限度額適用認定証について

December 02 [Tue], 2014, 22:41
入院説明の際にも、この「限度額適用認定証」を持参するように言われます。

普段聞きなれないものだと思いますので、ちょっと「限度額適用認定証」についてご説明しますね。

「限度額適用認定証」とは?
 病気やけがなどで入院した場合など多額の医療費がかかった場合、自己負担限度額を超えた額は高額療養費として、後日健康保険組合より払い戻されますが、一時的に大きな経済的負担が発生することになります。

 健保組合発行の「限度額適用認定証」を保険証と一緒に病院窓口に提出することにより、
医療費の支払いが最初から自己負担限度額までで済むようになります。
平成24年4月からは、入院のほか、外来診療についても認定証が利用できるようになりました。

 この取り扱いを受けるためには、事前に健保組合に認定証の交付申請を行い、交付を受けておくことが必要です。


申請方法等は、ご加入の健保組合のご担当者へご連絡ください。通常、申請から1週間程度で発行してもらえます。

要は、これがあると、窓口での自己負担が少なくて済むのです。
もちろん、発行が間に合わなくて提出できなくても、窓口での一時的な負担額は大きくなりますが、
後日(約3か月後)には健保から返金されますので、最終的な自己負担額は一緒です。

さっそく健保に申請手続きを行いました。


休職中の給与等について

November 04 [Tue], 2014, 22:31
さて、私は平日勤務なので、12/8(月)〜1/4(日)まで休むとなると、土日祝、年末年始を除き、
15日の年次休暇が必要です。

年次休暇15日分使用すれば、給与的には休んだことにならず、賞与の按分にも響きません。

これに対して、「休職」を使用する場合、年次休暇は消化されませんが、その間給与はマイナスになり、
当然、賞与の勤務按分にも影響があります。

給与については、社保に「傷病給付金」を申請することにより、給与の3分の2の手当てが支給されます。
当社は特別見舞い金という制度があり、給与の3分の1の手当ても支給されるので、最長1年半は休職しても
勤務時と同様の給与は支給されるのです。
(でも賞与はでません。)

どっちが得だと思います??
まあ、有給でまかないきれない長期休暇でもないので、私は年次休暇を使用することにしました。
そのほうが、賞与額に影響がでませんからね。

幸い、当社は12/21に初年度の年次休暇20日が支給されるので、前年残と、本年度の有給を使用すれば、
日数的にも余裕だったのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マロン
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる