やりたいコト☆ 

December 14 [Thu], 2006, 18:21
なんかね、社会に出たらこれがやってみたいなぁってことが最近やっと見つかった!?気がするの
その出会いは、キリ教文学のレポ書くために読んだ本にあったのです


遠藤周作の『深い河』を、今さっき読み終わった。 境遇を背負ったそれぞれの男女が、 思いを胸に印度に向かう・・・って話。それまで私が描いていたインドは、うすうす(暮らしぶりの)貧しい国だということを知ってはいたけれどどっちかっていうとラジャラジャマハラジャのように豪華絢爛ってイメージが先行していた。だけどこの本でインドの暗い部分である“印度”と、ちょっぴりではあるけど向き合えた気がするのです。私が思う暗い部分とは、 宗教もその中に 様々な宗教のおかげで今日に至る歴史の端から端まで戦争が繰り返されてきた。


今にも死にそうな人の最後の望み それは河に流されること。


私も最初は汚いと思ったさぁ。だけど の国で育ってきたから価値観が刷り込まれてしまってた。インド人にとっては汚い汚くないの概念ではなく、聖なるもの・こととして沐浴を捉えている。

命をとりまき、


と・・・あれれΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)話が逸れてしまっているではありませんか!
元に戻すと、
そんなインドをはじめ、これからもっと各国の

昔から異国に対する憧れが まだ幼いから明るい部分にしか目を向けられていない。だから
宗教の有無、治安の良し悪し、G に関わらず、もっと色々な国を知りたいと思った。表面的にも内面的にも。きれいな部分も暗い部分も。


それで、憧れを ための楽しい旅だけではなく、ろみひぃが行ってきたような のために本当のことを ようなきっかけとしての旅・ツアーを提案してみたいとか思ってみたり。彼らにとっての旅は楽しむための旅ではなく、心の中にある に気づきに行くための旅だった。だけどみんな(?)来てよかったって言ってたし、
 さんっていう添乗員が出てくるんだけど、 私から見たらぜんっぜんつまんない事なんて言ってないと思った。むしろ を知ってもらおうと必死になっていたのがわかった。

今だから言えること@ 

November 24 [Fri], 2006, 18:32
昨日で、QGSでいられるのも最後の日。

<1年次前半〜 〜編>


<1年次後半〜もやもやが続いてく〜編>
先輩の まりえと仲良くなって、以後一緒に行動するように。(~2005年4月)
てか、他のセク員が怖くて怖くて・・・
NED:
秋フォー:

関遠:オピメをやる。というかやらされる。
プレパに行かない日々。


ミニー先輩の熱烈なアピールに、春セミに行くことを決意。

そのときはプレパちゃんと出るようにしようと心がけた。
1st:りょーたと一緒。
2nd:こーき
3rd:C-。
4th:C。
5th:C。金橋王子とまた一緒。

終わったあとのMい先輩からの一言で、C-に行ったのはQGで私1人だけだったことを知る。
『何でゆかだけそうなったか、考えてごらん。』

そん時は、あんなにプレパ行ったのに何で????って思ってた
今考えれば何でかわかる気がする。

人と協調しなかったり、
誰にも心を開かなかったり、

だけど、私には無理だ・・と思ってた。
C-に入った理由は定かではないけれど
きっと先輩は、 って言いたかったのだろう。

ゆーえふじぇい+夜の散歩 

November 20 [Mon], 2006, 18:16
UFJからの贈り物がおうちにやってきた
絵本だよ!何ちゅうドラマなDMなんでせうか
今いろんな企業が、見る人をワクワクさせてくれる方法で採用活動しているよね
緊張して肩肘張っちゃってるうちらの背中をなでおろしてくれているみたいでうれしい
そんな中でもUFJの絵本には自分の会社の宣伝ではなく、これから自分探しに出かける私たちへのメッセージが込められていたのです。


しゅうかつする前に思い出してごらん。
あんなとき、こんなとき、あったでしょう。
そんな経験が積もり積もって、自分という1人の人が作られる。
そんな自分を誇りにして、進んでいこう。。。。


吉祥寺は奥が深いからもっと開拓してみたい☆道とかみんな覚えちゃうくらいの覚悟でね!
線路沿いは何があるのか全然知らなかった。


知らない道をどきどきしながら歩くのが好き夜になるとなおさら!
いつも見ていたものが暗くて見えにくくなるスリル
気づいたら輝いてたイルミネーション
そういう道でこそいろんなことを考えながらぶらぶら哲学
今度また、うーーんってなったときとかに歩いてみよ
ディス辞めてから悩まなきゃならないことが増えてくるかもしれないしね


怖いもの知らずだった子供の心を取り戻してみるのも必要
時には+思考で
いつでもでっかい心でって感じのこの歌が好き


おいでファンタジー好きさミステリー君の若さ隠さないで
不思議したくて冒険したくて誰もみんなウズウズしてる
大人のフリしてあきらめちゃ
奇跡の謎など解けないよ
もっとワイルドにもっとたくましく生きてごらん

ロマンティックあげるよロマンティックあげるよ
ホントの勇気見せてくれたら
ロマンティックあげるよロマンティックあげるよ
トキメク胸にキラキラ光った夢をあげるよ

いつかワンダフルきっとビューティフル人のジャングル迷い込んで
スリルしたくて幸せしたくて何故かみんなソワソワしてる
思ったとおりに叫ばなきゃ願いは空まで届かない
もっとセクシーにもっと美しく生きてごらん

ロマンティックあげるよロマンティックあげるよ
ホントの涙見せてくれたら
ロマンティックあげるよロマンティックあげるよ
淋しい心やさしく包んで愛をあげるよ

ロマンティックあげるよロマンティックあげるよ
ホントの勇気見せてくれたら
ロマンティックあげるよロマンティックあげるよ
トキメク胸にキラキラ光った夢をあげるよ

キャラミル 

November 18 [Sat], 2006, 22:17
自己分析の一環として、キャラミルなるモノをやてみることにしたー

PURE GENERAL FEELING SLOW

PURE
なんでも皆と一緒にやりたい「あははうふふ系発想」

「ピュア」は
「皆と楽しめること」が大好物。
「常に皆で話し合って決めたほうがいい」という発想です。

誰の話にも広く興味を持ち、
様々な意見を交換することを好みます。
一人で考え込むよりも
皆とわいわい話し合ったほうが良いアイデアがでるし、
楽しいじゃないか!という心の持ち主です。
協調性、協力性をフルに発揮し
いいカンジの友好関係を築きます。

どこか子供っぽいところもあります。
利己的、打算的といったいわゆるズルい発想を嫌い、
そうしたおとなチックの現実世界に
少々ため息をつくことがあります。

しかしそういった無邪気さがこのキャラの持ち味。
ときに駄々をこねたり、わがままを言ったりも
気持ちよい関係づくりに使っちゃうセンスの人です。

行動特性
「遠足が楽しみで前の日寝れないタイプです」

・物事を柔軟に捕らえるのが得意です。
・感じたままのびのび発想し、仲間と一緒に行動します。
・目立ちたがり屋で、わがままなとこもありますが
 輪を乱すヤツは嫌いです。
・時にあまえたり、子供じみたわがままを言ったりします。
・気分がヘコむと突然ムクれたり、反抗したりします。

GENERAL
大胆な采配で物事を押し進める「重戦車系発想」

「ジェネラル」は、押しが強い人です。
常に自分で高い目標を掲げて、
価値あるものを創造するために邁進します。
その障害になるものを取り払うためには、
あらゆる知恵と力を活用します。

仲間を導き、是が非でもやりとげる!という
重戦車のような精神。
根拠はともかく、その信念の強さが
「し、信じていいのね?」と周囲を酔わせてしまいます。

本質的に礼儀や責任感、モラルを大切にするので
チームメイトや意見の違うヒトとも認め合うことが
出来るのですが、自分の目標に酔いすぎて
無理強いしてしまうこともあります。

しかし、なにか大きな事を成し遂げようとする人は
このジェネラル発想は不可欠。
ピンチを打破する救世主か、厳しすぎる暴君か。
諸刃の剣を持ったパワフル・キャラです。

行動特性
「基本的に『なんかえらそう』です」

・イエス・ノーがはっきりしています。
・こうと決めたらガンガン行きます。
・人に厳しく、自分にもちょっとだけ厳しいです。
・つい、絶対だ!などと言って、
 後でひっこみがつかなくなったりします。

FEELING
気持ちや直感で物事をジャッジする「フィーリング系発想」

「フィーリング」は
いわゆる「カンのいい人」です。
事実だけでなく、いまの気持ちや直感を考慮して
物事を決めます。

「気持ち」とか「勢い」とか「根性」とか
「みんなの元気をオラにわけてくれ」とか
そういうもので気持ちを左右されます。

がちがちのお役所的発想とはまったく逆。
ユルユルです。かたいこといいっこなしの柔軟さ。
ときには「いいよいいよ」のお目こぼしもアリ!
という寅さん気質です。

しかし、仕事やチームワークの場面では
当たるも八卦。当たらぬも八卦。
話に一貫性がない、約束したことを守らない、といった
風まかせの一面もままあります。
「えへへ」ですまされるか、どうかは
その人の愛嬌にかかっています。

行動特性
「ふやーっとモノを考えるのが好きです」

・じっくり考えるより、直感的に行動します。
・楽観的で悩みがなさそうに見られがちです。
・数字、データ、メモ、など。実は好きじゃないです。
・前に言ったことを忘れてることがあります。

SLOW
わかってブラザー。徐々に味出るするめ系のコミュニケーション

このタイプの特徴は・・・
●基本的に『なんかえらそう』です。
●みんなと楽しくがモットーです。
●ふやーっとモノを考えるのが好き。
●お互いわかりあうのにけっこう時間がかかったりします。

正直で隠し事がなく、とっつきやすい印象のヒトです。
うわべだけの会話、社交辞令がきらいで
おべんちゃらは言いません。

自分では口下手と思っているフシがあり、
パーティや大人数が集まる社交の場は
どうも居心地が悪く感じるようです。

逆に少人数でいるときは語らうことを好みます。
特に二人きりになると、普段は重い口も開き
つい「語ってしまう」クセがあるようです。
むしろ語りたい、いや語らせて。ってかんじ。

しかし、言いたいことがあればあるほど
なかなか話がまとまらなかったりして。
「うーんいいや。うまく言えない」
と諦めてしまったりします。

徐々に交流を深めて初めて理解できる
するめ系のコミュニケーションタイプです。

ふむふむ当たってまんねんなぁ・・・
後々にもう一回やってみよ

こんなんじゃ。。 

October 05 [Thu], 2006, 23:58
昨日も今日も1、2限さぼりんぐしかも寝坊が理由っていう。。



まーじシャレになんねー私もまだまだ甘ちゃんだな
やっぱり大人になるのが怖いよーーーーー


でもバイトとかサークルとか、遅刻がタブーなときにはちゃんと時間通りに行けてるのが不思議
追い込まれないとダメなのかもね



まず就活までに何をしようかな
@自己分析
A企業分析

@はもちろん自分ってこんなんっていうのを出すもの。いいところはもちろん、目をつぶりたくなるところにも目を向けなければだね
好きなもの、嫌いなもの、こだわり、したいこと、したくないこと・・・それくらい??
Aは、インターネットからだけじゃ足りないよね。実際そこまで行ってそこで働いている人の話を聞いてみないと。生の声は説得力があるだけじゃなくて、あたしたちに臨場感を与えてくれる


まだまだ先のことと思ってると、あっという間に就活が始まっちゃう!やばひ

はじめてのー 

September 28 [Thu], 2006, 16:05
授業始まったよー・゜・(PД`q)゜・
二日間とも奇跡的に1限にギリで出社できて
結局寝たけど。ちょwwwおまwwwwwwwwwwwww



最近またドラマも見てみようかなぁなんて。アメリカのドラマが面白そ。


中学の時に見てたビバヒルもそこそこよかったお。


なんだっけ?デスパレートの妻たちかぁ。今度見てみたいにっ






もうすぐ21歳。ハタチってラクに三文字で言えるのもあとわずか。
後期は、自分の将来を見据えていかなければならない時期。
就活自体もそうだけど、最初に選んだ会社がその人の一生を左右するんだと。
だから、お婿さんを選ぶように、 よりももっと重い気持ちで会社を選ばなきゃいけないんだぁ。




就活の準備




卒論の第一歩となる研究




これからどんどん大人になっていかなくちゃならない
ディスでやったことを活かせるようにしたいにっ
いっぱい考えて、その上で自分なりの答えが出せたら、達成感大きいもんね。



考えが浅はかな私にとっては、生き急ぐくらいでちょうどいい。

2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haseshi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる