自宅の地震対策 

May 23 [Sat], 2009, 23:53
安心して、子供を育てるためにも、しっかりした家は必要です。いつ起こるかわからない地震です。
小さい赤ちゃんがいればなおさらです。しっかり地震対策をしましょう。
地震が発生した時、自宅の地震対策で挙げられるのは耐震性の強化になります。過去にあった地震で教訓として生かすには「阪神・淡路大震災」があります。「阪神・淡路大震災」では、木造住宅の倒壊によっての圧死です。
鉄筋住宅でも建築基準の程度によっては倒壊まで行かなくても傾く可能性もあります。その為、出来るだけ新しい建築基準法に沿った、耐震性の高い住宅に住んだ方が良いでしょう。しかし既に居住済みの場合は耐震調査を行なう必要性があります。地域によっては耐震診断や補強のための費用の一部が、自治体から補助される場合があります。お住まいにある地方自治体に確認すると良いでしょう。







リンク
不妊症どうしていいのかわからない
妊娠したいけどできない、二人目の妊娠(排卵前の13日間の秘密)
孫の顔をみせたいですね。HCG療法などでだめでも、不妊の方が、わずか2ヶ月で妊娠!!
不妊症の治療方法と栄養の関係
不妊症とゴナドトロピン療法(hMG・hCG療法)
不妊症とクロミフェン療法
不妊症の治療のドパミンアゴニスト療法
不妊症療法は、女性だけではなく男性も必要です。
不妊症治療、夫婦一緒に自宅で出来る方法とは
不妊症でも自然妊娠ができる方法

派遣2 

June 07 [Sat], 2008, 13:50



派遣会社のテンプスタッフグループは、障がい者雇用の支援を中心として行なって行くテンプスタッフフロンティア(株)を設営しています。テンプスタッフフロンティアへの派遣登録は、障がい手帳を持っている方か申請中の方に限られているので、注意しましょう。派遣登録手続きは、通常通り氏名年齢などの基本情報を登録した後に、担当スタッフと相談をすることになります。希望職種や勤務条件などについて詳細を相談していきましょう。

希望する派遣先が見つかった場合にも、専任のコンサルタントの方が、勤務希望企業と、直接話し合いをしてから紹介してくれるので、面接で断れるといった嫌な思いや煩わしい思いをすることがありません。

派遣登録する側と派遣スタッフを募集している双方の希望や条件等が合意したら、採用という事になります。スタッフが派遣先の企業に交渉しに行ってくれていても、やはり面接するのは不安と言う方には履歴書の書き方も細かく丁寧に教えてくれますので、安心です。面接の練習やOA操作研修などもあるので、是非利用されてみるといいですね。

更にテンプスタッフフロンティアでは障がい者の方の為に、実際に障がいを持っているスタッフが、自ら同じ視点でサポートを行ってくれるので、派遣就業前も派遣先で働き始めてからも、悩みや相談をしやすい体制作りを整えているのが特徴的です。