人体工場 

February 17 [Fri], 2012, 1:37







先日、
近所の書店に暇つぶしに
立ち寄ったところ
かなりの量、平積みされていて
気になったので購入した次第です。




あらすじを
大まかに言うと


主人公の真柴が以前、
金銭難の金稼ぎの為にした
治験のせいで尿から
大量のたんぱく質が出てしまった。

人体に異常は無いが
真柴はその治験に疑問を抱き続け
一緒に治験を受けた火野と共に
真相を探り始める。

だが、真相が近づくにつれ
火野は行方不明になってしまう。

真柴はそこで火野を救うべく
単身敵地に乗り込み
真柴は敵の恐るべき計画を知ってしまう。



というカンジの話です。





ジャンルは
医療ミステリーです。





医療もの小説が好きな
僕にとっては
結構、楽しく読ませて頂きました。




ただ、
終盤の展開に関しては
少し厚みが無い気がしました。


あと、
登場人物の伏線も少なく
そして薄めです


なので
「犯人を読者側から推理しながら読む」と
いう楽しみ方は
あまり期待出来ません。






ただ、専門的な用語も出てくるので
リアリティは期待出来ます。



















点数は70点

内容を増やし
「上」「下」などの続編として
作って欲しかったです。












人体工場


仙川 環
-sengawa tamaki-

他著書
「感染」「転生」「繁殖」など・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩街 街道
読者になる
日々、読んだ小説の感想を
誰に見られる必要も無く。
只、自分の自己満足の為に利用させて頂いています。
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる