看護師の小児科での仕事内容について

January 31 [Fri], 2014, 14:43
看護師の仕事は、配属科によって全く業務内容が異なります。

小児科は、一般的に患者さんが乳幼児から中学生が対象となります。

乳幼児は自分の意思を伝えることができないので、泣いていてもどこが痛いのか辛いのか、どこに疾患があるのか見分けることが大変です。

お母さんから問診をしっか取ることが治療につながります。

仕事内容は、診察の処置時に子供は暴れてしまうのでしっかり身体を押さえたり、予防接種の準備、点滴処置、嘔吐物の処理などがあります。

特に点滴処置は大人と違って血管が細く柔らかいので、皮下内ですぐに動いたりする為、血管を即時に見つけたり、どの血管が入りやすいかなど的確に判断する必要があります。

又、子供はまだ抵抗力が少ないので、薬の量も体重によって個人で変えなければいけないので、体重測定も欠かせない業務です。

どこが痛いか辛いのか分からないままずっと泣き叫んでいる子供を、お母さんはとても心配で不安になり、精神もかなり過剰になっている為、病気になっている子供だけではなく、お母さんの心のケアも必要になります。

患者さんは子供だけではなく、お母さんも一緒と思う事が大切です。

そこにはコミュニケーション能力が重要となり、お母さんの心に寄り添うことにより安心され、また敏感な子供はその様子を見るだけでも安心感を得るでしょう。

精神的な部分に安心を与えると、病気の治癒も早くなります。

看護師の存在は想像以上に患者さんに勇気を与えます。

とても重要な役割を担っていると言えるでしょう。

様々な診療科の中でも大変な科ではありますが、とてもやりがいを感じる仕事です。

どこの科で働こうか迷っている看護師さんがいたら、是非一度、小児科の看護師 求人情報を探してみて欲しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuuki
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hatdkgsr/index1_0.rdf