連休を畑仕事でリフレッシュ 

May 06 [Sat], 2006, 18:10
今年は休日を楽しむことが出来ました。体は疲労の蓄積で何とか動いているところですが、一旦動き出すと何とかなるもので、自分でも5日間を外で過ごし農作業と畑の環境を整備する事ができて嬉しく感じています。 畑の側にマムシ草自生地があります、その紹介を先にして置きます。 <畑は自然林に囲まれて、私の畑は防風林の側にあり日照りも良くなく水はけが良過ぎて畑全体の水路になっている所を抽選で当り、作業をしているがその反面マムシ草に会えるとか、夏は吹き上がる風が心地よい、休むときに日陰で清涼感味会える事など楽しみもあります。/大> 畑の作業は明日にします。

連休前の忙しさは、7月からの食卓を満たす下準備です。 

April 10 [Mon], 2006, 13:30
今年は、早い植え付けで苗と種とので収穫をずらして楽しむ
天候の変化にどこまで耐えるかが大きな賭けです
4月9日の好天の日に植えました種でここまで育てるには2カ月掛ります。
高さ7センチ程度の小さな苗をご覧ください。5月の連休近くは20センチぐらいの苗になれば売られている苗と同じになり、土に早く植えた方が実の付が早くなる。そのまま3週間の差が出れば大成功です。


なすは定置植えと トマトを時間をずらして植えていきます、空きスペースとの変化を試す実験です。

春の作業から夏野菜の準備に入ります 

April 07 [Fri], 2006, 11:45
夏野菜の種まきを準備する畑の準備は作物により違う今日はオクラの種まきと茄子の種まきをする。14日ぐらいでかわいい芽が出れば成功です。20日後のお楽しみ。下書きをして時間が立ち10日後のアップです。次は苗の植え付けになります。
成長する姿をお楽しみ

桜の咲く時期は農繁期 

March 19 [Sun], 2006, 9:19
雪から3月となり、畑は農繁期を迎えます。
 ジガイモの植え付けねぎの植え付け
畑の配置を換えることで連作障害から守る工夫をします。
ねぎは連作障害から改善策の薬のような作物です、通常ねぎを植えてから
収穫までの期間は約10ヶ月掛ります。その間は前の作物は休みとなり、収穫を
しながら(食べつくす)、次の準備に入るの繰り返しとなり改良されて
帰ってきます。改良点は畑を深く耕す・ねぎの成長に合わせて土掛けをする・連作障害が
ない・土壌改良になる・などの特徴があり、植えつけるとき、径2ミリが20ミリの10倍に太ります。
今年は3月中に桜が咲くと言っています。
花は河津桜を華やかに載せます。

雪の中野菜は頑張りました 

February 18 [Sat], 2006, 10:00
今年は温暖化と言われて秋からの作付けを考えながらの種まきが遅れたために
12月からの育成に大きく差が付きました。
1月に雪が降ってくれたのは野菜に取って乾燥を解消させてくれて、大いに育成ができ
今年は美味しいほうれん草が取れました。

<左>
白菜は冬の間も成長をしています、白菜の中心は成長温度に保たれて寒くなると
軸の糖度が増して、みずみずしい歯ごたえのある、白菜漬けが出来ますよ!!
数少ない残りを楽しみに収穫をしています。

暑い畑は朝に限る 

August 15 [Mon], 2005, 11:45
毎日暑い日が続いています。
 力から仕事は6時ごろから始まり30分で休みにする、
収穫は毎日の仕事で収穫と苗のメンテをしながら時間が過ぎて
いく。雨の降らない日には夕方の水遣りと朝夕の仕事は続く。
虫が多く消毒はあまりしたないがこの時期?玉虫は悪さをする
害虫です。豆類には大敵1週間で全滅になります。

畑から近い相模原公園で 

June 12 [Sun], 2005, 21:50
花菖蒲の中に泳ぐカルガモの親子 今年は花菖蒲の開花が

遅く今8部咲き


文章と写真の構成がうまくはまらないどなたかご指導ください。

土地の概要の説明 

June 11 [Sat], 2005, 22:18
3箇所のうち自分の耕作場所は
農家との共存の場所で農作物の栽培の様子を見て参考にしている。畑は高台の裏はクヌギ林が防風林の役目を果たしてくれる、相模原の風の強さは半端ではなく、風による被害は良くある。隣は農家の耕作場所個別に区画されていないだけ耕耘機耕作{からきれいの並んでいる。左:img20050611.jpg}
                          
右:img20050611_1.jpg} 面積は同じ大きさ

新鮮組の紹介 

June 09 [Thu], 2005, 22:20
今日は畑の内容紹介から進めます。
私は相模原市に在住して、農家から農地を借りて38名が5500uを123区画に分けてそれぞれの共有の耕作面積を確保している。私もそのうちの一人として180uを栽培している。作物は季節の変わり目が特に時間は待ったなしの短い期間に処理をしないとかなり、痛い目に会う。種蒔き・植え付けは、天候と下準備の期間との兼ね合いがもっとも大切な鍵を握っている。形は悪くとも収穫したその日に食すると野菜の旨味は判る、そんな楽しみが作る喜びとなり、少しでも近所と知人に分けることでも会話となり近所付き合いも円満に行く様な気がする。
忙しさの答えが必ず返ってくる正直な世界で己の姿がそのまま繁栄される。かわいがって作物を育てれば満足できる作物になります。
P R
最新コメント
アイコン画像トントン
» 畑から近い相模原公園で (2006年02月19日)
アイコン画像南の生徒
» 雪の中野菜は頑張りました (2006年02月18日)
アイコン画像南の生徒
» 暑い畑は朝に限る (2006年02月17日)
アイコン画像ロールアシダ
» 土地の概要の説明 (2005年06月12日)
アイコン画像水爺
» 土地の概要の説明 (2005年06月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hatake
読者になる
Yapme!一覧
読者になる