ネイティブに通じるきれいな英語を身につける 

May 01 [Wed], 2013, 14:10
ネイティブのようなきれいな発音に一歩でも近づきたい。
そのためには、具体的にどんなトレーニングが必要なのか。

発音指導のスペシャリスト、言語学者のスコットペリーは
発音矯正ポイントを次のように指摘しています。

キーワードは

@口の形、A呼吸、B音の長さ、C音のブレンド
D周波数、ENasal Sound

英語の発音にこれほどのポイントがあるんですね。


英語には、日本語にない音がたくさんあります。
正しい発音を学ぶと、英語特有の音にも慣れてくるので、
自然とリスニング能力もアップしていきます。

スコットペリーの発音矯正のノウハウは
シンプルですが、じっさいに使えるものばかり。
誰でも簡単に実践できます。


ネイティブに通じる自然な発音を身につける方法






リスニングを鍛えると発音も上手くなる? 

February 25 [Mon], 2013, 14:09
英語の発音がもっと上手くなりたい。
そんなふうに前々から思っていました。

それで、テキストの音読をしたり、英会話の音声CDを聞いたり、
いろいろと勉強を工夫してやっていたんです。

でも、期待しているようには上手くならず、ちょっと焦っていました。

そんなとき、ある教材に出会い、その教材を実践することで
少しずつ、発音がよくなっていったんです。

どんな教材に出会ったのか、次回、お話したいと思います。