死んでました 

September 03 [Thu], 2009, 21:06
夏の暑さと軽度の鬱状態に死んでました(笑)

9月中までは更新停滞しそうです。
多分、更新再開したら七車か咎落としからアップしはじめるかと。
もしくは、前にプロット書いて凍結したままのアパート物を勢いで書き始めるかも。
ほのぼのに飢えてます←

もうすぐ七月〜 

June 25 [Thu], 2009, 20:42
職場の配属が変わって神経磨り減ってます、木崎です。
とりあえず磨り減ったぶんは今週買った「地球の歩き方」の北欧編とヨーロッパ編を読んでおぎないます。
北欧はいいなぁ。北欧舞台に何か書きたいなー。
がっつり西洋ファンタジーって書いたことないからなー。

新しいスライド式の本棚を購入して組み立てたので、資料用にしようかと思ってます。
主に日本の神話・伝承関係と中世ヨーロッパ関係、その他事典などの資料用本がだいたい大判なのでそれ専用に。
並べ終わったのを眺めるとニヨニヨします(笑)

そして、先週逆転検事をプレイ。
ありえないぐらいキャラゲーだった。
御剣好きにはたまらん内容だったことでしょう。ええ、もちろん木崎も御剣好きですが(笑)

新しくゲーム二本借りたので、ストレス発散に休日やり倒そうかな。

アレはアレですか 

May 15 [Fri], 2009, 23:23
今週また本を買ってしまった……orz
本棚に入りきらねー。むしろ本棚が部屋に入りきらねー。
やはりプレハブの部屋でも作るべきか……。

そんな感じで買い物リスト。

【姫総長シリーズ】 樹川さとみ

新しいシリーズ!思わずまとめ買い。楽園の魔女が総ハマりだったのでこれからの展開に期待です。

【華鬼】 梨沙

ネット小説からの書籍化。すでに映像化も決定しているとか。内容も面白いですが、カズキヨネさんのイラストが美麗すぎる。

【配達あかずきん】 大崎 梢

書店員が探偵役なので本ネタ満載。元を知っているとなお更面白い一冊。

【R.D.G】 荻原規子

活字倶楽部にて人気でしたので読んでみようかと購入。新しいファンタジー、楽しみです。

【秋季限定栗きんとん事件上・下】 米澤穂信

小市民シリーズ最新作!古典部の続きも早く読みたいですが、小鳩君と小山内さんのこれからも気になります。

【トワイライトシリーズ】 ステファニー・メイヤー

今映画が話題っぽいので読んでみました。
エドワードの『美しい』表現は一種の催眠術並みですね。ことあるごとにあるから、いつの間にかすりこまれてる的な。
無駄にアリスの出番ばかりを探してしまう私は異質ですか(笑)

【夢水清志郎シリーズ〜卒業〜】

とうとうシリーズ最終巻! 最後まで夢水さんが夢水さんっぽくて、通常以上の厚さも気にならず即行で読み終わってしまってさびしさをちょっと感じます。
けど、これまでを思い返すと大人っぽくなったレーチにも感慨ひとしおです。

読んでないのは休日を使って読み終われるといいなー。

咎落としの話 

May 15 [Fri], 2009, 22:25
咎落としについての設定語りなど。


【世界設定】

舞台は東に位置する島国、『中つ国』。
『外つ国(とつくに)』からの新しい文化よりも、自国の古き文化を重んじてできあがった小国。
国土のほとんどが緑に覆われている。
さいころの五の目をひし形上に置いたような形に大きな山がある。
真ん中の山の黄宮(おうぐう)(眷属・狗)を中心として、南の赤宮(せきぐう)(眷属・猿)、北の青宮(せいぐう)(眷属・蛇)、西の白宮(はくぐう)(眷属・狐)、東の翠宮(すいぐう)(眷属・鹿)がある。
一般の民衆はこの山以外の平地に暮らしている。
黄宮は土、赤宮は火、青宮は水、白宮は金、翠宮は木。それぞれの要素をつかさどる。
この宮と、それに守護される地は巫覡(かんなぎ)という特殊な力を持つ者が統治している。
巫覡は守られるべき存在であるため、これを守る巫守(きねもり)が存在する。
また、巫覡の選定法も宮によってちがう。
元々は要素の力を借りて不思議な力を操っていたが、今となっては力の本当の使い方などほとんど誰も知らず、巫覡の一族でも要素の恩恵によって変じた容姿だけがそのまま伝わっているような状態の人間が多い。
文化レベルはあまり進んでいない。電話やコンピュータなどは勿論なく、情報伝達の手段はもっぱら文と口頭。
もしくは特別に飼いならされた動物を使うことも。
食事は質素に雑穀等中心。宮では祭事以外では慎ましい暮らしを基本としている。
普段は米が少量混じった五穀が主食。野菜類は山中でつくっている。



青宮(せいぐう)…水の要素を司る一族が守る北にある宮。中ほどに大きな沼があり、水の気が集る場所として大事に奉っている。眷属は蛇。
雨乞いの儀などが有名な、市民との交流も深い宮。女性のみが巫覡に選ばれる。
代々巫覡の呼称は「玉依(たまより)」とされる。

ほかの宮についてはまたいずれ。

母の日 

May 10 [Sun], 2009, 18:26
今日は母の日ですねー。
鞄をプレゼントしたのですが、「今度は靴ねv」としっかり来年の催促をされました;
新しい本を大量に入手したので、土日に気合いれて読みまくるぞー。
……Σ引きこもりに磨きがかかってどうする。
P R
プロフィール
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像六兵衛
» 死んでました (2010年06月19日)
Yapme!一覧