区間急行・浅草」を、東上線の11006編成は、「急行・池袋」という具合に、本線と東上線それぞれ一番メジャーな表示としました。

次回は組立の後半を紹介します。

東武10000系作成記録 その4 

January 13 [Thu], 2011, 23:49


ナンバーのレタリングが終わりましたので、その保護の為に、車体全体にクリアー塗装を掛けて、レタリングが剥がれ辛くなるようにしました。

インレタ(インスタント・レタリングの略)は、材質がクレヨンに似ているのですが、纏まった数字の転写は上手く行けるものの、単体の数字の転写は、案外難しいものです・・・

せっかく転写したナンバーが、1文字でも欠落する事ほど、みっともないものはありませんので、可能な限りはクリヤーを吹いて、表面の保護をしております。

ちなみに自分が使ってる材料は、GMカラー44番の「半つやクリヤー」です。
鉄道車両は、阪急電鉄の車両については、実車が大変につやのある「テカテカ」した塗装ですので、阪急の車両を組み立てる際は、GMカラー40番「つやありクリヤー」を3回ほど吹きますが、それ以外の車両は、それほど光沢がある訳でもありませんので、半つや程度に抑えております。

この車両はステンレス製の電車なのですが、基本的にヘアライン仕上げ(10030系や30000系などは、更に光沢を抑えたダル仕上げ)であり、鏡面になってる部分もありませんので、半つやのほうが、実物に近い仕上がりとなると思います。




↑18両分のクリヤーを吹き終わりましたので、門柱の上で十分乾燥させました。

東武10000系作成記録 その3 

January 12 [Wed], 2011, 23:56
前回は屋根や床下機器類の塗装作業を紹介しましたが、今回はいよいよ目に付きやすい、車体の組み立てを紹介する事とします。




↑車体にナンバーのインレタを貼り付ける作業をしました。

後述するのですが、この系列の登場時は、車両端部に貫通扉が2〜3両ごとに1ヶ所設けておりましたが、1986年製の車両からは全ての車両に設ける事となりました。

このキットは、予め貫通扉が印刷で表現されておりますので、「なるべく」それを生かす事とし、本線の更新車6両は11609編成(但し更新車なので、全車に貫通扉付き)、本線の未更新2両は11203編成(貫通扉なし)、東上線の未更新10両は、11006編成(製造時より全車に貫通扉付き)として、それぞれ組み立てる事としました。

添付画像は東上線森林公園車庫所属の11006編成の作例です。

ナンバー部分は、特に目に付きやすい場所なので、慎重に作業する事を心掛けました(笑)

東武10000系作成記録 その2 

January 11 [Tue], 2011, 23:44
さて東武10000系の作成を紹介します。



↑合計18両分のパーツの全てです。






↑塗装は細かい部分の筆差しを除き、基本的にスプレーで塗装しました。
上から屋根板・床下機器(GMカラーの9番)、
クーラー及びベンチレーター・屋根上の避雷器など(GMカラー14番)を
3層程度吹きました。

スプレー塗装は、時間が経つほど乾燥して綺麗な姿となりますので、
自分の場合は、まず最初に塗装作業を纏めて行うようにしております。

次回は車体関係の作業を紹介します。

東武10000系作成記録 その1 

January 10 [Mon], 2011, 17:40
みなさん、ご無沙汰しました。

またまた久しぶりの更新となります。

今回の題材は、グリーンマックスから発売の「東武鉄道10000系」のキット作成です。

実は昨年の6月に購入して組み立てて以来、ブログで紹介するの忘れておりました(汗)


↑東武10000系「未更新車」11005編成(東上線 川越市・霞ヶ関間にて)


↑東武10000系「更新車」11605編成(伊勢崎線 東武動物公園駅にて)


↑東武10000系「未更新車」6両基本セット、4両増結セット、2両先頭車セット、
東武10000系「更新車」6両セット(黄色の箱「クロスポイントブランド」)

これらで、「未更新車6両+4両」で東上線の10両固定編成を、「未更新車2両セット」は伊勢崎線の2両編成を、そして「更新車6両セット」は、伊勢崎線の6両編成を、それぞれ再現する事としました。

次回からは、途中経過をあまり撮ってませんが、10000系合計18両の作成記録を紹介したいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はちまる
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月20日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
いらっしゃいませ。ようこそ、はちまるのブログにお越し頂きました。コメントや感想大歓迎です!このコメントを通じて、趣味に関する情報交換のきっかけとなりましたら、大変に幸いです。
宜しくお願い申し上げます。
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像はちまる
» 近鉄の通勤電車 (2013年03月07日)
アイコン画像makoto
» 近鉄の通勤電車 (2013年03月03日)
アイコン画像はちまる
» 怒濤の勢いの西武鉄道 (2013年01月03日)
アイコン画像makoto
» 怒濤の勢いの西武鉄道 (2013年01月03日)
アイコン画像はちまる
» 東武10000系作成記録 その7 (2011年01月21日)
アイコン画像あゆゆ
» 東武10000系作成記録 その7 (2011年01月21日)
アイコン画像はちまる
» 東武10000系作成記録 その7 (2011年01月18日)
アイコン画像makoto
» 東武10000系作成記録 その7 (2011年01月18日)
アイコン画像はちまる
» 東武10000系作成記録 その7 (2011年01月17日)
アイコン画像まみ
» 東武10000系作成記録 その7 (2011年01月17日)
Yapme!一覧
読者になる