語学留学費用を調べる

January 08 [Thu], 2009, 5:00
語学留学に費用の問題があります。語学留学するのに、その費用がどのくらうかかるか関心事ですね。
この語学留学の費用の問題は、留学準備のための買い物から、語学留学の費用や、語学留学先のホーム
ステイ費、航空券や交通費など実に様々なものが含まれます。語学留学費用の中で、一番大きな割合を
占めるのは学費です。
これは、大学や私学など語学学校の種類や其の滞在期間で、其の金額にかなりの幅があり異なりますの
で、自己の予算と照らし合わせて選ぶことが必要となります。
次に、そのホストファミリーに支払われる費用のホームステイ費が必要です。語学留学での一般的な
滞在方法が、ホームステイです。このホームステイ費は、実は学校から支払われることが多いので、
学校が決まった時点でこのステイ費も決まります。この語学留学先でのステイ費用で最近、人気が高い
のが学生寮です。
その人気の秘密は、日本での住居環境を越えた、広いキッチンや個室、ネット環境などが整っており
設備がとても良いからです。更には、便利な立地と治安の良さのエリア内にあることが多いからです。
この住居環境と絶対に外せないもう一つ大事な費用は医療費と食費です。

食費に関しては、朝食と夕食がホストファミリー側で準備されますので、それ以外の学校での昼食費を
予め準備する必要があります。普通昼食は、友達と食べに行くことが多いようです。
その他、渡航の航空券にかかる費用ですが、この費用は、その時期やチケットの種類によって大きく
異なります。
 
最近は円高などや格安の航空券も出回ってきておりますので、インターネットなどで安いチケットを
買うことができると思います。また医療費も夫々異なりますので、医療保険などをかけるようにして
ください。
これら渡航費用を、希望する語学留学の様々なケースを想定して、事前にその時期やチケットの値段
設定などについて調べて、充実した語学留学ができるよう確実に準備したいものです。

短期語学留学

January 06 [Tue], 2009, 13:48
最近の語学留学の環境は、語学留学の斡旋業者も多く、誰もが気軽に語学留学が出来る時代となり、その中で、今、人気のあるのが短期語学留学です。

短期語学留学とは、現地に一年程の長期滞在する語学留学に変わり、最近の語学留学はちょっと変わってきており、個人の目的や目標によって、さまざまな形や方法を選択することができる、短期間の語学留学に変わってきました。
語学留学の主なターゲットは「英語」となりますので、候補地は「英語圏」の「アメリカ」「カナダ」「オーストラリ」「イギリス」などが中心になります。
その中で、1週間以内の超短期のものから、3ヶ月間くらいまでの期間の語学留学を「短期語学留学」と呼んでいます。

学校や会社、家庭の都合で、長期間の留学休暇が取れなかったり、短期間で集中して外国語を学びたいような場合には、最適なプランと言えます。

また、短期語学留学は、ちょっとした海外旅行の感覚で出かけることができますので、普段は休みが中々取れない忙しい方でも、短期間の滞在なので、ゴールデンウィークや夏休み、あるいは年末年始を利用することで、自分のスタイルに合わせた留学ができるという手軽さと、通常の留学に比べ費用も安いと言うメリットがあります。

また、はじめから長期の留学は不安だという人や、「ショートステイ」「リゾート」「格安」や「インターンシップ」「ワーキングホリデー」など長期留学の下見を兼ねて利用する人も多いようです。

見知らぬ国を知るためのきっかけや、自分探しのチャンスの場として、短期語学留学は最適だと言えそうです。

語学留学

January 05 [Mon], 2009, 9:22
現在も尚、学生や社会人の間で、語学留学に行くと人々が多くいます。語学留学は、その名のとおり、
海外の語学学校に留学して、語学力を伸ばすことを言いますが、語学留学には、語学に対する様々な
コースがあり、語学の勉強をするだけではなく、ホームステーやアルバイトをしながら日常の生活の
中で其の国の言葉を習得するものなど、多くの選択肢を持つようになっています。
語学留学は通常は、留学先の学校で修学することが多いのですが、言葉と言うものは、当然日常生活で
使用しなければ徐々に使いえなくなってしまいますので、其の習得の目的に合わせた環境を選択し、
その最適と思われる場に身を置く事が重要になってきます。
その方がより語学は身につきますので、日常の生活そのものの学習が語学留学となります。

さて学校修学の場合、語学留学先の学校は2種類に分かれます。1つは、大学付属の語学学校です。
大学付属の語学学校は、大学に入学してから大学に入ってから大学の授業についていくために
英語力を養うことを目的としているもので、授業レベルが高いのが特徴です。
この場合、大学の施設が使用できて、各種のイベントにも参加でき、そのキャンパスライフを楽しめる
メリットがあり、この効果も大きいと考えられます。

他の1つは、私立の語学専門学校です。私立語学学校の場合は、夫々の学校でその特徴が様々に分かれ
ます。そのため、そこを踏まえて自分に合った学校選びが重要な課題になります。
この私立の場合には、初心者コースから上級者コースまで多様なコース設定があるのが特徴ですし、
これらコースの期間や、入学時期を自分で選べるという点に、そして、この目的や予算と期間を選ぶ
ことが出来ることが、私立学校の最大のメリットとなります。
この語学留学の期間は、1〜2週間のものや1ヶ月のもの、半年とか1〜2年のコースなど様々で、
職業で忙しい人や、学生など予算が限られている人に活用できますので、語学留学の前に確り情報を
集めることをお薦めします。
P R
カテゴリアーカイブ