FP王検証の果てに【FX検証評価レビュー三昧2009年版】 

February 16 [Mon], 2009, 12:10
FP王検証の果てに【FX検証評価レビュー三昧2009年版】

日本では未曽有の金融危機による不況により、派遣切りがクローズアップされるようになり、労働のあり方について議論されるようになってきた。

その議論にワークシェアリングが上がり、にわかに注目されるようになってきた。

ワークシェアリングとは仕事をみんなで分け合おうということで、分け合うことで失業を減らす効果があると言われています。

しかし、導入に慎重な企業がほとんどで実施されるにはまだまだ時間がかかりそうです。

そんな中、富士通の子会社が労働時間短縮により給料を以前の3分の2に減らす代わりに副業を認める処置をとることを発表しました。

ワークシェアリングとは趣旨が違いますが、会社に帰属していれば安泰だった従来の労使関係が崩れてきている表れだと感じます。

実際、富士通子会社の社員は気の毒です。

例えば月収30万円の人なら10万円マイナスの月収20万円に減ってしまうのですから、現状の生活をキープするには副業で10万円稼ぎださないといけません。

給料を減ったと嘆いていても仕方がないもの、そのことをバネにして飛躍することを考えるべきでしょう。

普通だったら、減った分を補うために、コンビニや飲食店などのシフト制の仕事に就くとか、派遣会社に登録して都合がいい日に仕事を紹介してもらうでしょうが、

それでは、将来リストラされた時の対応策を構築することができません。

それよりも、空いた時間を有効利用することを考えた方がずっといいと思います。

例えば、「現職のスキルアップを図る」、また、「転職に有利な資格や技術を取得する」、または、「起業セミナーにいって起業の可能性をはかる」

などがありますが、私だったらそれらよりも、投資を本気にやります。

その投資の中で、私が知る限りもっとも効率よく金を稼げるFXを真剣に勉強してみてはどうでしょうか?


FXは、取引会社に証拠金を預けて、2つの通貨をある為替レートで売買する取引で簡単にいえば、お金でお金を買ったり、売ったりすることで、取引で

利益を狙うには、通貨と通貨の金利差のスワップ金利や為替レートの変動によって利益を狙う方法があります。

FXが日本で始まった当時はドル/円のみの取り扱いでしたが、現在では数十種類の通貨ペアを取り扱うようになり、利便性が高まりました。

そのうえ、為替市場は二十四時間取引が行われているため、昼間に仕事を持つ人でも夜に取引できます。

さらに日本で取引するのに有利なのが日本時間の午後六時ごろからロンドン市場そしてニューヨーク市場と世界の主な市場が開くため取引が活発になり

相場に流れが出やすくなる点でチャンスを掴む期待が高まります。

これらのことがインターネットを通じてできるなどの投資環境が整ったのはFX会社の営業努力のおかげですが、おかげであっても、慎重にFX会社を選ばなければいけません。

例えば、倒産した時に預けたお金を全額返せる用意をしている会社と用意していない会社があってその識別は簡単にはできないそうです。

金融庁の許可を受けて営業をしている限り、財務状況を報告する義務がありますが、財務状況を正確に掴むのは一部で不可能なところがあるらしいです。

私はそのFX会社選びにはFP王こと山本法生氏が発行しているメルマガから知ることができました。

FXは少額ではじめられることから誰でも容易に始めることができます。

しかし、容易に始められるからこそ、落とし穴に落ちてしまうことがあります。

つまり、知っていないといけないことを知らなかったばかりに、相場の悪魔に出会うことになりかねないからです。




相場の悪魔は投資家が相場に絶望を感じて冷静な判断ができなくなっている時に現れます。

相場の悪魔が現れると適格な判断ができなくなり、下り坂を転がり落ちるように損失を膨らましてしまうでしょう。

結果、2度と市場に参加できないほどボロボロになってしまうと取り返しがつきません。

例えば、消費者金融でお金を借りる前のように、FXのことをよく知ってから取引を始めてほしいです。

そしてFXを知るには、評価の高い書籍から学ぶのが良いのですが、FP王こと山本法生氏のFXパーフェクトマニュアルが一番おすすめです。


FP王こと山本法生氏のFXパーフェクトマニュアルがおすすめなのは私が検証した結果です。

FXパーフェクトマニュアル http://www.fx-sin.com/